1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 石川遼の完全復活は人生最高のドライバーにあり!

石川遼の完全復活は人生最高のドライバーにあり!

日・米ツアーの“最旬”プレーヤーは?ポイントゲッターを探せ!

2019/11/15 ゴルフサプリ 編集部

日・米ツアーの“最旬”プレーヤーを要チェック!
今回お届けするポイントゲッターのメインには完全復活を遂げた石川遼をピックアップ!

石川遼、トータルドライビングも自己最高の4位に!

米国から日本に復帰した1年目の昨年は未勝利に終わったが、今年は2試合連続優勝、10年ぶりの賞金王を狙える賞金ランク1位を独走するほど完全復活を遂げた石川遼。その10年前というのが18歳で史上最年少の賞金王になった頃だった。当時の石川はドライバーの飛距離を追求する選手で、それでも平均飛距離は290ヤード台前半だった。さらに米国ツアーに本格参戦して日本ツアーにスポット参戦していた時期はやや飛距離が落ちて、昨年も289ヤードだった。

しかし、今年は、18歳の頃より飛距離が約14ヤードも伸びて平均306ヤードになっている。さらに長年、苦しんでいたフェアウェイキープ率も自己最高の数字を出している。飛距離とフェアウェイキープ率を総合したトータルドライビングの順位も自己最高の4位につけている。では、なぜ急激にドライバーが良くなったのか? 実はここ数年、フェードボールに挑戦していた石川だが復活優勝した「日本プロ」では石川遼本来のドローボールだった。様々なスイング改造に取り組んでいた石川だが、本来のスイングと球筋を取り戻したことが好調の要因ではないだろうか。

石川 遼

1991年9月17日生まれ。15歳でツアー初勝利を挙げると16歳でプロ転向し、08年から本格的にツアーに参戦。09年には18歳で賞金王に輝いた。13年から米国ツアーに参戦するとケガも重なり、成績を出せない時期が続いた。18年から日本ツアーに復帰すると、19年は2試合連続優勝で賞金ランキング1位になっている。

18歳で賞金王の頃より約14ヤードも飛んでいた!

石川遼のドライバーデータ(2008-2019)

※上記のデータで順位表記がない13年、15年、16年、17年は出場試合数が少ないため、公式順位にカウントされないシーズン。

日・米ツアーランキング

日本ツアーランキング

米国ツアーランキング

※日・米ツアーランキングのデータは全て9月28日時点のものです。

GOLF TODAY本誌 No.569 128~129ページより

関連記事