1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. イベント
  4. 「駄目人間オープン ゴルフ大会!」レポート

「駄目人間オープン ゴルフ大会!」レポート

2019/12/02 ゴルフサプリ 編集部

仕事も遊びも全力&本気で取り組む大人ゴルファーが、面白イベントを開催。その名も「駄目人間オープン ゴルフ大会」。会場はなんと、ゴルフ場ではなく、乗馬クラブ! 開催場所もホールセッティングも、すべてが破天荒。真剣勝負あり、笑いあり、ヤジあり、お酒あり! なんでもござれの、おそらく日本中でここにしかない超ユニークなゴルフイベントをレポート!

山梨県北杜市白州。八ヶ岳を望む〝乗馬クラブ〟「ホワイトサドル」に、なぜかゴルフクラブを片手にメンバーが集まってくる。しかも、かなり豪華な食材と、たくさんのお酒を持参で。そして、まず楽しむのは、本気のバーベキュー。

会場は乗馬クラブ「ホワイトサドル」
競技前の馬場整備


いきなり魚を下ろし始めたり、大きな塊のお肉をジュージュー焼いたり、ピザ窯でピザを焼いたり…、同時にお酒も入り、かな~りいい感じになったところで、いよいよ競技がスタート!

まずは本気のバーベキュー


競技は9ホールマッチ。その舞台は、普段は乗馬を楽しむ「馬場」で、カップは直径50センチくらいの「たらい」。「たらい」の位置は固定され、ティーイングエリアを移動しながら一人2球ずつ打ち、近い順にトップ3がポイントを獲得(1位5点、2位3点、3位1点)、9ホールの合計で競う。

カップは「たらい」。9ホールマッチで競う


なんといっても、9カ所に設けられたティーイングエリアが面白い! 距離はどれも40~70ヤードとアプローチ程度だが、柵越えあり、トラックの荷台からの打ち下ろしあり、砂からの直ウチありで、予想以上に難易度は高い。


実際に打ってみると、普段何気なく目標としている「ピン」がない状況で、直径50センチの「カップ=たらい」を狙うことが、いかに距離感を出しにくいかを痛感する。思うように寄せられず、計測器を片手に距離をきっちり測るツワモノも(笑)。自然と熱がこもってくる。

本気計測タイム!
計測もシビア!

遊びといえども、真剣勝負。計測だってきっちり、シビアだ! そして、メンバーの目の色が本気モードに変わり始めたころ、記念すべき大会初のホールインワンも! 記念撮影をして、無事に9ホール終了。夜は打ち上げ会場へ移動して表彰式。

お見事! ホールインワン達成

とにかく、最初から最後まで、笑いの絶えない、賑やかなゴルフイベント。 楽しい「大人の遊び」を満喫しているメンバーは、みんな熱くて、本気で、超カッコいい!!

ところで、気になる「駄目人間」って何(笑)!?

イベントを企画した乗馬クラブ「ホワイトサドル」オーナーの福田聡さん

もともと地域(山梨県北杜市小淵沢)で夜な夜な集まっていた仲間内で、「俺たちほんと駄目だよね(笑)」と10年程前に発足させたコミュニティが「駄目人間」なんだとか。

「小淵沢は移住者が多い町で、職種も出身地もバラバラの20人くらいで始まって、当時から、バーベキューをやったり、誕生日会をやったり、いい年した大人が頻繁に遊んでいたんです。そんな仲間内で〝何か面白いことやろうよ〟と計画したのが、このゴルフイベントです」

遊びも仕事も全力投球のメンバー。今回が第2回なのだそうで、2年前に開催された第1回「駄目人間オープン」ではこんな驚愕エピソードも。

「前回は流しそうめんをしたんです。まず朝イチで集まって、チェーンソーを持って竹やぶに入って、竹を切り出して、流し台を作るところからスタートですよ(笑)。やるからにはそっからでしょ、って。ほんと駄目人間の集まりなんです(笑)」

当日、竹を切り出して作った「流しそうめん台」

確かに、何事も〝駄目〟なくらい全力。ご本人いわく「子供のときにしてた遊びをそのまましてるだけだけど、大人の知恵と財力とエネルギーを無駄使いしてる」そうで、「今後は年1回と言わず、4回くらいやってツアー化しようかな(笑)」とのこと。次はどんなびっくりイベントが登場するかーー、今から待ち遠しい!

協力/ホワイトサドル

取材・文/今泉純子

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事