1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. 9年振りのレギュラーツアーで倉本昌弘が立てた3つの目標とは?

9年振りのレギュラーツアーで倉本昌弘が立てた3つの目標とは?

いよいよ開幕!日本男子ツアー「東建ホームメイトカップ」

2022/03/31 ゴルフサプリ編集部

ジャパンゴルフツアー国内初戦「東建ホームメイトカップ」には永久シード保持者で昨年まで日本プロゴルフ協会会長を務めた倉本昌弘が出場中。PGA主催の「日本プロゴルフ選手権」以外では2013年以来9年振りのレギュラーツアー参戦に際し、自身は3つの目標を掲げつつ、後輩の若手たちにもはっぱをかけた。

レギュラーツアーでエージシュートが目標

プロ41年目の倉本が、PGA会長職を辞したのを機に、今年はお礼行脚を兼ねてレギュラーとシニア両ツアー掛け持ちで試合に出る。

「今年1年はレギュラーツアーに出てみたいと思い、シニアメインでシニアのないときにレギュラーに出ようと思っています。過去40年でお世話になった方が各地にいらっしゃるのでお礼をして回っています」

レギュラーツアー復帰にあたり倉本は3つの目標を立てた。

「1つめは予選通過。若い人からすればロートルが出るより自分たちに譲るべきという気持ちもわかるので出るからには予選を通過したい。2つめは、あと少しでもぼくのプレーを見たいという人がいればお役に立ちたい。3つめはレギュラーツアーでエージシュートしたいですね。まだジャンボさんしかやっていませんが、私は今年のどこかで達成できればいいなと思っています」

若手の中から年間何勝もするスターが出てきて欲しい

倉本がレギュラーツアーに出るとあれば、ファン心理としてはもう一度ジャンボ尾崎とマッシー倉本の対決を見てみたい。

「ジャンボさんが出るとぼくらでもピリッとしますから。(もし実現したら)ジャンボさんはぼくとは違うので気にしないでやって欲しい。邪魔はしませんから(笑)」

ジャンボの復帰がいつになるのかはわからないが、初戦の「東建ホームメイトカップ」では若手の中でも今とびきり勢いのある木下稜介、久常涼と同じ組で2日間回ることになった。同じ土俵で戦う先輩選手として倉本はこんな言葉を贈った。

「2人の他にもチャン・キムとか星野陸也とか気になる選手はいっぱいいますが、彼らが年間何勝もしてもおかしくありません。ぼくらの時代は本当に強い選手が年間何勝もしてファンの人に印象づけた。いまは試合数が少ないし1回優勝しても間が空いて印象も薄れてしまいます。(優勝以外にも)いかに記事にしてもらうかという取り組みをすればファンはついてきます。そのためには意識を変えていかないといけません」

東建ホームメイトカップでキャッチ!これが石川遼の2022NEWセッティング

昨年の「ブリヂストンオープン」に出場して以来5ヶ月振りに国内ツアーに復帰した石川遼。オフの間は練習と並行してクラブの調...

あわせて読みたい

東建ホームメイトカップ開幕直前、昨季の雪辱期す星野陸也の意気込み

いよいよ開幕を迎えるジャパンゴルフツアー。国内初戦「東建ホームメイトカップ」を前に有力選手が今大会とシーズンに向けて...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事