1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 新種発見!アプローチが開眼するウェッジ!?~ミズノ「ザ・クラフト」~

新種発見!アプローチが開眼するウェッジ!?~ミズノ「ザ・クラフト」~

アプローチが苦手なのはクラブが原因!?

2019/07/27 ゴルフサプリ 編集部

ミズノの新種ウェッジをゴルフ5店頭で発見との情報を得て、早速、どんなウェッジなのかゴルフ5プレステージ新宿店へ調査に向かった。

ウェッジの説明をしてくれたのは小口貴彦さん。全国のゴルフ5のフィッターの中でも、他フィッターの指導をも行う、グランドマスターとでもいうべき存在で、日本橋、広尾、新宿のプレステージ3店舗の統括も行っている人だ。

「ウェッジの名称は『ミズノ ザ・クラフト』です。このウェッジの最大の特徴は抜けの良さ。これまで多くのお客様のフィッティングをさせていただきましたが、ウェッジを苦手とされている方が多いこと。また、既存のウェッジでもフィッティングで成果は出せたものの“誰が打っても結果が劇的に変化する”というものはなかった。さらに、フィッティングを通じて多くのお客様のウェッジのインパクトデータを見ていると、現状のウェッジのスペックでいいのか?と思えることがありました。そこで、ウェッジを作ってみようと思ったわけです。」

小口 貴彦(おぐち たかひこ)さん
アルペン 販売部ゴルフ5 プレステージ担当地区長
ゴルフ5プレステージ日本橋の立ち上げを担当。日本橋を含む、広尾、新宿の3店舗を統括、並びにゴルフ5各店のクラフトマンに対するフィッティング指導も行っている。

現状でも各社から多くのウェッジが発売されていて、多種多様な形状やスペックがある。それでもまだカバーできていない領域があるのかという疑問をぶつけてみた。

「フィッティングでウェッジのインパクトデータを見ると、クラブのロフトは58度なのに、球の打ち出し角は35度くらいが平均なんです。一方、ヘッドの入射角は大きい人でも5~6度ですから、インパクトでは、かなりハンドファーストになっていることになります。すると、ローバウンスのモデルはもちろんですが、ハイバウンスであっても既存のウェッジでは、リーディングエッジが“刺さる”のではと思ったわけです。そこで、さまざまなバウンス角とソール形状をミズノさんに試作してもらいベストと思えるものを見つけました。」

「弊社の本社が名古屋で、養老工場に近いということ。また、ミズノさんはこれまでも、特注対応で“カスタムグラインド”という、ユーザーの好みに対応した研磨も行っていたことから、ミズノさんにお願いしました。」

ミズノ ザ・クラフト ウェッジ

ゴルフ5オリジナルモデル。独自のバウンス角とソール形状で、ヘッドの抜けとスピンが劇的に変化する。基本的には受注生産モデルとなるが、主要なスペックについては、店頭在庫も用意されている。

  • ヘッド素材/軟鉄
  • 製法/鍛造
  • 価格/3万円+税

<スペック>

肉眼でもわかるほど大きなバウンス角とトレーリングエッジ側を大きく落とした特徴的なソールグラインド。
少しグースをつけた構えやすいオーソドックスなヘッド形状。アドレスでリーディングエッジは浮かない。
フルショットに近づくほど、ヘッドの抜けの良さが体感できる。

百聞は一見に如かずということで、実際に「ミズノ ザ・クラフト ウェッジ」を体験させてもらった。ソールを見るとかなりのハイバウンスにも拘わらず、なぜかリーディングエッジが浮かない! フェースを開いても同様だ。実際に打って見たところ、30ヤードくらいのアプローチではあまり差を感じないものの、スリークオーターからフルショットになると、“跳ねず”“刺さらず”ダフリ気味に入っても“スルッと抜ける”不思議な感覚が体感できる。しかも、計測データを見てみると、同じロフトの通常のウェッジと比べて、距離も方向もバラつきが少なく、スピンも100回転ほど増えていた。価格は3万円+税からというから、ウェッジとしては少し高いと感じるかもしれないが、この機能性なら納得の価格だ。

また、ミズノのカスタムウェッジだから、刻印の色入れや、ライ角調整、仕上げ、シャフト、グリップなど好みに応じてオーダーが可能だから、世界に1本のウェッジに仕上げられるのも魅力だ。

バックフェースの5つのランバードマークも特徴。オーダーでマークのカラーやヘッドの仕上げも変更可能。5つのマークすべてを異なる色にすることも可能。

米ツアーのトップランクの選手でもパーオン率は70%前半。自分のプレーを振り返ってみても、アマチュアゴルファーなら50%以下が普通だろう。要するに“寄せワン”の数がスコアを大きく左右するということだ。ゴルフクラブは試打して選ぶということが当たり前となっているのに、どういうわけかウェッジを試打する人は多くないし、試打クラブもあまり用意されていない。アプローチが苦手という人はもちろん、スコアアップを図りたいのなら、“寄るウェッジ”が必需品となるわけだ。

今回紹介したミズノ ザ・クラフトウェッジ、ゴルフ5では通常有料となるフィッティング料が、購入者は無料となるサービスを行っている。夏のボーナスでクラブの購入をと考えているなら、スコアアップの為にこのウェッジ手に入れたい。

取材協力:ゴルフ5プレステージ新宿店
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-34-7 NEX新宿ビル1階
営業時間 
10:30〜20:30(月~土)
10:00〜20:00(日・祝日)
電話:03-3354-5052
ウェブサイト:https://golf5-prestige.jp/

【関連】最新ウェッジおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事