1. TOP メニュー
  2. ゴルフ知恵袋
  3. 転がりの良いパターは最良のパターなの?メリットは?|新人あいりのゴルフ用語

転がりの良いパターは最良のパターなの?メリットは?|新人あいりのゴルフ用語

2018/10/15 ゴルフトゥデイ 編集部

転がりの良いパターに買い替えたのに、なぜかショートしてしまう…。そんな経験をされたゴルファーはいないでしょうか?

転がりが良いパターなら、むしろオーバーしそうなのに、ショートしやすくなってしまう理由とは?新人編集者あいりがクラフトマンのおぐさんに聞いてみました。

転がりの良いパターでオーバーするミスは意外に少ない

あいり:おぐさんこんにちは〜今日はちょっと私のパターを見てもらいたくて〜。

おぐさん:どうしたの?どれどれ??ん〜と特別変なところは見当たらないけど……。

あいり:転がりが良いっていうから思い切って買ってみたんですけど、このパターにしてから入らなくなっちゃったんです。

おぐさん:具体的にはどんな症状が出てるの?

あいり:転がりは良くなった気はするんですけど、自分ではちゃんと打っているはずなのにショートするんです。自分のせいだとはわかっているんですけど。

おぐさん:あ〜そりゃよくある話だねぇ。最近のパターは良く転がるから。

あいり:なんで転がりがよいとショートしやすくなるんですか?普通オーバーしません??

転がりが変わるとラインの曲り幅も変わってくる

昨今のパターは、フェースのインサートに工夫を凝らすなどして、インパクト後にできるだけ早く順回転するように設計されている。

早く順回転に移行できれば、芝から受ける摩擦や抵抗を少なくなるので狙った方向に打ち出しやすく、転がる距離も長くなりやすい。

おぐさん:そもそもあいりちゃんは、良い転がりってどんな転がりか知っているかい?

あいり:打ってすぐ順回転になることですよね?

おぐさん:正解。グリーン上は短く刈られているといえ、ボールを置くと少し沈んだ状態になる。

だから目標に正確に打ち出すには、インパクトでボールを少し浮かせる必要があるんだ。

その時に、サイドスピンが掛かったり、浮きすぎてしまったりすると狙ったラインから外れやすくなる。だから早く順回転に移行するパターは転がりが良いと重宝されるんだけど……。

あいり:けど?

おぐさん:当然早く順回転に移行するのであれば、芝から受ける抵抗や摩擦が少なくて済むので小さい力でも良く転がるパターともいえるよね。

むしろ転がりの良いパターっていうと、こっちをイメージするゴルファーの方が多いんじゃないかな?

あいり:そうですね。私も改めて聞かれたので順回転って答えましたが、単純に良く転がるパターって認識してました。

おぐさん:そこが入らなくなった理由じゃないかな?

あいり:えっ?

おぐさん:今までピンタイプを使っていた人がネオマレットタイプなどに替えるとよく起こるんだけど、最初は良くてもだんだん打てなくなってくる人が多いの。

これはヘッドがマレットタイプの方が重いことが多く、いつも打っていた距離が思ったより飛ぶようになるので、だんだん打てなくなってくるんだ。

そうするとストロークが緩みやすくなり、最悪ショートパットが真っすぐ打てなくなってしまうこともあるよ。

あいり:ひえぇ〜。

パターを打つ感覚と転がりが一致しないと結局は入らない

おぐさん:早く順回転になるパターは確かに狙った方向に打ち出しやすいけど、タッチが合わなければ、入るものも入らない。距離感が合わないなら無理に使わない方が良いかもね。

あいり:どんなに転がりが良くても自分の思った通りに転がってくれなきゃ入らないですもんね……。

GOLF TODAY本誌 No.550 78ページより

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事