1. TOP メニュー
  2. ゴルフ場
  3. 日本の聖地100選|宮崎県宮崎カントリークラブ|日南海岸の先駆的なゴルフ倶楽部

日本の聖地100選|宮崎県宮崎カントリークラブ|日南海岸の先駆的なゴルフ倶楽部

2018/10/15 ゴルフトゥデイ 編集部

日本アマ三連覇をはじめ、トップアマとして名を馳せた三好徳行は名設計家でもあった。全20数コースを手がけた三好の傑作「宮崎カントリークラブ」は、日本女子プロ最終戦の舞台を長年飾っている。

三好徳行の傑作、宮崎県宮崎カントリークラブ

14番383ヤード・パー4のティショットを邪魔する形でフェアウェイに横たわる松の植え込み(軍艦島)。レイアップして上を越すか、狭い右の隙間を狙うか?

宮崎県の日南海岸では、高鍋から青島までの間、約30コースが密集して冬のゴルフリゾートを形勢するが、今から約65年前は様子が違っていた。昭和30(1955)年は花ケ島競馬場内の9ホールが県下で唯一のコースだった。その2年後、カナダ・カップ(現在のワールド・カップ)では日本チームが団体優勝、中村寅吉が個人優勝を遂げ、大きなゴルフブームが到来。この機に日本の方々でゴルフ倶楽部が生まれ、コースの新設が進んだ。宮崎でも、この「宮崎カントリークラブ」の建設へと急ピッチで動き出す。

宮崎空港と海岸線の間の防潮林の中、その松林に囲まれた一帯が適地とされ、コース設計には九州が生んだ名ゴルファー、三好徳行を選び、三好の傑作誕生となる。

三好は福岡の炭鉱経営者、三好徳松の長男として1911年に生まれた。ちなみに名設計家、井上誠一が1908年生まれだから、二人は同世代のゴルファーだった。九州帝国大学では経済学を専攻したが、ここでゴルフと出合い、麻生義多賀の指導で急速に腕をあげ、関西アマに優勝して周りを驚かせた。卒業後は旧植民地の満州国に職を得て日本を離れるが、その後、東京に移住、「霞ケ関カンツリー倶楽部」と「我孫子ゴルフ倶楽部」に入会する。

そして終戦から間のない昭和28(1953)年(会場は川奈ホテル富士コース)、29年(関西の茨木CC)、30年(関東の東京GC)と日本アマに三連覇し、その強さを印象づけた。同時に、所属ゴルフ倶楽部の倶楽部選手権でも、霞ケ関CCでは3連勝を含む7回の優勝、我孫子GCでは5年連続優勝の記録を持つ。巨体の赤星兄弟と違って、体格に恵まれない三好のゴルフは、正確無比のアイアンが売り物だった。昭和30年代に入ってブリヂストンに就職、ゴルフボール製造を担当したが、同時に関心の強いコース設計は続けた。

宮崎CCのコースは、原地形がフラットで単調、大洗CCに似ているが、それ以上に平坦と言われ、ホール毎の変化をどうつけるかが課題だった。まず、当時日本で流行ったツー・グリーンを避け、高麗芝のワン・グリーンとした。“グリーンは一つであるべき”が三好のゴルフ思想だった。日本の厳しい年間気候変化を慮っても“ツー・グリーンは邪道”、コース管理技術の進歩で高麗一本でも可能と考えた。さらに、ドッグレッグ・ホールを交えながら、いくつかのアイデアを活用した。イン部分に3個の砂丘を自然な形状で造り上げ、その上に10番(341ヤード・パー4)、15番(413ヤード・パー4)及び17番(314ヤード・パー4)のグリーンを置いた。

正しい方角から高い球でなければオンは難しい。また、フェアウェイの戦略的な位置に松の高木を残して、立体ハザードとした。圧巻は14番(383ヤード・パー4)。グリーンを狙う第2打を邪魔する形で、フェアウェイの中央に寄せ植えの松がハザードを造る。全英オープン発祥コース「プレストウィックGC」(17番パー4)の有名なマウンド“アルプス”の変形で、ここでは“軍艦島”と呼ぶ。樹木が松中心で単調なため、ホール毎に違った南国の花木を植樹した。1番から、楠、夾竹桃、サボテン、ユウカリと続き、最後が“フェニックス”という具合で、マスターズ会場となる「オーガスタ・ナショナルGC」を連想させる。

文/大塚和徳

●宮崎県宮崎カントリークラブ
・コース所在地:宮崎県宮崎市田吉4855-90
・URL:http://www.miyazakicc.jp/

GOLF TODAY本誌 No.551 96ページより

関連記事