1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 【2022年】アイアン型ユーティリティおすすめ人気ランキング10選

【2022年】アイアン型ユーティリティおすすめ人気ランキング10選

2022/05/09 ゴルフサプリ編集部

アイアン型ユーティリティ

この記事では、ゴルファーに人気のアイアン型ユーティリティおすすめ10選をランキング形式で紹介します。

アイアン型ユーティリティとウッド型の違いやアイアン型ユーティリティを打つコツ、アイアン型ユーティリティが向いている人、また選び方など詳しく説明します。

アイアン型ユーティリティを購入予定の方は、ぜひ参考にしてください。

※ランキングは「Amazon アイアン型ユーティリティ/ユーティリティアイアン レビューの評価順」データを参考

[目次]

アイアン型ユーティリティとは?

アイアン型ユーティリティ

アイアン型ユーティリティとは、形状をアイアンに限りなく近づけながら、ロングアイアンよりも球が上がりやすく、キャリーが出るように設計されたユーティリティクラブのことです。ヘッド構造はヘッド内部が空洞になっている中空構造です。

ロングアイアンよりも重心を深く、低く設計されているので、上級者向けやパワーのあるアスリート向けのアイアンよりと比べれば、球が上がりやすく、球のつかまりもよくなっています。

また、ロングアイアンの延長にあるクラブとして使用されるため、ある程度の操作性も備えています。普段から弾道の高さや球筋を上下左右に打ち分けられるレベルのゴルファーであれば、モデルによって多少の違いはありますが、球筋の打ち分けも可能です。

ここまで読んでいただければおわかりかと思いますが、アイアン型ユーティリティの中には『ロングアイアンが打てることが前提』となっているモデルが多数存在します。具体的にいえば、『普段から5番アイアンがバッグに入っていて、その飛距離は170〜180ヤード前後。だけど、もう少しやさしさがほしい』こんなゴルファーが使用を検討すべきクラブです。

ですが、ここ数年のアイアン型ユーティリティの進化は素晴らしく、明らかにロングアイアンよりもやさしいと感じさせるモデルが増えています。普段から5番アイアン以上のロングアイアンを使用しているゴルファーであれば、購入を検討してもいいでしょう。

アイアン型ユーティリティの基礎知識

  • アイアン型/ウッド型ユーティリティの違い
  • アイアン型ユーティリティの打ち方のコツ
  • アイアン型ユーティリティはアマチュアや初心者に必要?

アイアン型/ウッド型ユーティリティの違い

ユーティリティにはウッド型とアイアン型の2つのタイプがあります。両方ともウッドとアイアンの間の距離を打ち分けるクラブという位置づけではありますが、形も個性もそれぞれ違っています。

まず形ですが、ウッド型ユーティリティはウッドに近い形状ですが、長さはウッドよりも短く、ヘッド体積(ヘッドの大きさ)も小さくなっています。ウッド型はフェアウェイウッドのサイズダウン版のようなクラブなので、アイアンよりも飛距離が出やすく、ロングアイアンよりもボールが上がりやすいのが特徴です。

アイアン型は、先に述べたように“大き目の中空アイアン”といった見た目で、ウッド型と比べればアイアンに近い性能です。ウッド型ほどではありませんが、ロングアイアンよりは球が上がりやすく、飛距離が出やすいのが特徴です。

そのためアイアン型ユーティリティはもともとロングアイアンを使っている人が、もう少しやさしく170〜180ヤードを打ちたい、もしくはパワーのあるゴルファーが200ヤード前後の距離からグリーンを狙い打ちたい、といった時に購入を検討するクラブです。

アイアン型ユーティリティの打ち方のコツ

アイアン型のユーティリティの打ち方に特別なコツはいりません。強いて言えば、ロングアイアンよりも飛びやすい、上がりやすいからといって“緩まないこと”です。ロングアイアンを打つ時と同様、しっかりとインパクトしてください。

逆に、「飛ばそう!」「高い弾道を打とう!」と気負ってしまうのもいけません。ちょっと肩に力が入っているなと感じたら、アドレス時に猫背になっていないか確認しましょう。猫背になっていると、スイング中に大きく上下動しやすくなるのでダフリもトップも出やすくなります。軽く背筋を伸ばして、アドレスするように心がけましょう。

「うまく当たるかな?」という不安がよぎったときは、指2〜3本分くらいグリップを余らせて、クラブが短くなるように握りましょう。その際、ボールとの距離感を調整することを忘れずに。クラブを少し短く握ることで、確実にミートしやすくなります。

アイアン型ユーティリティはアマチュアや初心者に必要?

