1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 稲見萌寧【注目選手の一問一答】第54回 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯|第1ラウンド

稲見萌寧【注目選手の一問一答】第54回 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯|第1ラウンド

day1 2021/9/9 稲見萌寧

2021/09/09 ゴルフサプリ 編集部

稲見萌寧

2021年「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(静ヒルズカントリークラブ・茨城県)の第1ラウンドが行われた。原英莉花(日本通運)、永峰咲希(ニトリ)とのペアリングでプレーした稲見萌寧(都築電気)は、第1ラウンドを4バーディ・2ボギーの2アンダー、11位タイ。公式会見に出席した稲見萌寧の一問一答をお伝えする。初日、首位は6アンダーでまわった勝みなみ(明治安田生命)、2位タイには4アンダーの菊地絵理香(フリー)、濱田茉優(伊藤園)が続く。

写真/JLPGA(公式会見動画より)

1R:70 total:-2 11位T|稲見萌寧の一問一答

Q:初日振り返って?

結果的にはアンダーでまわれてよかったなと思うんですけど、ドライバーが今日は曲がってしまったので、ラフから打つことが多く耐えることが多かった。

Q:序盤耐えながら、ショットは寄っていた?

ティショットが曲がってラフだと、グリーンに乗せたりは厳しい感じだったので、最初の方は乗らなかった。フェアウェイにいったところはアイアンで近くに寄せられたりも何回かあったので、そこでバーディしっかり取れてよかったなと思います。

Q:体調、コンディションは?

体調は問題なかったですけど、朝ちょっと寒くて動いて少したったら暑くなってきてレインウェアもきていて汗かきそうな雰囲気でした。かいてなかったですけど。笑

Q:16番、17番でスコア伸ばしたのは波に乗れた?

16番でOKバーディでそこが楽だったのと、17番のセカンドが自分の中ではうまく打てたので、そこで取れてアンダーに入れたので、気持ちは楽でしたね。

Q:パーパットも微妙な距離が何本もあった?


最初の方で1メートル、2メートル、3メートルくらいのを決められたので、大きかったなと思います

Q:スコアには満足?

自分のゴルフの内容的にはアンダー出て良かったなと思います。

Q:スタート前、どれくらいのスコアを出そうと?

雨も降っていましたし、ラフも長い、コースも長い、オーバーは打たないように頑張ろうと思っていました。なるべく耐えて耐えて。

Q:明日への改善点?


ティショットを安定させたいなと言うのが一番の課題で、とりあえずそこだけを直してあとはアプローチ、パターを練習してという感じです。

Q:ティショット曲げていたのは?


最近減っていたんですけど、今日は左に曲がっていて嫌がって右にいったりとか。メインは左に曲がったのが多かったです。

Q:これから修正?

タイミングがずれているのかわからないですけど、修正したいなと思います。そんなに悪い感じはしないんですけど。

Q:明日へ向けて?


もう少し風が吹く予報ですけど、その中でも少しでも伸ばしていければと思います。

写真/JLPGA(公式会見動画より)

稲見萌寧・強い女子プロをお手本にして苦手を克服!アイアンの成否はバックスイングで決まる!

ダフリやトップ、スライスやフックなどアイアンにありがちなミスを減らし、ラフや傾斜地、など苦手なライを克服するコツを稲...

あわせて読みたい

稲見萌寧|日本ゴルフ界初のメダリスト誕生|銀メダルよりうれしかったこと

日本ゴルフ界にとっては歴史の1ページとなる、ゴルフ競技初のオリンピックメダリストとなった稲見萌寧。試合前には松山英樹か...

あわせて読みたい

関連記事