1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. アイアンのダフリ解消レッスン| 第1回「どんな状況でもクリーンに打つための3つのポイント 」

アイアンのダフリ解消レッスン| 第1回「どんな状況でもクリーンに打つための3つのポイント 」

《全7回》第1回

2019/05/01 ゴルフサプリ 編集部

アマチュアにとって、アイアンの最大の悩みといえば「ダフリ」。いくら練習場では上手に打てても、ゴルフ場にはダフリやすい厄介な状況がそこかしこにある。そんな厄介な状況からでもクリーンに打てるようになるヒントを、堀尾研仁が伝授!!

●第1回どんな状況でもクリーンに打つための3つのポイント
●第2回「左足下がり」の対処法
●第3回「ツマ先上がり」の対処法
●第4回「フェアウェイバンカー」の対処法
●第5回「池越え&谷越え」のパー3の対処法
●第6回「打ち上げ」パー3の対処法
●第7回「打ち下ろし」パー3の対処法

まずはこれだけは覚えておこう!!

どんな状況でもクリーンに打つためのポイントは3つ!!

いかにも「厄介」というような状況でなくとも、ゴルフコースにはちょっとした傾斜やライが悪い状況がたくさんある。そんな状況を無難にクリアするためのポイントは3つだと堀尾はいう。まずこの3つを覚えておこう!

残り150ヤードの状況で、その距離にギリギリ届くクラブを持つと、余裕がなくなるのでちょっとしたことでダフリにつながってしまう。1クラブ大きめのクラブを持って、余裕を持ってスイングする事が大切。

少しでも凸凹しているなどライが悪いなと思ったら、いつもの構えよりボール一つぶん右足寄りにボールを置こう。右足寄りにボールを置くことで、ダフる手前でインパクトできる可能性が増える。

さまざまな状況でフルショットしてしまうと、傾斜でバランスを崩したりといいスイングができない。こういうときは肩から肩までの8割ショットをイメージして、バランスよく振ることを第一に考えよう。

無理にフルショットをしてしまうと、スイングのバランスを崩してしまいダフリやすくなってしまう。

堀尾研仁
1971年4月16日生まれ。岐阜県出身。デビッド・レッドベターに師事してゴルフティーチングの世界に入る。2001年に独立。2002年からツアープロ帯同コーチとして活動を始め、田島創志、髙橋竜彦の初優勝や、谷口徹の海外での活躍に貢献する。現在もツアープロコーチとして活動しながら、アマチュアゴルファーのためのKEN HORIO GOLF ACADEMYを運営している。

二木ゴルフオンラインでゴルフ用品をお得に購入!

取材協力/マグレガーカントリークラブ

GOLF TODAY本誌 No.541 46~57より

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事