アイアン型ユーティリティを使う目的は、ロングアイアンよりもやさしく飛距離と高さを出すためであり、そもそもロングアイアンを使わない人にはアイアン型ユーティリティはあまりおすすめできません。

そもそもロングアイアンを使っていないという人は、ウッド型のユーティリティや7〜11Wといったショートウッドをセッティングに加えることを考えたほうがいいでしょう。

アイアン型ユーティリティの選び方

アイアン型ユーティリティ,選び方

次はアイアン型ユーティリティを選ぶ時に、注意したい点です。アイアン型ユーティリティはヘッド形状、番手(ロフト角)、シャフトに注目して選ぶことが大切です。それぞれのポイントを詳しく説明していきましょう。

アイアン型ユーティリティの選び方

  • アイアン型ユーティリティはヘッド形状で見分ける
  • アイアン型ユーティリティは番手ではなくロフト角で選ぶ
  • アイアン型ユーティリティのシャフト、スチールは上級者向け

アイアン型ユーティリティはヘッド形状で見分ける

ここで解説しているアイアン型ユーティリティは、限りなくアイアンに近いヘッド形状のユーティリティについてです。実際、アイアン型ユーティリティといえば、そうしたモデルが主となります。

これらはアイアンに形状が近いほど「難しい」と思っておいて間違いありません。そして、ヘッドサイズが大きく、ソール幅が広くなるほどアイアン型ユーティリティの中でも「やさしめ」と覚えておきましょう。

ですが、タラコのような形状をして、構造がウッドに近いヘッド形状のものもアイアン型ユーティリティと呼ぶことがあります。ここが初心者だけでなく、一般的なゴルファーにとってもわかりにくい点です。

そこで、以下のように認識しておくとシンプルでわかりやすいのでおすすめです。

ポイント

  • アイアンに限りなく近いヘッド形状のユーティリティが、ある程度のヘッドスピードが必要なアイアン型ユーティリティ。ここでご紹介、解説しているヘッド形状のものです。
  • タラコのようなヘッド形状のユーティティが、アイアンよりも球を上げやすく、飛距離が出やすいやさしさを備えたアイアン型ユーティリティ
    ※一般的にはウッド型ユーティリティと言われており、単にユーティリティと言われることも多いです。

ショップの店員さんが、ユーティリティ(ウッド型)とアイアン型ユーティリティを混同して説明するようなことはないと思いますが、稀にヘッドサイズが小さめのウッド型ユーティリティをアイアン型と呼ぶ人もいるので覚えておきましょう。

アイアン型ユーティリティは番手ではなくロフト角で選ぶ

アイアン型ユーティリティは「2番」「3番」「4番」という3つの番手をラインナップしているモデルがほとんどです。プロ・上級者向けモデルでは「2番」もしくは「3番」だけというふうに番手ラインナップがひとつという場合もあります。

それぞれの番手のロフト角は、一般的に「2番/17〜19度」「3番/20〜22度」「4番/22〜25度」というように設定されています。メーカーやモデルによって、同じ「2番」でもロフト角が17度だったり、19度だったりします。そのため、購入の際には必ずロフト角を確認してください。

さて、自分に合ったロフト角の選び方だが、そもそもロングアイアンの代わりに使うということを思い返してもらえれば、何も難しいことはない。仮に5番アイアンの代わりということであれば、ロフト角22〜25度の「4番」を選べばいい。5番アイアンと5番ウッドの間を埋める距離が必要なら、20〜22度の「3番」ということになる。

初めてアイアン型ユーティリティを購入するという人は、ロフト角を選ぶ前に、まずお目当てのモデルが“どんなアイアン型ユーティリティなのか?”を知っておくことが大事です。上がりやすさを求めているのに、見た目がかっこいいからといってプロ・上級者向けを選んでいては本末転倒です。クラブ選びは、1にクラブの性能(特徴)、2にスペックです。

また、ロフト角の設定から、アイアン型ユーティリティの性能が「難しめ」なのか「やさしめ」なのかということは測れません。たとえば、「2番のロフト角が19度。ほかに比べてロフト角の設定が大きめだからやさしい」というふうにはなりません。ロフト角が大きめの設定だったとしても、それなりのヘッドスピード(45m/s以上)を要求されるヘッド構造であれば、それは上級者向けのアイアン型ユーティリティということになります。

