1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. ジャンボ尾崎の愛弟子「原英莉花」に学ぶ、飛ばしのBIGフォローの作り方|Part3

ジャンボ尾崎の愛弟子「原英莉花」に学ぶ、飛ばしのBIGフォローの作り方|Part3

2019/06/10 ゴルフサプリ 編集部

昨年、女子ツアーに彗星のごとく現れたニューヒロイン「原英莉花」。抜群のビジュアルに加えて、18年平均飛距離5位の「飛ばし」を武器にランク38位で賞金シードを獲得した実力者。おまけにジャンボ尾崎の愛弟子という話題性の高さから注目度はうなぎ上り!

そんな彼女の飛ばしの秘密を、ジャンボイズムを熟知した重田栄作が解説!

飛ばしのビッグフォローを生み出す「腕使い」と「足使い」を目に焼き付けよう!!

ど~んと20枚!! 詳細コマ送り連続写真

流れるようなモーションで美しく見えるのは、無駄のない動きで効率よくスイングできている証拠。ムチのような迫力ある腕使いと、バッティングのような力強くスムーズな足使いは、必見!

ダウンスイングの右ヒジの引きつけは一見の価値あり!

安定した土台によって前傾が保たれたまま、遠くに上げた腕を体の近くに振り下ろす動きに注目。ムチのように支点を動かしてクラブを操る腕使いと、野球のバッティングのような力強い足使いが融合し、飛ばしのビッグフォローが生まれている。

←飛ばしのBIGフォローの作り方【Part1】はこちら
←飛ばしのBIGフォローの作り方【Part2】はこちら

2018年 ドライビングディスタンス5位
平均飛距離251ヤードの新・飛ばし女王
Erika Hara
原英莉花(日本通運)

1999年2月15日生まれ。神奈川県出身。173㎝。
勝みなみ、新垣比菜ら注目の「黄金世代」の1人。 2015年より尾崎将司に師事し、長身から繰り出されるビッグドライブを武器に、2018年にはステップアップツアーで2勝を飾り、プロテストにも合格、賞金シードも手にした。今季、初優勝がもっとも期待される若手の1人。

ジャンボ軍団・金子柱憲の専属キャディを6年務め、「ジャンボイズム」を熟知した
重田栄作が解説!!

1968年6月18日生まれ。神奈川県出身。ジャンボ軍団・金子柱憲の専属キャディで4勝に貢献した後、03年にプロテスト合格。07年より山梨アーバングリーン八田でレッスン開始。現在は関東ゴルフ連盟チームKGAジュニアのコーチを務める傍ら、アマチュアからプロまで幅広くレッスン活動を展開中。

撮影トーナメント/2019ダイキンオーキッドレディス、ヤマハレディースオープン葛城
取材協力/シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部(山梨県)

GOLT TODAY本誌 No.564 46~53ページより

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事