1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. メンタル
  4. ゴルフお悩みレッスン「球がつかまらず、 特にロングアイアンで ミスが出てしまいます……」

ゴルフお悩みレッスン「球がつかまらず、 特にロングアイアンで ミスが出てしまいます……」

連載「われらアマチュアお助け隊」【第24回】

2020/12/23 ゴルフサプリ 編集部

巷で人気の個性豊かなティーチングプロが、ワンポイントに絞ったレッスンで、アマチュア読者のお悩み解決に挑む!

ゴルフトゥデイ本誌578号/128〜131ページより

今月のアマチュア|木村さんのお悩みは…… 。

今月のアマチュア
木村宜正さん
ゴルフ歴/29年
ハンデ/8
スポーツ歴/アメフト
球種/フェード
好きなクラブ/ドライバー
好きなプロ/リッキー・ファウラー

木村さんのお悩み
「球がつかまらず、特にロングアイアンでミスが出てしまい、精度が安定しません」

今月のお助け隊員|志賀友香プロ

アイアンショットの精度が安定しないと悩む木村さんのスイングを見てみよう

木村さんのスイング
「テークバックで右へ、フォロースルーで左へ、流れている下半身に的を絞って修正しましょう」(志賀友香プロ)

テークバックで下半身を右サイドへ流さない!

写真 左)テークバックで右ヒザが折れて下半身が右サイドに流れていますが……。
写真 右)打点を安定させるには、右ヒザは伸ばし横への動きを抑える!

インパクトでも左ヒザを折らず下半身の横への動きを抑える!

写真 上)クラブを下ろしてくると、今度は逆に左サイドへ下半身が流れていますが……。
写真 下)左ヒザを正面に向けたまま左サイドに流さず我慢して球を打つ!

『主な原因は』ココだ!!

クラブの動作につられるように、テークバックでは右足が右サイドへ、インパクトで左足が左サイドへ、横方向に流れてしまう動きが、ショットのブレにつながっていたんです!

ワンポイント・LESSON

Point!
右足のくるぶしのラインから右ヒザや右腰がはみださない!右サイドにラインを想定してテークバックしてみましょう!

右ヒザを伸ばすことでサイドに流れる動きを抑えられるんです!

写真 上)右ヒザが折れていると横方向に流れがちですが……。右ヒザを伸ばせば横方向に流れない!
写真 下)右ヒザが折れて前に突き出ているとNG! 前に出るのは左ヒザのみ! 右ヒザは伸ばしましょう。

インパクトで左腰は、横ではなく後ろへ引く!

写真 左)球を打ちに行く意識が強いと左腰が横に流れがちに。
写真 右)その場で回転する意識に変えれば左腰を後ろに引ける!

木村さんのスイング【Before】
下半身が左へと流れて弱く不安定だったインパクトが……。

木村さんのスイング【After】
下半身が安定して力強く球がつかまるインパクトに!

ミス撲滅のための[お助けドリル]|その場で足踏みドリル

クラブを持たず、テークバックで右ヒザを伸ばし、左ヒザを前へ。フォロースルーでは逆に、左ヒザを伸ばして右ヒザを前に。その場で足踏みをするかのように動かしてみることで、下半身を横に流さない動作を覚えられますよ!

「下半身を左右に流さないコツを教えてもらいアイアンショットが
確実に安定しました! 」(木村さん)

志賀友香

『アメリカ仕込みの最新理論 優しく簡単な指導が評判』
小学生からゴルフを始め、日大ゴルフ部を経てプロに。日本では数少ないアメリカLPGAのティーチング&クラブプロフェッショナル(T&CP)会員。2019年にはT&CPレベル2に合格した本格派。最新理論と科学を織り交ぜつつ、一人ひとりに合ったスイングとスタイルを提案する。

協力/エースゴルフクラブ赤坂


われらアマチュアお助け隊 ゴルフお悩みレッスン!

 シリーズ一覧へ

関連記事