1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 新製品情報
  4. コブラプーマが新作「SPEEDZONE(スピードゾーン)」シリーズを発表。

コブラプーマが新作「SPEEDZONE(スピードゾーン)」シリーズを発表。

極限の状態でスピードを競うレーシングカーからインスピレーション

2020/02/06 ゴルフサプリ 編集部

ゲストで登場したコブラプーマゴルフのアンバサダー寺西飛香留プロも絶賛

プーマジャパン株式会社が2月5日(水)、東京・中央区銀座のPGMゴルフアカデミー銀座にて、新製品発表会を実施した。ラインアップされたのは、ゴルフクラブ「コブラ・スピードゾーン」と、ゴルフシューズ「イグナイト・パワーアダプト・ケイジド」。果たしてどんなアイテムなのか?

ドライバーのフェースにCNCミルド加工?!

ドライバーは「SPEEDZONE(スピードゾーン)と、大きな投影面積で高い慣性モーメントを発揮する「SPEEDZONE EXTRAME(スピードゾーン エクストリーム)」2モデルをラインアップ。大きな特徴はフェース全面に「CNCミルド加工」を施している点。この加工は、ウェッジやパターなどでは、よく耳にするが、ドライバーのフェースに採用されているのは珍しい。無限を意味する「インフィニティフェース」と名付けられたこのテクノロジーの効果でボール初速が高まり、大きな飛距離を生み出す。

加えて、CNC加工でフェースのエッジ部分に丸みを持たせたことで、空力性能もさらにアップ。空気抵抗を極限まで軽減して、ヘッドを加速させる。

また、チタン素材をヘッドの骨組み部分にのみ使用し、それ以外の部分はカーボンを包み込むように使用。軽量化から生まれた余剰重量を活かし、ソール後方には69gのウエイトを配して、高い剛性を保ちながら、極限まで深く、低い重心位置を実現させている。

幅の広いレーシングカーのように、重量を低く、幅広く配置。安定性を高めて、オフセンターヒット時でもブレない直進性と安定した飛距離につなげる。

アイアンのトップラインはカーボン

アイアンも個性的なテクノロジーを搭載している。トップラインにカーボン素材を用いて、超低重心化を図っていることだ。ヒールとトゥ部分には、大きなウエイトを設置し、高い慣性モーメントを実現。ストロングロフトでも、楽に球を上げられ、安定して飛ばせる。

また、ブライソン・デシャンボーでお馴染みの「ワンレングス」モデルもラインアップ。すべて同じ長さのアイアンで、再現性の高いアドレスやスイングを促し、クラブ間での一貫性や正確性を高めている。

寺西飛香留プロ、関雅史プロ登場!

ゲストプレーヤーとして登場したのは、現在19歳で、台湾LPGAを主戦場にして活躍している寺西飛香留プロと、ティーチングプロでQPさんの愛称でお馴染みの関雅史プロ。寺西プロはコブラプーマゴルフのアンバサダーを務めている。

2人は「SPEEDZONE」ドライバーとアイアン、「SPEEDZONE XTREME」を試打した。

「SPEEDZONE」ドライバーについて、寺西プロは「空気抵抗が少ないせいか、ヘッドスピードも出ます。打感も良くて、出だしからポーンと飛んでいく印象です」

一方の関プロは
「高さも出るのに、スピン量は少ない。とにかく、強い球が出る!」

また「SPEEDZONE XTREME」を打った寺西プロ。
「横に広くなっていて、安定感が増して、安心感がある。このクラブなら、怖いと思うホールも大丈夫だと思って打てます。また、高さが出るので、キャリーを稼げますね」という感想を述べた。

関プロも
「最近、練習できていないので、ミスに強いクラブはありがたいです。このクラブはタテの当たり負けに強いので、フェースの上の方に当たったミスでも、曲がりが少ないのもいいですね。直進性が高く、曲がりに強いという、最近のトレンドがつまっています。シェイプも高級感もあって、所有感もあります」と評価した。

「SPEEDZONEアイアン」については、寺西プロが「ソールが分厚いけど、構えるとルックス綺麗。ドライバーと同じように安定感がある」と話し、7番アイアンで164ヤードも飛ばした。「普段は140ヤードくらいなので、すごいですよね。ロフト立ってるのに、高さも出やすくて、つかまりすぎないので、ロングアイアンの代わりにも使えそうです」と飛距離性能の高さを絶賛。

関プロは7番アイアンでキャリー180ヤードも飛ばし、「これで私は歳をとっても長くゴルフ出来ますね」と笑わせた後、「弾き感が強く、シェイプ綺麗なアイアン。スッと構えやすく、球筋イメージしやすい」とコメントした。

クラブ全体の印象としては、
「テクノロジー詰め込まれてるクラブ多いけど、その中でもCNCミルドの加工技術すごく上がって、さらにテクノロジーへの進化、クラブへの進化の期待を感じられるクラブ。まだまだ飛ばせるようになる」と、今回のモデルへの期待度が高いことをうかがわせた。

寺西プロも「ドライバーも構えやすくて、どなたにも合いそう。アイアンも164ヤード飛んだので、これだけ飛ぶと楽。ウイメンズもあるので、幅広く使えますね」と話した。

最新モデルのシューズも発表

シューズの新作は「IGNITE PWRADAPT CAGED(イグナイト・パワーアダプト・ケイジド)」というモデル。

新感覚×ホールド感が特徴で、プーマだけの新感覚テクノロジーを搭載した現在発売中である「パワーアダプト」の後継モデル。

さらに進化したアッパー設計、ソールを継承。高いサポート力で、ヒール部分はカップでしっかり快適にホールドして安定性強化。ニットアッパーは履き口が快適で、長く履いていても疲れない。という特徴を持っている。

ミッドソールにはクッション性、反発性、安定性を提供する「イグナイトソール」。独自の構造を持ったスパイクは、いろいろな方向に自在に動き、どんなライでも抜群の快適性、的確なグリップ力を提供するとしている。

ディスククロージャ―、紐の双方をラインアップし、色も豊富なので、好みに合わせてチョイスできるアイテムだ。

コブラプーマゴルフの新製品にワクワクが止まらない

リッキー・ファウラーの活躍で、コブラプーマゴルフに注目するゴルフファンも多いはずだが、今まであまりメディアに登場していない印象の「コブラプーマゴルフ」。だが、今回の新製品の数々は、メーカーサイドも自信を持って世に送り出す商品としており、日本のファンからも注目されるアイテムが多くラインアップされている。

2020年のコブラプーマゴルフは、ゴルファーに多くのワクワクを与えてくれそうだ。

取材・文 下山江美

【関連】
リッキー・ファウラーも使用するコブラKING F9ドライバーを試打!アマチュアもぶっ飛ばせる?
最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事