アイアン型ユーティリティのシャフト、スチールは上級者向け

アイアン型ユーティリティのシャフトはスチールとカーボンの2種類がありますが、初めてアイアン型ユーティリティを購入される人の多くは、「どっちがいいんだろう?」と悩むポイントです。

まず、アイアン型ユーティリティに「上がりやすさ」「打ちやすさ」を求めるのなら、断然カーボンシャフトがおすすめです。また、ドライバーのヘッドスピードが40m〜43m/sくらいだと、スチールシャフトの種類によってはややオーバースペックになります。目安として覚えておきましょう。

スチールシャフトを選ぶべき人は、まずヘッドスピードが45m/s以上はほしいところです。また、技術的には5番アイアン(ロングアイアン)を打ちこなせる腕前であることも、必須の条件と言えるでしょう。スイングタイプによって、またはスチールシャフトの選び方によっては前述した条件に関係なく、スチールシャフトを選択してもいい場合もありますが、しっかりとしたフィッティングを行って選択と決断をするべきです。

ドライバーが200ヤード飛ばない。病気持ち、週一練習。でも、80前後平均スコアでラウンドできる

エージシューターとは1ラウンド(18ホール)のゴルフで 自分の年齢以下のスコアを出したゴルファーのこと。生涯で達成できる...

あわせて読みたい

アイアン型ユーティリティおすすめ人気ランキング10選

以下では、ゴルファーに人気のアイアン型ユーティリティおすすめ10選をランキング形式で紹介します。

アイアン型ユーティリティおすすめ人気ランキング

  • 1位:プロギア NEW egg i+ ユーティリティ
  • 2位:スリクソン Z U85 ユーティリティ
  • 3位:ピン G425 クロスオーバー
  • 4位:スリクソン ZX ユーティリティ
  • 5位:スリクソン Z U65 ユーティリティ
  • 6位:ミズノ Mizuno Pro FLI-HI
  • 7位:本間ゴルフ TW-U(2019年モデル)
  • 8位:フォーティーン HI-877 ユーティリティ
  • 9位:タイトリスト U510 ユーティリティアイアン
  • 10位:テーラーメイド SIM DHY

アイアン型ユーティリティおすすめ1位:プロギア NEW egg i+ ユーティリティ

プロギア NEW egg i+ ユーティリティ

プロギア NEW egg i+ ユーティリティ

やさしい飛び系アイアンとセットで使うことを想定した番手ラインアップです。バックフェースグルーブ搭載の薄肉フェースとフェース下部とソール部の薄肉化でアマチュア平均実打点も大幅に反発性能をアップさせています。

ヘッドはマレージング中空構造で深重心(GR:12.5mm)と垂直重心高さ20mmの低重心を同時に実現。アイアン形状で方向性も出しやすく、圧倒的な低重心と高初速設計でウッド系ユーティリティが苦手な方におすすめなやさしく上がって飛ぶユーティリティです。

メーカープロギア(PRGR)
クラブ名プロギア NEW egg i+ ユーティリティ
長さ●M-43 (S)/M-40 (SR)/M-37 (R)
#4:40インチ
#5:39.5インチ
#6:39インチ

●M-35 (R2)
#4:-
#5:39インチ
#6:38.5インチ

●SOFT STEEL M-40 (SR)/SOFT STEEL M-37 (R)/N.S.PRO 950GH neo (S)
#4:39.5インチ
#5:39インチ
#6:38.5インチ
重量/バランス●M-43 (S)
#4:325g/D0.5
#5:329g/D0.5
#6:333g/D0.5

●M-40 (SR)
#4:323g/D0
#5:326g/D0
#6:331g/D0

●M-37 (R)
#4:321g/D0
#5:325g/D0
#6:329g/D0

●M-35 (R2)
#4:-
#5:324g/C7.5
#6:328g/C7.5

●SOFT STEEL M-40 (SR)/SOFT STEEL M-37 (R)
#4:357g/D1
#5:362g/D1
#6:368g/D1

●N.S.PRO 950GH neo (S)
#4:371g/D1.5
#5:376g/D1.5
#6:382g/D1.5
ロフト角#4:21度
#5:23度
#6:25度
ライ角#4:60度
#5:60.5度
#6:61度
ヘッド素材フェース:マレージング鋼(Custom455)
ボディ:マレージング鋼(AM355P)
シャフトM-43 (S)
M-40 (SR)
M-37 (R)
M-35 (R2)
SOFT STEEL M-40 (SR)
SOFT STEEL M-37 (R)(特注品)
N.S.PRO 950GH neo (S)
価格33,000円
公式サイトプロギア(PRGR)公式サイト

