1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. 【2021】リコーカップ
  4. 【速報】稲見萌寧は11番ホール終えて1オーバー、通算イーブン「2021リコーカップ」

【速報】稲見萌寧は11番ホール終えて1オーバー、通算イーブン「2021リコーカップ」

2021/11/28 ゴルフサプリ編集部

2021リコーカップ最終ラウンド、稲見萌寧(都築電気)スタートホールをバーディとして幸先はよかったが、その後3番ホールでダブルボギー、4番、6番でもボギーとしていやな流れに。

9番、10番ホールのバーディで取り戻すも現在1オーバー

パットが悪く、良い波に乗れない稲見萌寧。1H・パー4でバーディを先行させたが、3H・パー4で3パットのダブルボギー、さらに4番でもボギーとしてしまう。6Hでまたもボギーとしていやな流れになったが、9H・パー5と10H・パー4の2連続バーディで暗雲を振り払うことができたか、11H・パー5、12H・パー3をパーでしのいでいる。

現在通算イーブン、順位は14位タイに位置している。古江が2位でホールアウトした場合、稲見が賞金女王になるには14位タイ以上の順位が必要。賞金女王のためには、あと1つ、2つスコアを伸ばしておきたいところだ。

最終組は三ヶ島かな(らんテック)が通算10アンダーで単独首位をキープ、古江彩佳(富士通)は6アンダーで単独2位。5アンダーの単独3位には小祝さくら(ニトリ)が続いている。

直近急上昇記事

関連記事