1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. 渋野日向子「ブリヂストンレディス」2日目前半は2ボギー、スコアを崩す

渋野日向子「ブリヂストンレディス」2日目前半は2ボギー、スコアを崩す

ドライバー、右へのミスが目立った前半ラウンド

2022/05/20 ゴルフサプリ編集部

今週、5月19日~22日、千葉県の袖ケ浦カンツリー俱楽部袖ヶ浦コースで開催の国内女子ツアー「ブリヂストンレディス」に、参戦している渋野日向子。初日は2バーディ、4ボギーのトータル74、2オーバーの67位タイと出遅れたが、2日目の前半はどんなプレーを見せたのか?

写真/GettyImages

ショットにキレを感じない! らしくないプレーの連続

2日目のスタートは11時55分、1番パー4ホールから。昨日は多いときには500人ものギャラリーを引き連れ、「ギャラリーの多さで緊張した」と話した渋野。2日目も多くのギャラリーに見守られながらのスタートとなったが、ティショットは右サイドの深いラフへ。ボールが沈んでいる状況からのセカンドショットを余儀なくされた。途中、クラブを持ち替えたが、このショットは行ってはいけないグリーン奥へ。難しい状況からの3打目はカップを大きくオーバー。結局、これを入れられずにボギースタートとなった。

前日も手前から攻めるべきところで「欲が出てマネジメントできなかった」と話した渋野。その流れを断ち切ることができないままの2日目となった印象だ。

2番パー5のティショットは左ラフ。そこからレイアップするも、3打目を寄せきれずパー。3番パー4のティショットも右ラフにはずし、何とかパーセーブ。4番パー4も右に大きく曲げ、2打目はレイアップ。3打目で何とかグリーンをとらえたものの、距離を残し、この日2つ目のボギーとした。

5番パー3はユーティリティで狙うも、グリーンをこぼれ落ち、グリーン奥からアプローチ。アメリカの試合では、そういった状況からチップインを見せることも多かったので、期待は高まったが、強く入り過ぎて、カップをかなりオーバー。何とかパーパットをねじ込んだが、やはり、ピリッとしない印象だ。

6番パー4ではじめて、フェアウェイをとらえ、パーオンを果たしたが、かなり距離を残し、パーセーブがやっと。7番パー4でも、ティショットを左のラフに入れ、セカンドショットでグリーンをとらえられず、手前のカラーからパターで狙うも入らず、パー。

8番パー3はグリーンをとらえたものの、これもねじ込めずパー。9番パー5。唯一、セカンドショットで直ドラが狙えるホールなのだが、ここでもティショットを右ラフに打ち、直ドラを使えず、3番ウッドを使用し、フェアウェイのいいところへレイアップ。3打目はフェアウェイから残り100ヤードくらいのショットだったが、これも突っ込みきれず、距離のあるバーディパットを残し、結局パーでフィニッシュ。

ティショットは不安定。アイアンもキレがなく、ビタっとバーディチャンスにつけられない。やや精彩を欠いた印象だった前半の渋野。トータルスコアは+4。予選カットラインは+2と予測されているため、あと2つスコアを縮めなければ土日のプレーはない。後半の巻き返しに期待したい。

渋野日向子、久しぶりの日本ツアー初日は2オーバーと出遅れ

今週、5月19日~22日、千葉県の袖ケ浦カンツリー俱楽部袖ヶ浦コースで開催の国内女子ツアー「ブリヂストンレディス」に、参戦...

あわせて読みたい

ロッテ選手権で渋野日向子がチャレンジした『直ドラ』って何?

4月13日(水)~16日(土)まで、ハワイ州ホアカレイCCで行われてUSLPGAの試合「ロッテ選手権」では、渋野日向子選手が、韓国...

あわせて読みたい

マネできそう?!女子プロスイング連続写真動画特集

渋野日向子をはじめ、2020~2021年統合シーズンの女子プロを中心としたスイング連続写真を動画にしてご紹介。 注目や話題に...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事