アイアン型ユーティリティおすすめ2位:スリクソン Z U85 ユーティリティ

スリクソン Z U85 ユーティリティ

スリクソン Z U85 ユーティリティ

アイアンの操作性を残しながら、ミスへの強さ、球の高さを追求したクラブです。バックフェース下部を厚めにすることでアイアンの形状を保ちながら重心を最適な位置に配置しています。ソールの接地面積を変えずに抜けのよさを確保しながらソール幅を広くしたことで慣性モーメントがアップし、安定性が向上。

軟鉄鍛造製ならではの優れた打感と、中空構造ならではの高弾道を実現。フェースレーザーミーリングによりラフからでも安定したスピン性能を発揮できます。

メーカーダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業
クラブ名スリクソン Z U85 ユーティリティ
長さ●Miyazaki Mahana カーボンシャフト
●Miyazaki for UTILITY カーボンシャフト
#2:40.25インチ
#3:39.75インチ
#4:39.25インチ
#5:38.75インチ
#6:38.25インチ

●N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
#2:39.75インチ
#3:39.25インチ
#4:38.75インチ
#5:38.25インチ
#6:37.75インチ
重量/バランス●Miyazaki Mahana カーボンシャフト
#3(S):353g/D1

●Miyazaki for UTILITY カーボンシャフト
#3(S):364g/D1

●N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
#3(S):393g/D1
ロフト角#2:18度
#3:20度
#4:23度
#5:26度
#6:29度
ライ角#2:59.5度
#3:60度
#4:60.5度
#5:61度
#6:61.5度
ヘッド素材フェース:クロムバナジウム鋼
ボディ:軟鉄(S20C)
シャフトMiyazaki Mahana カーボンシャフト
(S/R)

Miyazaki for UTILITY カーボンシャフト(S/SR)
※受注生産

N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト(S/R)
価格●Miyazaki Mahana カーボンシャフト
30,800円

●Miyazaki for UTILITY カーボンシャフト
30,800円

●N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
27,500円
公式サイトダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業公式サイト

スリクソン ユーティリティおすすめ2選|価格・スペック徹底比較

世界を舞台に活躍する松山英樹選手をはじめ、国内外のツアープロたちの多くに支持されているブランド「スリクソン」。勝負に...

あわせて読みたい

アイアン型ユーティリティおすすめ3位:ピン G425 クロスオーバー

ピン G425 クロスオーバー

ピン G425 クロスオーバー

アイアンの操作性とハイブリッドの寛容性を求める方向けのクラブです。コンパクトなヘッドは究極の重量周辺配分によりミスヒットに強い設計へと進化しています。ヘッド内部に心地良い打球音を生み出す新サウンドリブ搭載。

前作より約7%薄く設計された極薄で高強度のマレージングC300フェースと、PING独自の中空構造の組み合わせが強弾道で最大のキャリーを生み出します。疎水性の高いハイドロパールステルス仕上げにより、全天候で安定したスピン量を可能にしています。

メーカーピンゴルフジャパン(PING)
クラブ名ピン G425 クロスオーバー
長さ●カーボンシャフト
#2:40.38インチ
#3:39.75インチ
#4:39.13インチ

●スチールシャフト
#2:39.88インチ
#3:39.25インチ
#4:38.63インチ
重量/バランス
ロフト角#2:18度
#3:20度
#4:22.5度
ライ角#2:58.1度
#3:59度
#4:59.9度
ヘッド素材フェース:FORGEDマレージング鋼C300
ボディ:17-4ステンレススチール
シャフトカーボン:
ALTA J CB SLATE(R/SR/S/X)
ALTA DISTANZA BLACK 40(R)
PING TOUR 173-85(R/S/X)
TENSEI CK Pro Orange(80S)

スチール:
AWT 2.0 LITE(R/SR/S)
N.S.PRO 950GH neo(R/S)
N.S.PRO MODUS³ TOUR 105(R/S/X)
N.S.PRO MODUS³ HYBRID(S)
価格●ALTA J CB SLATE
●ALTA DISTANZA BLACK 40
●PING TOUR 173-85
39,600円

●AWT 2.0 LITE
●N.S.PRO 950GH neo
●N.S.PRO MODUS³ TOUR 105
35,200円

●TENSEI CK Pro Orange
●N.S.PRO MODUS³ HYBRID
48,400円
公式サイトピンゴルフジャパン(PING)公式サイト

PING G425クロスオーバー試打評価|高橋良明が本気レビュー

ロングアイアンの距離をどんなクラブでカバーするかはクラブセッティングで一番の悩みどころです。ここ最近、選択肢の増えて...

