1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. 飛距離アップしたい? それなら『飛びマッスル・NEW JGRボール』で決まり!!

飛距離アップしたい? それなら『飛びマッスル・NEW JGRボール』で決まり!!

“飛ばしを楽しみたい”ゴルファー必見|最新ディスタンス系ボールを編集部員が試打検証

2021/02/19 ゴルフサプリ 編集部

発売以来、ディスタンス系ボールの中で高いシェアを維持し続けているブリヂストンの「TOUR B JGR」ボールが、さらに飛ぶようになって新登場! はたして、どれほど飛ぶようになったのか、ゴルフサプリ編集部員たちがコースで試打検証してきたぞ。

新しく生まれ変わった「マッスルコア」でさらに飛距離アップ

新カラーのマットレッド。

“飛びマッスル”という、直接的なようで変則気味なキャッチコピーでお馴染みの「TOUR B JGR」ボールのニューモデルが“飛びを生み出すマッスル(筋肉)”をさらに鍛えあげて新登場。このディスタンス系ボールのリニューアルを、待ってました!! というゴルファーも少なくないのではないだろうか。

2021年2月19日に新発売された「TOUR B JGR」ボールは、コアを刷新。“飛びマッスル”の語源にもなった「マッスルコア」を採用。それによって、さらなる低スピン化と高初速化を実現しているという。

ブリヂストンのボールの中でも飛距離に特化した「TOUR B JGR」ボールは、はたしてどのような進化を遂げたのか? 飛距離が欲しくてたまらない3人の編集部員によるラウンド試打で、注目のボールの進化具合を検証してみた。

NEW【TOUR B JGRボール】
・3ピース/ディスタンスタイプ
・新配合マッスルコア/HR-DRIVEインナーカバー/Neo BOOST POWERカバー/デルタウィング・ディンプル338
・価格/オープン価格
・カラー/ホワイト、パールホワイト、イエロー、パールピンク、マットレッド(新色)
・ナンバー/0、1、2、3、4、5、7、8
・日本製
・JGRボールスペシャルサイトはコチラ
・商品のお問い合わせ先/0120-116613(フリーコール)
受付時間:月〜金 10:00〜17:00
(土日・祝日および指定定休日除く)

新配合「マッスルコア」の効果はいかに!?

つぶして「飛ばす」。復元力で「飛ばす」。

新しい「TOUR B JGR」ボールは、コア内部を軟らかくすることでインパクトでしっかりつぶして「低スピン」を追求。さらに、コア外部の剛性を高めてコアの復元力をアップしたことで、しっかりと弾き、「高初速」を追求。これまで以上に“飛びマッスル”なボールとなっている。

“飛びマッスル”というコピーは、この「柔軟に縮んで復元することで力を発揮する特性」が筋肉のようなコアを由来としている。

また、反発性の高い「新配合 Neo BOOST POWER カバー」を新たに採用することで、反発力をアップ。インナーカバーにはこれまで同様に「HR-DRIVE インナーカバー」を採用することで軟らかな打感を継承している。ディンプルも刷新し、「デルタウィング・ディンプル338」を採用、弾道の最適化を図っている。

20代ゴルフ女子と40代・60代の男性アベレージゴルファーが試打

【試打者はこちらの3人】
◾︎40代・編集部員K(写真左)
「アイアンは飛ぶけどドライバーは飛ばないスライサー」
ヘッドスピード:42m/s
ドライバー平均飛距離:220ヤード
アイアン(#7)飛距離:155ヤード

◾︎20代・編集部員M(写真中)
「打点が定まらないけど当たるとけっこう飛ぶゴルフ女子」
ヘッドスピード:31m/s
ドライバー平均飛距離:170ヤード
アイアン(#7)飛距離:110ヤード

◾︎60代・編集部員K(写真右)
「まだまだ元気。器用に球を打ちこなす還暦おじさん」
ヘッドスピード:42m/s
ドライバー平均飛距離:230ヤード
アイアン(#7)飛距離:150ヤード

