1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. アイアンのダフリ&トップは”右手の使い方”が間違っている可能性大! 右ヒジ固定ドリルで解消しよう!

アイアンのダフリ&トップは”右手の使い方”が間違っている可能性大! 右ヒジ固定ドリルで解消しよう!

セリザワメソッドを継承 |広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます! ミスの原因&練習法がすぐにわかる! VOL.6

2020/12/17 ゴルフサプリ 編集部

芹澤信雄率いる『チームセリザワゴルフアカデミー』の紅一点のティーチングプロ、広瀬祥代。親切でわかりやすいレッスンで、年齢性別を問わず多くのゴルファーに人気。その広瀬がドライバーからパターまでのミスの解決法をレッスン。ミスの原因に応じた対策法が明確になれば悩みを一発解消、ゴルフがどんどんうまくなる。どんな練習をしたらいいかわからないゴルファーも必見だ!

右ヒジ固定スイングドリルでインパクトの打点が安定! ダフリもトップももう出ない!!

アイアンでダフリやトップが出るのは右手の使い方が悪いのが原因

アイアンショットでダフリやトップが出てしまうのは、ダウンスイングのリリースが早すぎるのが一番の原因です。手首がほどけるタイミングが早いため、タメがなくなってクラブヘッドが地面に早く落ちてしまうのです。ダフリとトップはまったく違うと思い込んでいるゴルファーがとても多いのですが、ミスの結果は違っていても原因はほとんど一緒です。

ボールを上げようとしてすくい打ちになりやすい人もダフリやトップが多発します。ダウンスイングで右肩が下がり、さらに手首が早くほどけるとスイング軌道の最下点がボールよりも手前側となってしまいます。ボールの手前の地面を叩いてしまったらダフリ、クラブヘッドが地面に軽くこすって上昇に向かうところでボールの上に当たるとトップが生じます。クラブヘッドがどこに当たるかでダフリとトップに分かれるのであって、ショットの結果は紙一重なんですよ。

どうしてリリースが早くなってしまうかというと、右腕の使い方を間違っているからです。右ヒジの曲げ伸ばしが正しくできず、ダウンスイングで右ヒジが浮いて右手首が伸びてしまうところが矯正点と考えていいでしょう。すくい打ちになって右肩が下がりやすい人も、右腕がうまく使えていないことが考えられます。

アイアンでダフリやトップがよく出る人はリリースが早すぎるために、スイング軌道の最下点がボールの手前側となっているケースが多い。
ダウンスイングで右ヒジが浮くと手首が早くほどけてしまう。
すくい打ちもNGだ。ボールの手前を叩けばダフリ(左)、クラブヘッドが上昇したところでボールの上に当たるとトップ(右)が生じる。

右ヒジを下に向けたままで右手を上げ下ろしする感覚をつかもう

スイング矯正の練習法としては、右ヒジ固定スイングドリルがオススメです。右ヒジを右ワキ腹に軽くつけて、左手で右ヒジを固定しましょう。クラブは持たなくて結構です。右手のヒラを広げて目標の方向に向けておき、右ヒジを固定した状態でバックスイングし、ダウンスイングする動作を繰り返してください。

右ヒジを下に向けたままで右手の上げ下ろしを反復すると、右ヒジを遠回りさせないでスイングする感じがつかめます。右ヒジを支点にするイメージで振ればフェースの向きが変わらず、インパクトでフェースがスクエアに戻りやすいこともわかります。

実際にクラブを持ったときも右ヒジ固定スイングドリルのイメージでクラブを振りましょう。左手のリードでクラブを振るのもいいのですが、右手の使い方を間違えると左手リードが崩れてしまいます。逆にいうと正しい右手使いを先に覚えることで正しいスイングが身につきやすいんです。

アドレスで右ヒジが右ワキに軽く触れるように構えて、バックスイングで右ヒジを下に向けた状態でたたみ、インパクトで右ヒジを構えた位置に戻す。こうした右ヒジの曲げ伸ばしをマスターすれば、ダウンスイングでクラブヘッドがインサイドから最短距離で振り下ろせるようになります。インパクト打点が安定して、アイアンのダフリやトップをすぐに解消できますよ。

アイアンのダフリやトップを修正するには右ヒジに着目するのがポイントだ。
左手で右ヒジを抑えて固定し、右腕を上げて下ろす動きを繰り返そう。
右ヒジとカラダの回転を連動させよう。右手のヒラでフェース面をイメージすれば練習効果がアップ。
右ヒジを支点にするイメージを持つと、インパクトでの右ヒジのポジションが狂わず、打点が安定しやすい。
クラブがインサイドから最短距離で下りてきてボールがしっかりつかまるようになる。

最後に動画でチェック

左手で右ヒジを固定してスイング練習をしよう。アイアンのダフリやトップを解消できる。

※動画は音声が流れますので音量にご注意ください。


広瀬祥代
ひろせ・さちよ/茨城県出身。社会人になってゴルフと出会い、魅力と楽しさを知ってインストラクターへの道を目指す。2011年にライセンスを取得し、現在はチームセリザワゴルフアカデミーで幅広くレッスン活動を展開している。セリザワメソッドでレッスンスキルをさらに向上中。

取材・文/三代 崇
写真/相田克己
協力/太平洋クラブ御殿場コース



広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます!ミスの原因&練習法がすぐにわかる!

 第5回(前回)へ 第7回(次回)へ

シリーズ一覧へ

関連記事