あわせて読みたい

アイアン型ユーティリティおすすめ4位:スリクソン ZX ユーティリティ

スリクソン ZX ユーティリティ

スリクソン ZX ユーティリティ

シャープなシルエットの中空構造アイアンです。高初速による力強い大きな飛びと優れた操作性を両立させています。フェース周辺に配置した「スピードグルーブ」と打点分布に合わせた「最適フェース肉厚分布設計」の「MAINFRAME」が大きなたわみを生み出し、鋭い飛び出しでボールスピードをアップさせています。

S20C軟鉄鍛造ボディが衝撃を吸収するためソフトで絶妙な打感。そして重心を低く深くすることで、高弾道飛びを実現。抜群の構えやすさと操作性で思い通りのショットを可能にしています。

メーカーダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業
クラブ名スリクソン ZX ユーティリティ
長さ●Diamana ZX for UTILITY カーボンシャフト
#2:40.25インチ
#3:39.75インチ
#4:39.25インチ

●N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
●N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト
#2:39.75インチ
#3:39.25インチ
#4:38.75インチ
重量/バランス●Diamana ZX for UTILITY カーボンシャフト
#2(S):346g/D0
#3(S):351g/D0
#4(S):356g/D0

●N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト
#2(S):386g/D1
#3(S):392g/D1
#4(S):398g/D1
ロフト角#2:18度
#3:20度
#4:23度
ライ角#2:60度
#3:60度
#4:60.5度
ヘッド素材フェース:クロムバナジウム鋼
ボディ:軟鉄(S20C)+タングステンニッケルウエイト
シャフトDiamana ZX for UTILITY カーボンシャフト(S/R)
N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト(S/R)
N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト(S/R)(受注生産)
価格●Diamana ZX for UTILITY カーボンシャフト
34,100円

●N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
29,700円

●N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト
30,800円
公式サイトダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業公式サイト

アイアン型ユーティリティおすすめ5位:スリクソン Z U65 ユーティリティ

スリクソン Z U65 ユーティリティ

スリクソン Z U65 ユーティリティ

前作では限定発売として好評だったアイアン型を定番商品化。前モデル同様の中空ヘッド・低重心設計により、ロングアイアンと比べて高弾道で大きな飛びを実現し、優れたコントロール性で攻めていけます。

アイアンからの流れを重視してZ565アイアンのヘッドの大きさと合わせた設計です。アイアン型という特性を生かし傾斜などのライを問わずイメージ通りボールを打っていけるモデル。ボディは軟鉄(S20C)鍛造製法のため、非常に柔らかい打感を実現しています。

メーカーダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業
クラブ名スリクソン Z U65 ユーティリティ
長さ●Miyazaki Kaula 7 for UTILITY カーボンシャフト
#2:40.25インチ
#3:39.75インチ
#4:39.25インチ
#5:38.75インチ

●N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト
#2:39.75インチ
#3:39.25インチ
#4:38.75インチ
#5:38.25インチ

●ダイナミックゴールド DST シャフト
#2:39.5インチ
#3:39インチ
#4:38.5インチ
#5:38インチ
重量/バランス●Miyazaki Kaula 7 for UTILITY カーボンシャフト
#3(S):365g/D1

●N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト
#3(S):398g/D1
ロフト角#2:18度
#3:20度
#4:23度
#5:26度
ライ角#2:59.5度
#3:60度
#4:60.5度
#5:61度
ヘッド素材フェース:クロムバナジウム鋼
ボディ:軟鉄(S20C)
シャフト●Miyazaki Kaula 7 for UTILITY カーボンシャフト(S/R)
●N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト(S/R)
●ダイナミックゴールド DST シャフト(S200)
価格●Miyazaki Kaula 7 for UTILITY カーボンシャフト
30,800円

●N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト
27,500円

●ダイナミックゴールド DST シャフト
27,500円
公式サイトダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業公式サイト

アイアン型ユーティリティおすすめ6位:ミズノ Mizuno Pro FLI-HI

ミズノ Mizuno Pro FLI-HI

ミズノ Mizuno Pro FLI-HI

アイアンやウッドなど他の番手とのつながりを重視したユーティリティ。マレージング鋼の中でも特に粘りがあり優れた反発力が得られる「HT1770M」を採用してボール初速アップを実現しています。

