1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. ダフリ・トップ
  4. ゴルフクリニック 「ショートアイアンの距離でトップ→OBに悩んでます」を解決

ゴルフクリニック 「ショートアイアンの距離でトップ→OBに悩んでます」を解決

2018/10/15 ゴルフトゥデイ 編集部

悩めるゴルファーにパーソナルな処方箋を提供する「内藤雄士のゴルフクリニック」のコーナー。今回は、ショートアイアンがトップしてしまうミスによりスコアが伸び悩んでいるアマチュアゴルファー鈴木さんの悩みを解決していきます。

【内藤雄士 プロコーチ】
1969年9月18日生まれ。東京都出身。米サンディエゴゴルフアカデミーやデイブ・ペルツショートゲームスクールなどで最新理論を習得して帰国。ラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し1998年からツアープロコーチとなる。現在は平塚哲二、矢野東らを指導。http://www.naitoyuji.com/

ドラコンは得意!でもショートアイアンの距離でトップ→OBに悩んでいます。

・名前:鈴木俊彦さん
・生年月日:1982年5月13日
・ゴルフ歴:2年4ヶ月
・平均スコア:94
・ベストスコア:88
・練習:月に2回
・他スポーツ歴:ボディービル
・現在の球種:アイアンはフック系、ドライバーはスライス系

【鈴木さんの悩み】
ショートアイアンがトップしてしまうミスが大事な2打目で出てしまいます。120ヤードをピッチングで打って、50ヤードしか飛ばないトップか、もしくはOB。

ショートアイアンでパワーは必要ない。飛ばそうとしては絶対にダメなんです。

鈴木:私の悩みは大事なところでトップすることですね。ティショットで280ヤード飛ばしても、2打目でトップしてオーバー→OBへ、ということがよくあります。先日コンペで2つともドラコンを取ったのに、そのホールどちらもダボ。アイアンのトップさえなければ、スコアで5〜6打は違ってくると思うんです。

内藤:まず、ショートアイアンでのショットを見てすぐにわかるのは、まるでドライバーを打っているかのような力感だということ。ショートアイアンをショートアイアンらしく打てていない。ショートアイアンはタテの距離をコントロールしたいクラブなのに、飛ばせるだけ飛ばしたいように見えるんです。ショートゲームにパワーは必要ない。鈴木さんのエンジンと排気量が、逆に邪魔になってしまっています。

鈴木:そうなんですか!自分では振り過ぎているとは思っていませんでした。ボディビルダー選手権で6位に入賞したのは、33歳のときです。ゴルフをやって合計すると8年くらいにもなるんですが、パワーの制御ができていなかったんですね。


▼鈴木さん、PWのショットなのにドライバーを打つ力感みたい

構えはスタンスが広く、ハンドファーストが強い。ダウンスイングではタメがあり過ぎ、身体が弓なりになったぶんだけ「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール」がキツくなっている。

内藤:それに、スイングの形からきている問題もあります。鈴木さんはタメがあり過ぎ、身体が弓なりになったぶんだけ「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール」がキツくなっています。アプローチではこれは厳禁。トップをコンパクトにしなければいけないということと、インパクトで頭が傾げて後ろに残るのを直したい。そのためには、アドレスから修正していかないといけないんです。まず、スタンス幅が広過ぎます。スタンス幅を狭くして、ボールをもっと中に入れてみましょう。

鈴木:えっ?スタンス幅が広すぎるなんて思ってなかった!

内藤:それと、ドライバーを構えている時のように、右に傾くアドレスをショートアイアンでやってはダメです。とにかく真っすぐ構えるようにしてください。構えたときにすでに右へ傾いているような構えを、自分の右手で右のコメカミを押し、左手で腰骨を押してみることで矯正しましょう。こうすることで自分でも傾きを直せます。ドラコンで飛ばしたときのスイングの直後の2打目は特に、飛ばさないような真っすぐの構えに直すこと。

鈴木:面白いです!自分で押してみると、きちんと真っすぐ構えられますね。今まではこんなに傾いて構えていたんだと改めて気づかされました。

内藤:アドレスを直したことで、スイングもいい意味で力感がなくなってきました。頭が完全に傾いていたからアッパーブローという感じだったものが、コンパクトに振れていますね。これならトップもなくなりますし、オーバーすることもなくなりますよ。

