1. TOP メニュー
  2. ゴルフ実験室
  3. 野村タケオの「かっこいいゴルファーになりたいんじゃー!」歩き方編【動画あり】

野村タケオの「かっこいいゴルファーになりたいんじゃー!」歩き方編【動画あり】

2020/05/21 ゴルフサプリ 編集部

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。

僕は常日頃から「カッコ良いゴルファー」になりたいと思っているんです。それはゴルフが上手いとか下手とかじゃなく、立ち振舞いやマナーの良さとか、そういうところのカッコ良さ。結局はスマートなゴルファーになりたいってことですよ。

ゴルフが上達するのにはなかなか時間がかかったりしますが、見た目のカッコ良さなら明日からでも出来ます!何事もとりあえずはカッコからでいいじゃないっすか!

そんなことで蝶ネクタイのカッコ良い今野(こんの)一哉プロにカッコ良いゴルファーになるコツを教えてもらいました。

カッコ良いゴルファーを目指す二人

ゴルファーたるもの歩き方もカッコ良く!

ゴルフってのは歩くスポーツです。

最近は乗用カートを使うコースが増えているので歩かなくなってはきていますが、できればなるべく歩いてプレーしたほうが良いんですよね。運動にもなるし、リズムを作るという面でも歩いた方がいいと思います。

しかし、ゴルフってのはそうそう良いショットばかりが出るもんでは無いわけで、流れが悪くなってくるとどうしても下を向いてトボトボと歩きがち。

そうなってくるとメンタル的にもどんどん沈んでいくので、ショットにも悪い影響が出てしまいます。まさに負のスパイラルですね。

ですから、ゴルフの内容はどうあれ、ラウンド中は下を向くことなく凛とした態度で歩きたいものです。

こんな歩き方だとメンタルもスコアもどんどん悪くなっていく…

クラブの持ち方だって大事なんです!

ショットを打った後にボールのところまで歩くときは、当然ながらクラブを何本か持ってることが多いわけです。その持ち方だって大事!

両方の手にクラブを持ってダラーンと腕を垂らしたまま歩くなんてのはもってのほか。カッコ悪いし、姿勢も悪くなって、いかにも調子が悪いってのが丸出しになっちゃいます。

やはり理想はクラブを小脇に抱え、まるで高級レストランのウェイターのようにシャキッとした姿勢で歩くのが良いんじゃないでしょうか。

宮里藍ちゃんのように胸を張って!

歩き方といえば宮里藍ちゃんじゃないですかね。つねに胸を張って前を向き、少し大股でリズム良く歩いていましたよね。やはりまずは胸を張って、前を向きながら歩くというのが大事です。

ショットが悪いとついつい下を向きがちになりますが、どちらかというとちょっと遠くを見るくらいの感じで前を向いていると、同伴者からも「まだまだこいつキレてないな」と思われますからね。

特に競技なんかだと、調子が悪くてもしっかり前を向いて歩くことで他のプレーヤーにまだまだここから盛り返すんじゃないかと思わせることができます。

それと同時に、自分自身もまだ出来るという前向きな気持ちになってくるもんです。ゴルフってのはメンタルがかなり影響するスポーツですから、そういうのって大事なんですよね。

小脇にクラブを抱えて宮里藍ちゃんのように胸を張って歩きましょう!

ショットを曲げても颯爽と!

そりゃ僕たちアマチュアゴルファーはショットが曲がります。林に打ち込んじゃったり、隣のホールまで曲げてしまったり。

そういう時はやはり少し急がないとダメなわけですが、そこでも慌てるのではなく、カッコ良く急ぎましょう。胸を張って前を向き、ちょっと小走り気味でボールのところに向かうのが良いんじゃないでしょうか。

焦っちゃってる感が出るとカッコ悪いので、あくまでも颯爽と。隣のホールに入る時もヘコヘコするのではなく、しっかりとそのホールのプレーヤーの方を向いて、帽子を取り「失礼します!」と挨拶をしてからショットしましょう。

もちろんショット後も「失礼しました!」と言うのも忘れずに。

ヘコヘコしながら「すいませ~ん」って感じはカッコ悪いです。

歩き方をカッコ良くするだけでスコアにも影響が出てくるんですから、こりゃやらない手はないですよね。

動画ではカッコ良い歩き方を実際にやってみたりしているので、ぜひ見てください!

(取材・文)ゴルフバカイラストレーター 野村タケオ

【関連】
ゴルフのマナー|初心者が服装やラウンド中に注意したい7つのポイント
ゴルフの服装マナー|男性・女性のドレスコードやゴルフウェアの選び方

関連記事