【検証方法は直球勝負! 実戦での性能を評価】

検証方法は、いたってシンプル。ゴルフギアはコースで試してナンボ! ということで、9ホールの試打ラウンドを実施。使用したクラブは、おじさん編集部員2名はブリヂストンの「TOUR B X」シリーズのウッドとUT、アイアンは「TOUR B 202CBP」、ウエッジは「TOUR B BRM」を使用。紅一点の20代ゴルフ女子・Mは「TOUR B JGR LADY」シリーズのウッドとUT、アイアンを使用した。また、旧「TOUR B JGR」ボールとの新旧比較も行った。試打結果は「ドライバー」「アイアン」「アプローチ&パター」で、それぞれまとめた。

試打ラウンドを行ったのは取材コースとしてお馴染みのサザンヤードカントリークラブ(茨城県)。アウトコースを借りし取材させてもらった。

NEW「TOUR B JGR」ボール試打結果|ドライバー編

試打一発目で結論出ちゃった!? 「あきらかにいつもより飛んでるよ」

全員が“5〜10ヤードの飛距離アップ”を体感!

編集部員K(以下K) さて、新しい「TOUR B JGR」ボール(以下JGRボール)で9ホール回ってみたわけですが、正直ドライバーの飛距離の検証に関しては2、3ホールで十分だったような気がします(笑)
編集部員M(以下M) 1打目のティショットから、いきなり飛ばしていましたからね!
編集部員O(以下O) うん。これは認めざるをえないなぁ。新しい「JGR」ボールはあきらかに飛ぶようになっているね。
M 具体的には、普段の飛距離とどのくらいの差がありましたか?
K 僕の場合、どう考えても10ヤードは伸びていますね。一番違いを感じたのが3番ホール(図1)のティショット。あれは15ヤード以上、普段より飛んでいました。

図1)「やや薄い当たりで右に逸れていくような打球だったんですが、右サイドの傾斜を越えてグリーンまで80ヤード前後のラフまで飛びました」(K)

打感が軟らかくなって爽快感もアップ

M ディスタンス系のボールといえば、打感が硬めというイメージだったんですけど。新しい「JGR」ボールは軟らかいんですね!
O Mさん、良いところに気付いたね。新しい「JGR」ボールの打感はMさんが言うように、軟らかめ。前モデルと比べても、ずいぶん軟らかくなっている。でも、初速は出ているよね。
K 打感が軟らかいから気持ちよく振り抜いていけました。ヘッドスピードが速くない人も当たり負けしないで振っていけそうですよね。
O それに低スピンのおかげで曲がりも少なくなっていたね。今日のKさんの曲がり幅、すごい小さいもの(笑)
K おかげさまで(笑)ドライバーショットでのスピンがコアの効果によって減るのはわかるけど、高弾道になるのも「マッスルコア」による効果かな?
O おそらくそうじゃないかな。前モデルと比較したら、新しい「JGR」ボールのほうがあきらかに高弾道だったね。
O ヘッドスピードが速くない私でもキャリーが出せたのは、そのおかげもあるんですね。
K まとめると新しい「JGRボール」は前モデルよりも高弾道かつ初速がアップしたから5〜10ヤード飛距離が伸びて、低スピン化によって曲がりが少なくなった、ということですね。

【3人のドライバーショット・平均飛距離の変化】
K/220ヤード>230ヤード(最大250ヤード)
O/230ヤード>235ヤード(最大245ヤード)
M/170ヤード>180ヤード(最大190ヤード)

NEW「TOUR B JGR」ボール試打結果|アイアン編

確実に1番手以上、人によっては2番手以上も飛距離が伸びるかも

初めて新しい「JGR」ボールでグリーンを狙う時は、手前から攻めたほうがいい

K アイアンでも飛びましたね。驚くほど(笑)
O 全員、2ホール続けてウッドの後はアプローチで、アイアンを使える状況がなかったもんね。3ホール目でグリーンを狙ったら、おじさんとKさんはグリーンを軽くオーバーしちゃったからね〜。
M あれはびっくりでしたね。ボールの違いで1番手以上、飛距離に差が出ることなんてあるんですか?
K 僕は経験ないですね。よほどの違いがないと……たとえば練習場の団子ボールと本球なら、このくらいの差は十分に考えられますけど。
O 普段、よく使っているのはスピン系のボールなんだけど、新しい「JGR」ボールにしたら1番手以上も飛距離が変わるとはね。アイアンショットのほうが新しい「マッスルコア」の効果が顕著に出るということなのかな?
K そうなのかもしれないですけど、1番手落としてから打ったボールはグリーンでしっかり止まりましたよね。

