1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. 重田栄作の飛ばしドリル|身近なグッズでドライバーの飛距離アップ!【第1回】

重田栄作の飛ばしドリル|身近なグッズでドライバーの飛距離アップ!【第1回】

2020/01/14 ゴルフサプリ 編集部

ラウンド機会の減るオフシーズンは、練習場でみっちりスイング作りができるチャンス!ということで、ドライバーの飛距離アップに欠かせない理想の動きをマスターできる即効ドリルをど~んと紹介。どれも、身の回りにあるものを使って簡単にできるものばかり。さっそく練習場へGO!

重田栄作
1968年6月18日生まれ。神奈川県出身。ジャンボ軍団・金子柱憲の専属キャディで4勝に貢献した後、03年にプロテスト合格。07年より山梨アーバングリーン八田でレッスン開始。現在は関東ゴルフ連盟チームKGAジュニアのコーチを務める傍ら、アマチュアからプロまで幅広くレッスン活動を展開中。

タオル2本置きドリル:飛ばしに欠かせない「インサイドアウト軌道」をマスター

フェイスタオルを2本用意
1本はボール手前の奥側にセット
もう1本はボールの先の手前側にセット

フェイスタオルを使って、理想のインサイドアウトの軌道を手に入れるドリルを紹介します。
まず1本目はボールの手前奥側に、そしてもう1本はボールの先手前側にセットしてください。奥のタオルは少し右側を向けるとより効果的です。セットできたら、タオルに触れないようにボールを打つだけ!最初はゆっくり、ハーフスイングから試してみましょう。

ダウンスイングでは奥にタオルがあることで自然とインサイドから、そしてフォローでは手前にタオルがあることで、少しアウトサイドへ抜けていく軌道を描くことができるはずです。

仮にクラブがアウトサイドからカットに降りてくればボール手前のタオルに、そのままフォローでインサイドにクラブが抜けると先のタオルに触れるため、悪い動きも一目瞭然。毎回のスイングチェックとしても効果絶大です。

取材・撮影・文/今泉純子
取材協力/アーバングリーン八田(山梨県)

【関連】
小柄でも飛ばせる!ドライバー飛距離アップの工夫を女子プロゴルファー5人が解説
ゴルフレッスン|ドライバーは“今どき”ダウンスイングで真っすぐ飛ばそう!

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事