1. TOP メニュー
  2. ゴルフ実験室
  3. グラファイトデザインのGシリーズシャフトを野村タケオが試打レポ!

グラファイトデザインのGシリーズシャフトを野村タケオが試打レポ!

グラファイトデザインのテストセンターで新しいGシリーズをテストしてみた!!

2020/07/02 ゴルフサプリ 編集部

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。

ドライバーってのは少しでも遠くに飛ばしたいわけですが(曲がらずにね)、そのためには自分に合うクラブを使うのが重要です。

ヘッドを選ぶのも重要ですが、シャフトを選ぶこともとても大事です。僕もいろいろと試打はしているのですが、なかなか自分にあうのってどういうシャフトなのか分からないんですよね。

実は今回あのグラファイトデザインさんのテストセンターでフィッティングを受けさせてもらうというありがたい機会がありました。

グラファイトデザインといえば新しい「Gシリーズ」というシャフトが発売されて、特に女子プロの使用率が上がったりしてて話題になっています。僕もめちゃ打ちたかったので、そのGシリーズをメインに試打させてもらいました!

最高の環境が整ったグラファイトデザインテストセンター

グラファイトデザインのテストセンターは埼玉県の秩父にあります。一般には開放していないのでなかなか行く機会はないのですが、今回は取材ということで特別に使わせていただきました。

プロの方が試打している写真とかで見たことはあったのですが、行ってみると予想以上に素晴らしい施設!

3ホールくらい作れるんじゃないの?ってくらいの面積があり、芝の管理もしっかりされています。当然ながら芝から打つことができるし。マジでここで一日中練習していたい~と思いましたよ。

グラファイトデザインのGシリーズってどんなシャフト?

新しいGシリーズですが、少し軽めで走り系のシャフトという噂は聞いてたんです。

グラファイトデザインといえば、シマシマ模様でおなじみのツアーADが有名ですが、男子プロの使用率が高いので、なんだかちょっとハードなイメージがあるんですよね。

でもこのGシリーズはヘッドスピード40m/s前後のゴルファー向けとのこと。これなら僕たちアマチュアおっさんゴルファーでも使いこなせるような気がします。

GシリーズにはaG33-4(40g台)とaG33-5(50g台)という2種類があります。ともにフレックスはR・SR・Sの3種類で、キックポイントは先調子。やはり噂通りの軽めの走り系シャフトのようです。

デザインはツアーADのシマシマとは違いシルバーとブラックのベースに赤い縦のラインが入っており、かなりシャープな感じになっています。

グラファイトデザインのGシリーズシャフトを試打!

僕はGシリーズの中では一番重くて硬いaG33-5のSをチョイスしました。これは58gでトルク4.7ということです。普段使っているシャフトよりは少しだけ軽くてトルクも大きいです。

ワッグルしてみるとたしかに少しだけ先目がしなるような感じがしますが、柔らかすぎるとか軽すぎるような感じはしませんね。

さっそく1発打ってみましたが、僕は初めて打つクラブやシャフトって1発目がかなり重要だと思っています。これはクラブフィッターの鹿又芳典さんも言っていましたが、1発目は自分が感じたままに打てるので本当にそのクラブが自分のスイングに合っているのかが分かるんです。

何発も打っているとだんだんとクラブに合わせて上手く打てるようにスイングするようになってしまうんですよね。なので、1発目にどういう球が出るかってのが大事なんです。

で、Gシリーズでの1発目は・・・ほぼ真っすぐで捕まっためちゃいい球でした!トラックマンの数値的にも250ヤード弱飛んでたし、とても強そうな球。これは間違いなく僕に合ってますね。

ヘッドスピードが上がるシャフトっす!

その後も何発か打ちましたが、ほぼ大きな曲がりもなく捕まりのいい球が打てました。250ヤードを超えるショットも何発か出て僕的には大満足。

実は先が走るという話だったので、引掛けみたいな球が出るのではないかと心配してたのですが、そんな気配は無く、適度な捕まり感。

先調子ということですが、切り返しで手元側の硬さを感じるわけでもなく、思ったよりタイミングよく切り返せてインパクトあたりで先が少し走って捕まえてくれるようなイメージ。僕は手元が硬いと切り返しで無駄な力が入ってしまいミスショットになりやすいのですが、これはそんなことがなかった。

もう一つ、先調子というと少しスピン量が多めになるのかなとも思いましたが、スピン量多めの僕が(最近は以前よりずいぶん減りましたが)2000rpm~2500rpmくらいのスピン量で安定していたのでかなり満足です。

そして一番このシャフトで驚いたのはヘッドスピードが確実に1m/sは上がること。

自分のシャフトで打ったときはヘッドスピードが42m/sあたりだったんだけど、Gシリーズだと43m/sを切らないんです。シャフトを変えただけでヘッドスピードが上がるということは飛距離も伸びるわけですから、これは本当にありがたい。

ツアーADも打ってみましたよ

もちろん他にもツアーADシリーズのシャフトを何種類か打たせてもらいました。フィッターの方が選んでくれたものを3種類くらい打ちましたが、やはりあまり手元が硬いものは僕には合わないようでショットがバラつきました。

その中でもツアーAD IZはなかなかいい球が打てたのですが、Gシリーズほどのヘッドスピードが出ないんです。ほぼ同じ重量でテストしているのに、やはりヘッドスピードが43m/sには届かない。これはGシリーズのシャフトがヘッドスピードを上げてくれているってことなんでしょうね。

正直、今回のフィッティングではツアーADシリーズのどれが一番自分に合うのかってのを楽しみにしていたのですが、自分のフィーリング的にも数値的にも完全にGシリーズがピッタリという結果になりました。

グラファイトデザインのGシリーズシャフトはどんな人におすすめ?

ヘッドスピード40m/s前後のゴルファー向けに開発されているとのことなので、一番ハードなaG33-5のSでヘッドスピード42~43m/sくらいまでのゴルファーでしょうか。

一般的な成人男性のゴルファーにはちょうどいい感じだと思います。40g台のRとかもあるので一般女性ゴルファーにもいいでしょうね。

ヘッドスピードが上がって、楽に捕まってくれるので飛距離を伸ばしたいゴルファーにはおすすめだし、スライサーにもいいでしょう。走り系ですがそこまで先がビュンっと行ってしまわないので、ドローヒッターでも使えると思います。

ただゴリゴリのチーピン持ちの人にはダメでしょうね。叩いていっても頼りなさはまったくないし、スッと軽めに振っても振りやすいのでスイングタイプは選ばないような気がします。

女子ツアーでも大西葵プロ、松森彩夏プロ、木村彩子プロがすでに使っているそうなので、今シーズンの活躍に期待できそうです。他にもテスト中のプロがいるそうなので、テレビでGシリーズシャフトを見かける機会も多くなるんじゃないでしょうか。

さっそく僕も試打結果の良かったaG33-5 Sを注文したので、かっ飛ばしたいと思います。

新型コロナウィルスの影響で自粛されていた試打会も各地で少しずつ再開されているようなので、グラファイトデザインのウェブサイトでチェックして一度打ってみることをおすすめします。いい意味でいままでのグラファイトデザインのイメージが変わると思いますよ。

<取材・文>ゴルフバカイラストレーター 野村タケオ


野村タケオの記事をもっと読む

 一覧へ

関連記事