1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. 400ヤード男 ドラコンプロのドライバー飛距離アップの裏技|風のある日のティアップ

400ヤード男 ドラコンプロのドライバー飛距離アップの裏技|風のある日のティアップ

【連載】第8回

2019/03/29 ゴルフサプリ 編集部

禁断の飛ばしを知ったらゴルフは病みつきだ!

スコアも大事だけど、やっぱりゴルフは「1ヤードでも遠くに飛ばしたい」。その夢を400ヤード超えの記録を誇るドラコンプロが叶えます!

ドライバーの飛距離を伸ばしたいゴルファーは是非参考に!

●第1回ダウンスイング
●第2回グリップ
●第3回下半身
●第4回ダウンスイング2
●第5回スイング軸
●第6回フックグリップの利点
●第7回テークバック
●第8回風のある日のティアップ
●最終回ドラコン打法のまとめ

風のある日でもドライバーで飛距離を出すための対策方法

風の日はティの高さでスピンをコントロール

ドラコンの大会は、風のある日でも行われます。当然、対策が必要ですが、その場でスイングを変えるのはハイリスクです。

対策は、ティの高さです。アマチュアの方はよく、アゲンストではティを低くして低い球を打つといいますが、これではスピンがかかりすぎてボールが弱くなりかえって風に負けてしまいます。反対に、フォローのときはティを高くして球を上げようとしますが、ティを高くするとスピン量が減り、すぐに風に落とされ距離が出ません。皆さん、まったく逆のことをしているのです。

アゲンストではティを高くしてアッパーに打ちドライブをかけ、スピンを減らして遠くに飛ばす。

フォローではティを低くし、その分ボールを少し内側に置きます。そして上から打ち込む形でスピン量を増やし、低い球でフォローの風に乗せる。これがドラコンの常識です。

スイングを変えるのではなく、ティの高さでスピンをコントロールする。簡単なポイントなので、ぜひ皆さんも試してみてください。

ドラコン流の技がコレ!アマチュアは逆だった! ? アゲンストは高く、フォローは低くが正解!

アゲンストでティを低くするのは間違いです!

アゲンストが強い日は、いつもより約ボール1個分くらい高くするのがドラコン流。

《アゲンスト》高いティアップでアッパー軌道のロースピンが飛ぶ!

ボールを高く上げることで、キャリーを伸ばして飛ばす。

軸は右、ボールは左足カカト

ティを高くすると、右足軸で打つことになるので、自然とアッパーになる。スピン量が減り、高いボールになるのでアゲンストでもキャリーが出る。

《フォロー》低いティアップでスピンをかけて風に乗せる!

打ち出しが低くなっても、フォローの風で理想的な高さになる。

軸は左で、ボールは左足カカトより内側

ティを低くしてボールを少し中に入れると、軸が左になり、ヘッドが上から入るのでスピンがかかる。結果、フォローの風にボールを乗せることができるので、飛距離が出る。

巽 英樹 | Hideki Tatsumi
1968年12月21日生まれ。176㎝、85㎏。18歳でゴルフを始め、ツアープロを目指しロイヤルメドウゴルフ倶楽部の研修生に。2009年にPGAプロ入会。現在は、飛距離を追求するドラコンプロとして活躍。

自己最高記録 412ヤード

取材協力/ロイヤルメドウゴルフ倶楽部

GOLF TODAY本誌 No.562 98〜99ページより

[関連]


ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事