1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 【golface】台湾発スマートゴルフサービス「ゴルフェイス」が世界展開第一弾を「福岡センチュリーゴルフクラブ」で運用開始

【golface】台湾発スマートゴルフサービス「ゴルフェイス」が世界展開第一弾を「福岡センチュリーゴルフクラブ」で運用開始

2019/02/27 ゴルフサプリ 編集部

台湾のIT企業グリーンジャケットスポーツが展開する、スマートフォンアプリを使ったスマートゴルフサービス「Golface(ゴルフェイス)」。その日本導入第1号として「福岡センチュリーゴルフクラブ」(福岡県朝倉市)が2月より運用を開始した。

年内には台湾同様に、プレー予約から決済までをスマートフォンで一括して実施できるように一元化される見込みで、 今後2021年までの3年間で、 九州を中心に計60カ所のゴルフ場に拡大する予定だという。

まずはアジアでの普及を目指し、元世界1位のヤニ選手を起用

台湾では、すっかり若者のゴルフライフに定着しているスマートゴルフサービス「Golface(ゴルフェイス)ゴルフェイス」。予約をはじめ、スコアを入力したりした後、 SNSでシェアすることも定番化しているのだとか。

世界での運用を開始するにあたり、台湾出身の元女子世界ランキング1位のヤニ・ツェンをイメージキャラクターに起用。世界展開へのあしがかりとして、まず日本のほか韓国などアジアでの普及を目指しており、言語も現在の日本語、 中国語、 英語の3カ国語に加え、韓国語にも対応予定だという。

ゴルフェイスの主なサービス内容

1. スコア管理
入力すれば自動集計し、情報をスマートフォンやタブレット、スマートウォッチなどの端末で共有できる。無料。

2. 攻略法

人工知能(AI)によるシミュレーション機能で、地図情報を使ってグリーンまでのヤード数や打数などの情報を表示。 さらにドローンによる空撮動画も配信。 ティグラウンドからグリーンまでのコース全体を俯瞰(ふかん)でき、 バンカーや池など障害物の位置を確認できる。

ドローンによる空撮動画。 グリーンや池、バンカーの位置をつかめる。※1日使い放題の利用券3枚付き。以降は有料で月間150台湾ドル(約600円)、年間1090台湾ドル(約4300円)。

3. レッスン動画
元世界ランキング1位ヤニ・ツェン(台湾)のレッスン動画「ヤニTV」を配信。 料金(コンテンツの一部は無料)は、月間190台湾ドル(約680円)、年間1590台湾ドル(約5600円)。攻略法とセットで月間240台湾ドル(850円)、年間1990台湾ドル(約7000円)。

「ヤニTV」のホーム画面。一部のコンテンツは無料。

Golface(ゴルフェイス)のCEO “廖 聡哲”(リョウ・チョンツ)のコメント

『台湾で人気のスマートゴルフサービス「Golface(ゴルフェイス)」を世界に展開します。 日本でのサービス開始は、 そのための大事な一歩です。日本のゴルフ場は、景観が美しく、ハイレベルで、数もアジアで最も多い。さらに、利用者によるサービスの要求水準も高く、ここで成功すれば、 世界のどの国でも通用できると考えています。

台湾では、 プレーの予約から決済まで、 スマートフォンですべて一括して対応できます。 日本でも、 2019年中に台湾と同じサービスに機能を拡大します。 多言語対応で、 多様な端末で利用できる一元的なゴルフ支援サービスは「日本ではゴルフェイスしかない」と自負しています。 将来的には、 フロント業務やキャディーの仕事もすべて端末で行えるようにし、 ゴルフ場の自動化 (無人化)につなげたいと思います。』

廖 聡哲(リョウ・チョンツ)

Golface Android
Golface IOS

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

必要な道具はお揃いですか?

お手軽レンタル!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事