1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.1

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.1

2019/12/03 ゴルフサプリ 編集部

国内外ツアーの選手や出来事にデータで切り込む「いまどきツアーをデータ斬り!」がスタート。まずは女子ツアーの話題を独占している黄金世代から。データを掘り下げると、彼女らの強さが歴代№1クラスであることが浮かび上がってきた。

女子ツアーの世代別優勝者数に異変!?

もう聞かない日がないくらい、黄金世代という言葉が女子ツアー界隈で沸騰している。今さら説明する必要もないくらいだが、1998年度生まれの女子選手たちの総称だ。

2014年に勝みなみが15歳の最年少優勝記録を打ち立てて先陣を切り、2年後には畑岡奈紗が日本女子オープン史上初のアマチュア優勝。プロになってからは順に新垣比菜、大里桃子、河本結、渋野日向子、原英莉花、小祝さくら、淺井咲希が勝ち名乗りをあげた。計9人。実はこの人数、半世紀以上になる女子プロゴルフの世界で全世代を通じて最多なのである。

勝みなみ

畑岡奈紗

渋野日向子

これまでの女子ツアー優勝経験者最多世代(日本人選手のみ)は平瀬真由美らの1969年度と成田美寿々らの1992年度で7人だった。7月のサマンサタバサガールズコレクションレディスで小祝さくらが勝った時、各メディアは「黄金世代8人目」とは報じていたが、他の世代と比較した記事は見あたらなかった。その時点で新記録達成だったのにこれではファンが知る術がない。実にもったいない。

黄金世代は優勝経験者の多さもさることながら、そのペースの早さも特筆ものだ。1969年度組7人目の優勝者・鬼澤信子の初優勝は41歳の時。1992年組はグッと若くなるがそれでも7人目の香妻琴乃が勝ったのは26歳だった。黄金世代はまだ21歳のシーズン。恐るべき速度である。

黄金世代には初優勝まであと一歩に迫ったことがある高橋彩華や吉本ひかるらもいる。10人目の優勝者が誕生するのも時間の問題ではないだろうか。

高橋彩華

吉本ひかる



黄金世代ツアー競技優勝経験者

勝みなみ4勝
畑岡奈紗5勝
新垣比菜1勝
大里桃子1勝
河本結1勝
渋野日向子4勝
原英莉花1勝
小祝さくら1勝
淺井咲希1勝
※初優勝順。畑岡は日本開催の米ツアー、TOTOジャパンクラシックを含む。



文・宮井善一
1965年生まれ。和歌山県出身。スポーツニッポン新聞社でゴルフ記者を8年間務め、2004年にフリーのゴルフライターとして独立。ゴルフ誌などに執筆のほか日本プロゴルフ殿堂オフィシャルライターとして活動している。元世界ゴルフ殿堂選考委員。

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事