1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. スリクソン ユーティリティおすすめ2選|価格・スペック徹底比較

スリクソン ユーティリティおすすめ2選|価格・スペック徹底比較

2021/01/08 ゴルフサプリ編集部

世界を舞台に活躍する松山英樹選手をはじめ、国内外のツアープロたちの多くに支持されているブランド「スリクソン」。勝負にこだわるアグレッシブなプレーヤーに向けて商品開発を行い、最新テクノロジーの搭載で、向上心あふれるプレーヤーのポテンシャルを最大限に引き出すクラブを生み出しています。そんなスリクソンのユーティリティ2機種を紹介します。

スリクソン ユーティリティの特徴とおすすめポイント

「SRIXON(スリクソン)」のネーミングは、社名である住友ゴム工業「Sumitomo Rubber Industries」の略「SRI」に、未知の可能性を表す「X」、さらに「GO ON(進み続ける)」の「ON」を掛け合わせてつけられたものとのこと。国内外のツアープロに支持されるブランドです。

そんなスリクソン ユーティリティは、現在「ZX ハイブリッド」と「ZX ユーティリティ」の2機種をラインアップしています。「ZX ハイブリッド」は、その名の通り、ウッド系とアイアン系の双方の特徴を融合させたモデル。ドライバーやフェアウェイウッドと同様に新構造「REBOUND FRAME(リバウンド フレーム)」を採用し、大きなたわみで高い反発性能をもたらし、飛距離を出します。一方「ZX ユーティリティ」はアイアン形状のユーティリティ。ウッド系ユーティリティが苦手というプレーヤーに飛距離をもたらします。

まったく異なる2機種なので、自身のプレースタイルに合わせて選びやすくなっています。

【関連】ユーティリティおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

スリクソン ユーティリティの選び方|ウッドとアイアン、どちらが得意か、プレースタイルの違いで選ぶ

スリクソンのユーティリティは、ウッド形状とアイアン形状の2機種をラインアップしています。ウッドが苦手という人は、アイアン形状の「ZX ユーティリティ」。とにかく、安定して飛距離が欲しいという人はウッド形状の「ZX ハイブリッド」がおススメです。

ウッド形状の「ZX ハイブリッド」は大きな飛距離と寛容性が魅力のモデル。しっかりと球をつかまえて、高弾道で直進性の高いボールが打てます。「ZX ユーティリティ」は、アイアンの流れで使えるユーティリティです。きっちりと打ち込んで、吹け上がりのない強い弾道で飛ばせ、点で狙っていけます。

ウッド、アイアン、形状の好き嫌いで選ぶ

スリクソンのユーティリティは、形状が大きく異なるので自分の得手不得手で選ぶのがいいでしょう。

「ZX ハイブリッド」は、フェアウェイウッドからの流れで使いやすい形状です。ドライバーやフェアウェイウッドと同様に4層構造の「REBOUND FRAME」を採用し、フェースを効率的にたわませることで、反発力を高めて飛距離を出しています。

「ZX ユーティリティ」は、アイアンからの流れで使いやすいユーティリティです。ウッド系が苦手というプレーヤーが扱いやすく、フェース周辺に配置した「スピードグルーブ」と打点分布に合わせた「最適フェース肉厚分布設計」の「MAINFRAME」が大きなたわみを生み出し、鋭い飛び出しでボールスピードを高め、飛距離を出します。

他のクラブとのバランスを考え、ロフト設定で選ぶ

「ZX ハイブリッド」は、19度、22度、25度、28度と4つのロフトをラインアップしています。多めのロフト角もあるので、アイアンよりも楽に飛距離を稼ぎたいと考えるプレーヤーがセッティングに加えやすくなっています。フェアウェイウッドよりはフェースプログレッションを小さくして、方向性を出しやすいオーソドックスな形状で、ターゲットを狙いやすくなっています。

「ZX ユーティリティ」は、18度、20度、23度をラインアップしています。3番、4番といったロングアイアンの代わりにセッティングに加えやすい設定で、ロングアイアンよりは球を上げやすく、しっかりと飛距離が出せるやさしさがあります。

スイングタイプや打ちたい弾道で選ぶ

アイアン形状の「ZX ユーティリティ」は、ダウンブローに打ち込めるパワーのあるプレーヤーが扱いやすいと感じさせるモデルです。打ち込んでも、球が吹け上がることなく、力強い弾道で前へと飛ばします。構えやすいコンパクトな形状ながら、タングステンの複合と軽量フェースの効果で安定した弾道でピンを狙っていけます。

「ZX ハイブリッド」は、高い弾道でグリーンを狙っていきたいと考えるプレーヤーにおススメのウッド系ユーティリティです。フェースプログレッションを小さめにして、アイアン感覚でアドレスしやすくしていますが、重心深度は深く、抜けのいいソール形状でライを選ばずに、しっかりと球を浮かせることができます。

スリクソン ユーティリティおすすめモデル【初心者から上級者向けまで】

2020年12月時点で販売されているスリクソンのおすすめユーティリティを紹介します。ユーティリティは現行モデルで2機種あります(※女性用および左用モデル除く)。まったく性格が異なる2機種なので、好みで選びやすくなっています。

スリクソン ZX ハイブリッド

スリクソン ZX ハイブリッド

ウッド形状のユーティリティ「ZX ハイブリッド」は、ドライバーとフェアウェイウッドと同様に剛性の高いエリアと低いエリアを交互に配した4層構造の「REBOUND FRAME」を採用し、高い反発性能を発揮してボール初速をアップ。大きな飛距離に結びつけます。ステップ形状のクラウンで重心を最適化。深く低い重心をかなえ、高い打ち出しと安定したスピンの高弾道ボールでグリーンを狙えます。

