1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. ZOZOチャンピオンシップ2021
  4. 速報・松山英樹が再逆転でPGAツアー通算7勝目「ZOZOチャンピオンシップ」

速報・松山英樹が再逆転でPGAツアー通算7勝目「ZOZOチャンピオンシップ」

2021/10/24 ゴルフサプリ 編集部

10月24日、PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の最終日。単独トップの10アンダーからスタートした松山英樹は一時、キャメロン・トリンガーリに逆転されてしまうが、後半に3バーディ、1イーグルを奪って再逆転。4月の「マスターズ」に続くPGAツアー通算7勝目を日本で飾った。

写真/相田克己

最終日の18番はイーグル締め!

最終日を1打差の単独トップで迎えた松山英樹だったが、朝の練習では不穏な空気が流れた。ショット練習中に背中の痛みを感じると飯田トレーナーを呼んで背中を緊急マッサージ。練習を終えてからも飯田トレーナーと早藤キャディが話し込む場面もあり、不吉な予感がした。

上位の選手がスコアを伸ばすなか、1番ホールからスタートした松山はなかなかバーディがとれず5ホール連続パー。しかし、6番でツーオンに成功すると約10メートルのロングパット沈めてミラクルイーグルを決めた。流れに乗るかと思われたが8番でボギーを叩くと、松山を追うトリンガーリが9番、10番で連続バーディを奪って単独トップに浮上。サンデーバックナインの1ホール目で松山は1打差の2位に後退した。

このままスコアを落としそうな雰囲気の松山だが、11番で約10メートルのバーディパットを決めて再びトップタイに並ぶと、13番と15番でもバーディを決めて再逆転。17番ではグリーン奥の深いラフに打ち込んでボギーを打つも、18番パー5のセカンドは3Wで完璧なショットを放ってツーオン。最後は約4メートルのイーグルパットを決めた。結局、2位とは5打差をつけて、2021-22年シーズンの初優勝、PGAツアー通算7勝目を飾った。

取材・文/野中真一

フェースターンを抑えて方向性アップ!松山英樹のドライバースイングを写真で解説

アマチュアゴルファーにとってツアープロのスイングは、見ているだけでも勉強になること間違いなし。そこで、日本男子ツアー...

あわせて読みたい

速報「ZOZOチャンピオンシップ」最終日、松山英樹が2位から再び単独トップに!

10月24日、PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の最終日。単独トップの10アンダーからスタートした松山英樹は前半9ホールを...

あわせて読みたい

10メートルねじ込んだ!松山英樹が6ホール目でイーグル奪取!速報「ZOZOチャンピオンシップ」最終日

10月24日、PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の最終日。単独トップの10アンダーからスタートした松山英樹は最初の5ホール...

あわせて読みたい

関連記事