1. TOP メニュー
  2. レディース
  3. レッスン
  4. ゴルフはグリップやアドレスの前に「クラブの使い方」を覚えるべし!

ゴルフはグリップやアドレスの前に「クラブの使い方」を覚えるべし!

吉本 舞の“ゴルフ上達の近道”を教えちゃいます! 第1回

2020/10/31 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフがあっという間にうまくなれるコツを、吉本舞がわかりやすくレッスンするシリーズ。ゴルフ上達にはグリップやアドレスの基本をマスターすることが大事といわれるが、吉本は「それよりもクラブの使い方を先に覚えることが重要です」という。早くうまくなるためのクラブの使い方とは!?

吉本 舞
よしもと・まい/佐賀県出身。USLPGA Teaching&club professinaの資格を取得。ゴルフの楽しさを多くの方に伝えたく、敏腕カリスマコーチ森守洋に師事。現在は東京ゴルフスタジオ(三鷹市)で多くのアマチュアをレッスン。一人一人の悩みに寄り添い、丁寧でわかりやすい指導で大人気。Instagramにてゴルフレッスンやゴルフウェアコーディネートなど更新中。@maiyoshimoto_

クラブヘッドの重心に委ねてスイングするコツをつかめば上達が早い

なかなかうまくならないのは、道具の使い方を間違えているのが一番の原因

ゴルフはテニスや卓球、それに野球などのように道具を使ってボールを打つスポーツです。でも、ゴルフが他のスポーツと決定的に違うことがあります。それはゴルフが止まっているボールを打つことと、ゴルフクラブという道具が異質といえる形状をしていることの2つです。

ゴルフをこれから始めたいという人は、まずグリップとアドレスを教わるのが一般的です。クラブの持ち方と構え方を先にマスターして、それからスイングの基本練習へと進んでいきます。でも、それよりももっと大事なことがあるんです。グリップとアドレスの基本もとても大切ですが、「道具の正しい使い方」を先に覚えるほうが絶対に早く上達します。ゴルフのキャリアが長い人は、グリップやアドレスの基本をマスターしていることと思います。それでいてスイングがなかなか安定しない、スコアがアップしないなどと悩むゴルファーがとても多いのは、道具の使い方を誤解しているためです。

ゴルフのクラブが異質なのは、テニスのラケットや野球のバットなどと違って、グリップの先に重心がないというところにあります。7番アイアンのヘッドを見ると、フェース面が三角形をしていますよね。そしてクラブを構えるとき、ヘッドの重心がシャフト軸の右側となります。アイアンに限らず、ドライバーなどのウッドクラブも一緒です。

グリップを指でつまんで持ち、クラブをぶら下げてみましょう。するとシャフトは地面に対して垂直とはならず、少しだけ傾きます。垂直となるのはグリップエンドの中心とヘッドの重心を結ぶ線です。そう考えるととても難しく感じてしまうかもしれませんが、ゴルフクラブを上手に使いこなすコツは、この重心を利用することにあるのです。ヘッドの重心にまかせてスイングする。これが道具の正しい使い方の基本です。

アイアンもウッドもヘッドの重心がシャフト軸の右側にある。この重心を上手に利用するのがポイントだ。
テニスのラケットや野球のバットと比較すると、ゴルフのクラブは異質な形状といえる。
クラブを真っすぐぶら下げてみよう。グリップエンドの中心とヘッドの重心を結ぶ線が垂直となることがわかる。
クラブを右側に振ればヘッドの重心が右に移動し、フェースが自動的に開く。

ヘッドの重心移動でシャフト軸が回転し、フェースが自然にターンする

もう少し具体的に説明しましょう。フェース面を目標方向に向けて、アドレスの格好を作ってください。フェース面の最下部の直線をリーディングエッジ、またはフェースの刃といいますが、この直線を目標に向ければOKです。そしてクラブを自分から見て右側に振ると、ヘッドの重心が右側に移動してフェースが勝手に開きます。ポイントは自分でフェースを開こうとしないこと。ヘッドの重心が進みたがる方向に委ねれば、フェースが自動的に開くということを体感してください。

今度はクラブを構えた位置に戻して、左側へと振り抜きましょう。ヘッドの重心が左に移動することでフェースが元の向きに戻り、その流れでフェースがどんどん閉じてきます。これを「フェースターン」といいますが、この場合もヘッドの重心が進みたがる方向にまかせて振るだけで、自分でフェースを閉じようとしないことです。ヘッドの重心に委ねてスイングすると、結果としてシャフト軸が回り、結果としてフェースターンが起こるというのが正解です。

ところが、地面の上で静止しているボールに対してフェース面をきちんと当てようとすると、このフェースターンが途端にできなくなってしまうんですね。ヘッドの重心移動によるフェースターンを使ってボールをヒットするのが正しいスイングですが、フェース面を真っすぐにキープしようとして両手を硬く握り、シャフト軸も固定させようとする人がとても多いのです。そうするとグリップも間違った握り方が身についてしまうことにもなりかねません。

インパクトでボールに合わせるような打ち方になって、右手首が手のヒラ側に折れるのを「フリップ」といいますが、経験の長い人でもこうした動きになってしまうのはクラブを正しく使えていないのが一番の原因です。ゴルフはクラブが「主」で、自分は「従」です。この主従関係を正しく理解し、自分でクラブを操ろうとせずに、ヘッドの重心を利用することを考えてスイングしてみてくださいね。

アドレスの姿勢を作り、リーディングエッジを目標に真っすぐ向ける。
クラブが進みたがる方向にまかせれば、バックスイングでフェースが勝手に開く。
クラブを元の位置に戻すとヘッドの重心移動によってフェースのローテーションが発生する。
そのままフォロースルーへと出すとヘッドの重心がさらに左に移動し、フェースが閉じてくる。
ヘッドの重心移動と、シャフト軸の回転はリンクする。バックスイングではシャフト軸を右側に回す感覚となる。
ダウンスイングからフォロースルーにかけてはシャフト軸が左に回転する。
ヘッドの重心が進みたがる動きを邪魔しないことが、クラブの正しい使い方につながることを正しく理解しよう。
フェース面を真っすぐにキープしようとするとフリップになりやすい。つまり、すくい打ちだ。

最後に動画でチェック

クラブを右に振ればヘッドの重心移動でフェースが自然に開き、左に振れば重心も左に移動してフェースが閉じてくる

※動画はBGMが流れますので音量にご注意ください。

取材・文/三代 崇
写真/富士渓和春
協力/武蔵丘ゴルフコース



吉本 舞の“ゴルフ上達の近道”を教えちゃいます!

 第2回(次回)へ

【シリーズ一覧】
●第1回:クラブヘッドの重心に委ねてスイングするコツをつかめば上達が早い
●第2回:クッション叩きなら、誰でもインパクトフォームが一緒になる
●第3回:インパクトに向かうクラブヘッドの加速感覚を体感しよう
●第4回:パワーのベクトルをボールにぶつけるイメージで振り下ろす
●第5回:左右対称形で振れる往復素振りこそ、理想のスイング軌道への一番の近道!

関連記事