1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 3年間、優勝もプレーオフもないのは松山だけ! 未勝利でも世界ランク19位は、隠れた偉業!

3年間、優勝もプレーオフもないのは松山だけ! 未勝利でも世界ランク19位は、隠れた偉業!

日・米ツアーの“最旬”プレーヤーは? 今月のポイントゲッターを探せ!

2020/11/03 ゴルフサプリ 編集部

全米オープン最終日を4位タイで迎えながら、またメジャー優勝に届かなかった松山英樹。PGAツアーでも3シーズン以上優勝から遠ざかっているだけに、日本のファンは残念がっているだろう。しかし、逆に考えると3年以上優勝していない選手で世界ランク19位にいるのは偉業とも言えるのだ。

3年で5勝のデシャンボーより予選落ちが少ない!

世界ランキング20位圏内の移り変わりは早くて、厳しい。昨年11月の「ZOZOチャンピオンシップ」で優勝したタイガー・ウッズは22位に落ち、昨年の「全米オープン」を制したウッドランドも27位、「全英オープン」に勝ったシェーン・ローリーも30位に落ちている。

その中で、なぜ3シーズンも優勝していない松山英樹が19位にいるのか、実際にトップ20選手を調べると、ほとんどの選手が3年間にPGAツアーもしくは欧州ツアーで優勝している。トップ20位に入っている選手で3年間に一度も優勝していないのは松山英樹とトニー・フィナウだけだが、フィナウはプレーオフで敗れた2位が2年連続であって、そのポイントが大きかった。

松山英樹が世界ランキングで上位にいるのはPGAツアーでもトップクラスの安定感があるからだ。優勝していない3シーズンを見ても、予選落ちしたのは65試合中7試合だけ。2018年から2019年にかけては約1年間予選落ちゼロを続けていた。ちなみに全米オープン(21年)を制した世界ランク5位のデシャンボーは3年間に5勝しているが、64試合中9試合で予選落ちしている。

その安定感があるからこそ優勝していなくても、約30人しか出られない最終戦に7年連続で出場できているのだ。

約30人しか出場できない最終戦にも7年連続で出場

松山英樹
最後の優勝は17年シーズンの『WGCブリヂストン招待』。ちなみにプレーオフ最終戦に7年連続で出場しているのは松山を含めて5人しかいない。

日本男子ツアー 賞金ランキング

男子ツアーの再開初戦「フジサンケイクラシック」でツアー3勝目を飾った星野陸也が賞金ランクトップに浮上した。

日本女子ツアー 賞金ランキング

わずか6試合の出場で賞金6000万円を突破している笹生。優勝した2試合以外でも、2試合でトップ10に入っている。

日本女子ツアー メルセデスランキング

今年初の国内メジャー「日本女子プロ選手権」を制した永峰は、一気にメルセデスポイントでも3位に!

米国男子ツアー 世界ランキング(男子)

今年8月に世界ランク1位に返り咲いたダスティン。プレーオフ最終戦のツアー選手権でも優勝し、年間王者に輝いた。

米国男子ツアー 賞金ランキング

全米オープンでは惜しくも優勝を逃したマシュー・ウルフは賞金2位に。8月の「全米プロ」でも4位に入っており、大舞台に強い。

米国女子ツアー 世界ランキング(女子)

今年プロ1年目を迎えたミレニアム世代(2000年生まれ)の一人である古江は、その世代で初のプロ優勝を達成。

GOLF TODAY本誌 No.581 128〜129ページより

関連記事