フェースプログレッションを小さくして、アイアン感覚で構えやすく、トゥ側の輪郭を直線的にすることで、アドレス時にフェースの向きや弾道をイメージしやすく、方向性を出しやすいオーソドックスな形状も特徴です。

クラブ名スリクソン ZX ハイブリッド
長さ●Diamana ZX for HYBRID
#3/40.25インチ
#4/39.75インチ
#5/39.25インチ
#6/38.75インチ

●N.S.PRO950GH DST・N.S.PRO950GH neo
#3/39.75インチ
#4/39.25インチ
#5/38.75インチ
#6/38.25インチ
重量/バランス●Diamana ZX for HYBRID
#3/S:約344g/D1
#4/S:約349g/D1
#5/S:約354g/D1
#6/S:約358g/D1

●N.S.PRO950GH DST(S)
#3/S:約388g/D2
#4/S:約393g/D2
#5/S:約399g/D2
#6/S:約405g/D2

●N.S.PRO950GH neo(S)
#3/S:約389g/D3
#4/S:約394g/D3
#5/S:約400g/D3
#6/S:約406g/D3
ロフト角#3/19度
#4/22度
#5/25度
#6/28度
ライ角#3/57.5度
#4/58度
#5/58.5度
#6/59度
ヘッド素材フェース:HT1770鋼鍛造
ボディ:マレージング鋼ロストワックス精密鋳造
ヘッド体積#3/110㎤
#4/108㎤
#5/103㎤
#6/101㎤
シャフトDiamana ZX for HYBRID(S、R)
N.S.PRO950GH DST(S、R)
N.S.PRO950GH neo(S、R)
価格●Diamana ZX for HYBRID(S、R)
1本:34,000円+税

●N.S.PRO950GH DST(S、R)
1本:30,000円+税

●N.S.PRO950GH neo(S、R)
1本:31,000円+税

価格詳細 > スリクソン ZX ハイブリッド公式サイト

スリクソン ZX ユーティリティ

スリクソン ZX ユーティリティ

アイアン形状のユーティリティが「ZX ユーティリティ」です。フェースの裏側、周辺部に配した「スピードグルーブ」と打点分布に合わせた「最適フェース肉厚分布設計」の「MAINFRAME」が大きなたわみを生み出し、鋭い飛び出しでボールスピードアップさせ、大きな飛びをもたらします。

構えやすいコンパクトな形状ながら、タングステンの複合と軽量フェースで理想的な重心設定をかなえ、安定した弾道でピンを狙っていけます。パワフルにしっかり打ち込んでも、球が吹け上がることなく、力強い球筋をかなえてくれるユーティリティです。

クラブ名スリクソン ZX ユーティリティ
長さ●Diamana ZX for UTILITY
#2/40.25インチ
#3/39.75インチ
#4/39.25インチ

●N.S.PRO950GH DST・N.S.PRO950GH neo
#2/39.75インチ
#3/39.25インチ
#4/38.75インチ
重量/バランス●Diamana ZX for UTILITY
#2/S:約346g/D0
#3/S:約351g/D0
#4/S:約356g/D0

●N.S.PRO950GH DST(S)
#2/S:約386g/D1
#3/S:約392g/D1
#4/S:約398g/D1

●N.S.PRO950GH neo(S)
#2/S:約385g/D1
#3/S:約391g/D1
#4/S:約397g/D1
ロフト角#2/18度
#3/20度
#4/23度
ライ角#2/60度
#3/60度
#4/60.5度
ヘッド素材フェース:クロムバナジウム鋼鍛造、レーザーミーリング加工
ボディ:軟鉄(S20C)+タングステンニッケルウエイト鍛造
ヘッド体積
シャフトDiamana ZX for UTILITY(S、R)
N.S.PRO950GH DST(S、R)
N.S.PRO950GH neo(S、R)
価格●Diamana ZX for UTILITY(S、R)
1本:31,000円+税

●N.S.PRO950GH DST(S、R)
1本:27,000円+税

●N.S.PRO950GH neo(S、R)
1本:28,000円+税

価格詳細 > スリクソン ZX ユーティリティ公式サイト

スリクソン ユーティリティおすすめモデル価格比較表

これまで紹介してきたスリクソン ユーティリティ2機種の価格比較表を紹介します。ヘッド構造の違いで価格にも差が出てきています。

ユーティリティ価格
スリクソン ZX ハイブリッド●Diamana ZX for HYBRID(S、R)
1本:34,000円+税

●N.S.PRO950GH DST(S、R)
1本:30,000円+税

●N.S.PRO950GH neo(S、R)
1本:31,000円+税
スリクソン ZX ユーティリティ●Diamana ZX for UTILITY(S、R)
1本:31,000円+税

●N.S.PRO950GH DST(S、R)
1本:27,000円+税

●N.S.PRO950GH neo(S、R)
1本:28,000円+税

スリクソンのユーティリティはタイプの異なる2機種なので選びやすい

スリクソンのユーティリティは、ウッド形状「ZX ハイブリッド」とアイアン形状の「ZX ユーティリティ」がラインアップされています。見た目もタイプもまったく異なる2機種なので、ゴルファーの好みに合わせて選びやすくなっています。

自分がユーティリティにどんな性能を望んでいるのかを考え、より扱いやすいモデルを選ぶとスコアメイクがしやすくなると思います。

どちらも、ツアープロたちがシビアな状況で使っているモデルなので、スコアメイクに直結する扱いやすさも魅力です。

直近急上昇記事

関連記事