1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 木戸愛【注目選手の一問一答】第54回 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯|第2ラウンド

木戸愛【注目選手の一問一答】第54回 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯|第2ラウンド

day2 2021/9/10 木戸愛

2021/09/10 ゴルフサプリ 編集部

木戸愛

2021年「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(静ヒルズカントリークラブ・茨城県)の第2ラウンドが終了。2アンダー・11位タイからスタートした木戸愛(ゼンリン)は、5バーディ・1ボギーの68でまわり首位と2打差、西郷真央や金澤志奈、大山志保らとともに2位タイで予選を通過。週末は冷静なプレーを心がけたいという木戸愛の一問一答をお届けする。

写真/JLPGA(公式会見動画より)

2R:68 total:-6 2位T|木戸愛の一問一答

Q:今日のゴルフを振り返って

昨日、今日と良いパッティングが決まってくれているのがすごく心強くて、ショットも良い感じでまわれているので残り2日間も今日の続きをしたいなと思っています。

Q:朝1番でのスタートでしたが、そのあたりはいかがでしたか?

気持ちよかったです。

Q:コース的にまわりやすとかはありますか?

そうですね。すごい1ホール1ホール顔があるコースなので、集中力が高まって、キャディの妹と楽しくまわれています。

Q:残り2日目に向けて意気込みを

残り2日間は父からも言われている、冷静にやり切ると言うことを自分のテーマとしてやり抜きたいなと思っています。

Q:先週はあと1打だったかと思いますが、2日目に60台を出されて何かきっかけみたいなものを掴んだ?

先週の2日目も妹と取り組んでいるパッティングの練習の成果が少しずつでき始めていいプレーができたので、今週もそれを続けて、それが初日から妹とやっていこうねと言う話で、結果もついてきているのがすごく楽しいです。

Q:メジャーに向けては上り調子?

そうですね、はい。

Q:先ほど話していたお父さんに言われている冷静にやり切ると言うのはどう言うことで言われている?

父には相談することが多いので、やっぱりチャンスがある限り、冷静にやっていたらゴルフも良くなってきているなら、いいプレーもできるから、冷静に最後まで集中してやっておいでって昨日も声をかけてもらったのですごく心強いです。

Q:妹さんと取り組んでいるパッティング練習とは具体的に?

しっかりライン読みと、出球をそこに出すと言う練習を妹と取り組んでいまして、それがいい方向に向かっているなと思っています。

Q:器具を使ったり?

80センチ先にティを刺して、それに当てる練習から始めているんですけど、それからライン読みの、ブレイクラインと言うラインに対して出球を揃える練習を反復していく中で、パッテイングが楽しめるようになってきたので、いい方向に向いているかなと思います。

Q:具体的に球数とかどれくらいの時間?

時間で言うと、夢中になると1時間くらいやれちゃうくらい大事にしていますし、ランダムな練習は妹と1 時間くらいやっているかなと言う。コースだけでなく部屋でもティに当てる練習はできるのでやったりしています。

Q:妹さんはずっとプロテストを受けてきましたが、今季はかなりキャディをやられていますが

ゴルフ競技は一回離れると言うことで、今は私のサポートをしてくれているんですけど、ずっととかはまだ全然話してはいないです。とりあえず今シーズンと言う感じ。

Q:妹さんと動くようになって感じるメリットは?

やっぱり移動だったり、食事だったり、楽しくトラベルできるのは幸せだなと思います。

Q:ご姉妹で自炊なんかもする?

していないです。でも、提案してくれた事はあったんですけど、大丈夫だよと言いました。

Q:コースに関して、距離が長くてとの意見が多いが、どのように感じているのか?

やっぱり距離は長いですし、フェアウェイに置く事は大事だと思っているので、そこへの集中力は高めるように意識しています。

Q:ショットの調子はいい?

そうですね。ゴルフ自体は良くなって、いい方向に向いていると思うので、あとは冷静に、1打に執着してやっていきたいなと思います。

Q:今年で言うとニチレイから順位的にも厳しい状況が続いていますが、そのへんはどう言う感じだったのか?

そこは本当に味わうようにしていまして、そこをやっぱり考えるよりもここからどうしようと、いい方向に持っていけるように前向きに考えていかないと思っているので、そう言うふうに考えて行動するようにしています。

Q:今年で言うとパッティングのスタッツも数字も良くないのかもしれないんですけど新しい取り組みはいつころ

ニトリレディスくらいから、その時は島中さんと言うキャディさんが担いでくださったんですけど、島中さんと話して、また妹とも電話でのやりとりで、三人で話してと言うわけではないんですけど、そこの練習に繋がっていったので、その二人の存在は大きいですね。

Q:試合が始まる前に、2日目終えてのこの位置は想像できていた?

いえいえいえ!目の前のこのホールをどうするかしか考えられていないので、でもそれがすごくよかったと思うので最後までそれでやり抜きたいなと思っています。

写真/JLPGA(公式会見動画より)

カーボンシャフト が大人気? 女子プロ の間で流行っている パター のリシャフト

リシャフトというとドライバーやアイアンを想像しがち。しかし、ここ最近の国内女子ツアーでは、パターのリシャフトが流行っ...

あわせて読みたい

関連記事