1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. 【2021】リコーカップ
  4. 【速報】2021リコーカップは混戦模様。古江は一時首位陥落も10Hバーディで再び単独首位に

【速報】2021リコーカップは混戦模様。古江は一時首位陥落も10Hバーディで再び単独首位に

2021/11/26 ゴルフサプリ編集部

2021リコーカップ第2ラウンド、古江彩佳は昨日とは打って変わってフロント9で3つのボギーを叩き、一時野澤真央と5アンダーで並ばれる。だが、後半入ってすぐの10番ホールで今日初めてのバーディがきて再び単独首位に。後続が伸ばす中、我慢のゴルフが続く。

写真/相田克己

比嘉真美子が前半だけで4バーディ、首位を追走。古江はかろうじて単独首位防衛中

古江彩佳が苦しむ中、後続がジリジリと追い上げていく。中でも、比嘉真美子の追い上げが素晴らしい。7・8・9Hでの3連続バーディなど、11Hまでに5バーディ、13Hはボギーとして4つスコアを伸ばしてトータル5アンダーで現在15Hをプレー中。

また、野澤真央も1H・6Hでバーディ、9Hでスコアをひとつ落としたが、比嘉、全美貞と並んで現在5アンダーの2位タイ。

前半3つのバーディで古江が10Hで今日初のバーディを奪ったことで、古江が再び単独首位に返り咲いたが、7Hで古江がボギーを叩いたたことで野澤も一時単独首位になっていた。どこで順位が入れ替わるかわからない2021リコーカップ第2ラウンド。最終組は現在、12H・パー3・140ヤードをプレー中。

古閑美保の「女子プロの素顔をキャッチアップ!」|比嘉真美子 編

トーナメント現場でラウンドレポーターを務め、女子プロたちのプレーに間近に触れ、直に接する古閑美保。だからこそわかる彼...

あわせて読みたい

元賞金女王・古閑美保が教える! 女子プロからの飛ばしのヒント|Vol.3 古江彩佳

いま注目を集める女子プロたちにみる〝飛ばし〟のヒントを、元賞金女王・古閑美保が、簡潔明瞭にレクチャーする本シリーズ。...

あわせて読みたい

関連記事