高さも出て飛ぶのにスピンもそれなり。高性能すぎる

M それって高さも出ていて、スピンも効いているってことですよね。
K うん。ドライバー同様に飛ぶし、高さも出ていて、スピンもそれなりに効いていましたね。
M 「TOUR B X」とか「TOUR B XS」のほうが、もちろんスピンは効くけど、あの止まり方ならアベレージゴルファーにとっては十分過ぎるよね。
K それにしても、ちょっとドン引きするくらいの飛びでしたね。7番アイアンで約170ヤードは飛んでいましたから。しかも「TOUR B 202CBP」アイアンの7番のロフト角って30度でしたよね。ストロングロフトじゃないのに新しい「JGR」ボールだとこんなに飛んじゃうんですね。
M おじさんも7番で160ヤード打ったのは久しぶりだった。初めて新しい「JGR」ボールを使って、アイアンでグリーンを狙うときは1番手落としたほうがいいかもしれない、ということを強く訴えておきたいね。
K それから、個人的には新しい「JGR」ボールと「TOUR B 202CBP」アイアンの組み合わせ、すごくオススメです。ビチッと球がつぶれたような感触があって、ディスタンス系とは思えない軟らかい打感で超気持ちいいです。
M だから、アイアンを買い換えるなら「TOUR B 202CBP」が良いって、前から言っていたじゃないの。
K 深く理解しました。前向きに検討します。
M 私も「TOUR B JGR LADY」のクラブ、気に入っちゃいました(笑)

【3人のアイアンショット(#7)・平均飛距離の変化】
K/155ヤード>165ヤード(最大170ヤード)
O/150ヤード>160ヤード(最大165ヤード)
M/110ヤード>120ヤード(最大125ヤード)

「TOUR B JGR」ボール試打結果|アプローチ&パター編

ディスタンス系だからといって、スピンが効かないわけじゃないのだ

最新ボールって、すごく高性能なんです

O みんなで散々、グリーン周りからアプローチしてみたけど、着弾してからの転がりのバラツキが本当に少なかったね。
K スピンが安定しているってことですね。ディスタンス系のボールに慣れている人は、出球の速さも気にならないでしょうしアプローチでもネガティブなところないですね。
M 最近のボールって、こんなに高性能なんですね。って、改めて再認識しちゃいました。
O 飛距離性能とショートゲームでのスピン性能の両立は難しいからね。うーん、何かツッコミどころないものかなぁ。
M 良いところばかりなんだからいいじゃないですか!

グリーン上での転がりも良き!

K ドライバーとアイアンで打っていたからわかっていましたけど、パッティングでも「カツーン」とか「コキーン」みたいな極端に硬い打感はなかったですね。
O そうだね。ディスタンス系だから軟らかくはないけど、気になるほどの硬さは感じられない。
M Kさんはパッティングで緩むことが多いから、コツーンと出ていってくれたほうが助かるのでは?
K う、たしかに。とはいえ、そんな極端な弾き感とかが新しい「JGR」ボールにはないから、何も気になるところないですね。
O うん。前モデルと比較すると、新しい方が軟らかく感じられるかも。でも、パッティングやアプローチは打ち方とか人によって感じ方が違うから、あまり明確なことは言えないね。

【結論】飛ばしたいならNEW「TOUR B JGR」ボールで決まりです

K では、まとめです。新しい「TOUR B JGR」ボールの評価をずばり!
O はい。こんな感じでしょう。いやー、ホントに飛んだね。

ドライバーで飛ばしたい!
アイアンでも飛ばしたい!
高さがほしい!
曲がりを少しでも抑えたい!

M そんなゴルファーはNEW「TOUR B JGR」ボールに決まりです! “ホントに飛びマッスルよー!”


デシャンボーが! 藍ちゃんが!! 飛ばし屋の渡邉彩香、松田鈴英も動画で“飛びマッスル”を応援

記事の中に登場したクラブ・ボールの詳細はコチラでチェック

・NEW「TOUR B JGR」ボール
・「TOUR B X」シリーズ クラブ
・「TOUR B LADY」クラブ
・「TOUR B X/XS」ボール

協力/サザンヤードカントリークラブ
撮影/相田克己

関連記事