1. TOP メニュー
  2. ゴルフ実験室
  3. ヨネックスCB702アイアンを野村タケオが試打レビュー

ヨネックスCB702アイアンを野村タケオが試打レビュー

中上級者も満足のちょい飛びアイアンなんじゃないだろうか!

2021/04/02 ゴルフサプリ 編集部

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。プロの使っているクラブって僕たちアマチュアは気になっちゃうじゃないですか。しかもですよ、契約フリーのプロが使っているクラブとなると、さらに気になるものです。だって、自分が一番いいと思うクラブを使っているわけですからね。

実はここ数年契約フリーのプロがよく使っているアイアンがあるんです。それがヨネックスのアイアン。しかも池田勇太プロや宮里優作プロというギアにうるさいプロが使っているから、こりゃ相当良いアイアンなんだろうなと思うわけ。そんなヨネックスから、新しいアイアンが4月に発売になるってことなので、これは打たずにはいられないじゃないっすか。ひと足お先にお借りしてラウンドで使ってみたので、その使用感をレポートします!

グース少なめで構えやすく、質感もとても良いです!

4月に発売の新しいアイアンは「EZONE CB 702フォージドアイアン」。ヨネックスの軟鉄鍛造アイアンシリーズで最高の飛びを誇るアイアンということです。軟鉄鍛造ボディにマレージング鋼鍛造フェース、グラファイト制振材とカーボン複合プレートを組み合わせた複合素材ヘッドで、振動を抑えた柔らかい打感と寛容性、飛距離性能を実現しています。

シャフトはカーボンとスチールが用意されていますが、僕が試打させてもらったのはヨネックスオリジナルのREXIS KAIZA-MASSというカーボンシャフト。このシャフトは重量69gでトルク2.5という軽量モデルなのですが、強靭なしなりと急激な復元力を生む「Namd(エヌアムド)」という新次元カーボンを先端から中間部にかけて採用。これによりボール初速のアップと高弾道を実現しています。

CB702アイアンをさっそくコースでを使ってみた!

ソールの真中部分が高くなっていて、ダフリ気味でもソールが滑ってくれます。

まず構えた感じですが、大きすぎず、グースも少なく、なかなかいい顔をしています。トップブレードも薄めなので、けっこうシャープに見えて方向性も出しやすい。ソールは少し広いのですが、構えたときにはほぼ見えないです。バックフェースのデザインもなかなか良くて、質感はかなり高く、飛距離の出るアイアンと言いながらも、上級者やギアにこだわるゴルファーにも満足できる仕上がりじゃないでしょうか。

で、打ってみましたが、とにかく球が上がりやすい。打ち出しからもう高く飛び出して行く感じです。それでいて飛距離は僕のアイアンよりも0.5番手くらい飛んでいるかな。

ちなみに僕のアイアンもCB702も7番でロフト31度なので、そんなに立っているわけではないです。これだけ楽に上がってくれて飛距離も出るというのは、非常にありがたいですね。打感は、いかにも飛び系アイアンって感じのフェースがたわんで弾くものとは違い、けっこうしっかりとした打感で打音も落ち着いています。このあたりもけっこうこだわって作ってあるな~と感じますね。寛容性もそこそこあって、特にヒールヒットには強いような気がしました。

軽量モデルながら、けっこうしっかりとしたシャフトです。

シャフトですが、これが60g台とは思えないほどしっかりしていて、振りごたえがありました。一応、先中調子ということみたいですが、そんなに先が走るような感じはなかったですね。むしろ、僕のスイングだとあまり球がつかまらなくて、少しだけターゲットよりも右に出ることが多かった。でもスライスするわけではなく、ちょっと右に出て真っすぐみたいな。僕の感覚だと少しだけインパクトあたりでヘッドを走らせるくらいのイメージで振ってちょうど良かった。手元が少し固めなんでしょうかね。

ま、これはスイングのタイプによって違うでしょうが。けっこうしっかりしたシャフトなので、僕みたいな一般おっさんゴルファーは丁度いいスペックかもしれません。軽く振ってポーンと飛ばすカーボンシャフトではなく、しっかりと振っていけるカーボンシャフトかな。

CB702アイアンはどんなゴルファーにオススメ?

クラブの見た目や質感、打感などにはこだわるけど、寛容性や飛距離も欲しいという欲張りな中上級者に良いんじゃないでしょうか。しっかりと重いスチールシャフトがいい人はモーダス105が用意されているので、そちらを使えばいいと思います。ただ純正カーボンシャフトも重量こそ69gですが、かなり振りごたえがあるので、ヘッドスピード40ちょいくらいだったらカーボンが良いかもしれません。アスリート系のアイアンが少ししんどくなってきたけど、まだまだ競技に出たりスコアにこだわりたいって人には丁度いいアイアンのような気がします。

<取材・文>ゴルフバカイラストレーター 野村タケオ


野村タケオの記事をもっと読む

 一覧へ

関連記事