鈴木さんの悩みの克服法「トップはなぜ出る?」

【原因】パワー制御できずにタメ過ぎ、「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール」がキツ過ぎる。
ドラコン直後など、飛ばそうとした後の2打目によくありがちだが、トップが大きく、インパクトでは頭が傾げて後ろに残ってしまっている。ハンドファーストに当たって、トップしてしまう。

【対策と結果】アドレスを適正化し、グリップをゆるゆるに握り、タメ過ぎずに力感を抜く。
広すぎるスタンスを狭め、体を真っすぐにして立つ。グリップで力が入らないように緩く握り、シャフトをたわませ過ぎずに振れるようにする。ショートアイアンらしい力感の抜けたスイングに。

アドレス時の姿勢を正すだけで、自然と肩の回転や体重移動が正しくなるので、トップは意外と簡単に直ります!

グリーンを狙うショートアイアン:ドラコン直後の150ヤード以内のアイアンショットで起こりがちなトップを撲滅!

ボディビルをやっていた鈴木さんはパワフルで、ドラコンホールが得意。でもその直後に落とし穴が……。グリーンを狙うアイアンでも同じ力感のままアドレスしてスイングしていたが、ここにトップの原因があったのだ。

アドレス:スタンスを狭くし頭と腰の傾きを真っすぐに。

ドライバーのように右に傾いていては、ショートアイアンではそれだけでトップなどミスの要因となってしまう。ドライバーのように右に傾いたアドレス(左:鈴木さん)真っすぐアドレス(右:内藤コーチ)

まずは、アドレスの修正からです。ショートアイアンなのにドライバーを打つときのような広すぎるスタンスを、適正に狭めて立ちましょう。これだけでも力感が消えてパワーが抑えられそうですよね。そして右に傾いてハンドファーストが強くなっているところも、真っすぐにします。自分の右手で右のコメカミを押し、左手で腰骨を押してみましょう。右に傾いていた頭と、左に突き出ていた腰が、自分で直せて真っすぐになります。慣れるまではショットのたびにやるのがオススメです。

傾いたアドレスが、ダウンスイングでの弓なりになった「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール」のキツさにつながる。

▼真っすぐ構えるコツ:右のコメカミを右手で、左腰を左手で押す

「まるで整体みたいですね」と鈴木さん。自分で簡単にできるアドレス修正法が気に入ったご様子。

▼BEFORE
広めのスタンスと、右に傾いた頭、左に突き出た腰、ハンドファーストが強い構えだった。

▼AFTER
スタンスが狭くなり、真っすぐに構えられるようになっただけで力感がなくなった。ドライバーとショートアイアンは別種の構え、別種のスイングが求められる。あり過ぎるパワーをコントロールできるようになれば、トップのミスも激減できる。

グリップ:パワーがありすぎる人は薬指と小指を離して打てば飛びすぎない。

ボディビル選手権6位という実績がある鈴木さんはパワフルなので、ゴルフではそれをセーブすることも必要。グリップをあまり強く握りすぎず、ボールの回転スピードをコントロールしないといけません。

そのためには、まずは普段からグリップをゆるゆるに握りましょう。さらに、構えたときに小指と薬指を離してみてください。ここを外すと力が出ないので自然とゆるゆるグリップになります。ドライバーは力が入ったほうがいいので薬指もきちんと握るべきですが、鈴木さんの場合はアプローチでは薬指を外して打くらいでちょうどいいでしょう。

アプローチでは力みはまったく不要なので、小指と薬指を離して握ってみてもいい。ここを外すと力が出ないから、自然とゆるゆるグリップになる。

グリップもまた、飛ばしたいときのようにガチガチに力んでしまっている。力みは握りから始まっているので、まずはゆるゆるで握ること。

▼BEFORE
グリップに力が入っているだけで、オーバースイングになり、頭も動いてしまう原因に。

▼AFTER
グリップをゆるゆるに握ってみると、トップがコンパクトに変身。自然とパワーが制御できる。

スピード:力感を抜き、ゆっくり振ればトップしない。

最後に、シャフトが軟らかい練習器具を用意して振ってみましょう。これを振るときは、ダウンで急加速したら打てません。シャフトがたわみすぎないように振らないと打てなにので、タメ過ぎず、ゆっくり振ること。持て余していたパワーを制御できるようになりますよ。

シャフトが軟らかい練習器具は、急加速したら打てない。タメ過ぎないように意識し、ゆっくり振ることを体に覚え込ませよう。

GOLF TODAY本誌 No.549 58〜61ページより

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

必要な道具はお揃いですか?

お手軽レンタル!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事