トゥ・ヒール方向の慣性モーメントを高くすることで、打点がバラついたときの飛距離ロスと方向のぶれを小さくしています。中空のメリットを生かした低く深い重心設計により、ストロングロフトでもアイアンより球が上がりやすく、ミスに対する許容性も高くなっています。

メーカーミズノ(MIZUNO)
クラブ名ミズノ Mizuno Pro FLI-HI
長さ
重量/バランス#5(S):約410g/D0
ロフト角#5:25度
ライ角
ヘッド素材ボディ:ソフトステンレススチール(SUS431)精密鋳造
フェース:クロムモリブデン鋼(SCM435)精密鍛造
キャビティ部:タングステンウェイト
シャフトN.S.PRO 950GH neo 軽量スチールシャフト(S/98g)
価格●N.S.PRO 950GH neo 軽量スチールシャフト
26,400円
公式サイトミズノ(MIZUNO)公式サイト

ミズノ ミズノプロ FLI-HIアイアン型ユーティリティ試打評価

ミズノの「FLI-HI(フライハイ)」はアイアン型ユーティリティとしてはもっとも歴史のあるクラブです。2001年発売の初代モデ...

あわせて読みたい

アイアン型ユーティリティおすすめ7位:本間ゴルフ TW-U(2019年モデル)

本間ゴルフ TW-U(2019年モデル)

本間ゴルフ TW-U(2019年モデル)

フェース素材とタングステンウェイトでやさしさと飛距離性能アップしたアイアン系ユーティリティです。「弾き」を生み出すマレージング鋼「C300」をフェース材に採用したことにより反発力がアップし、トゥ部分にタングステンウェイト12gを装着してヘッドを大型化しています。

前モデルと比べてヘッドボリュームが21%アップ。徹底的な低重心化と飛距離性能がアップしたことで直進安定性もアップしています。

メーカー本間ゴルフ(HONMA)
クラブ名本間ゴルフ TW-U(2019年モデル)
長さ●VIZARD For TW747 50
#3:39.5インチ
#4:39.0インチ
#5:38.5インチ

●VIZARD IB-WF 85
#3:39.25インチ
#4:38.75インチ
#5:38.25インチ

●DG95
#3:39.0インチ
#4:38.5インチ
#5:38.0インチ
重量/バランス●VIZARD For TW747 50
#3:361g/D0(R)、367g/D0(S)
#4:366g/D0(R)、372g/D0(S)
#5:371g/D0(R)、377g/D0(S)

●VIZARD IB-WF 85
#3:379g/D0(S)
#4:385g/D0(S)
#5:396g/D0(S)

●DG95
#3:391g/D1(R300)、391g/D1(S200)
#4:397g/D1(R300)、397g/D1(S200)
#5:403g/D1(R300)、403g/D1(S200)
ロフト角#3:19度
#4:22度
#5:25度
ライ角#3:59.5度
#4:60度
#5:60.5度
ヘッド素材本体:17-4プラス
フェース:C300、タングステン/鋳造
シャフトVIZARD For TW747 50(R/SR/S/X)
VIZARD IB-WF 85(SR/S/X)
DG95(R300/S200)
価格30,800~38,500円
公式サイト本間ゴルフ(HONMA)公式サイト

アイアン型ユーティリティおすすめ8位:フォーティーン HI-877 ユーティリティ

フォーティーン HI-877 ユーティリティ

フォーティーン HI-877 ユーティリティ

開発コンセプトは「とにかくやさしいユーティリティ」。全番手が8番アイアンの打ちやすさで、ロングショットの苦手意識を払拭してくれます。打ちやすさを追求し、ウッド型ユーティリティのショット安定性とアイアン型ユーティリティのコントロール性を融合させた今までにないスタイルのユーティリティ。

高強度「AM355P スチール」素材のカップフェースと、「ST-22 スチール」素材による中空モノコックボディが、大きく飛ばせる重心位置設計を実現。完成度の高いヘッドが卓越した飛距離性能を発揮します。

メーカーフォーティーン(FOURTEEN)
クラブ名フォーティーン HI-877 ユーティリティアイアン
長さ●FT-15h
ロフト角18度:40.55インチ
ロフト角21度:39.9インチ
ロフト角24度:39.25インチ
ロフト角27度:38.6インチ
ロフト角30度:37.95インチ

●FT-16i
ロフト角18度:40.8インチ
ロフト角21度:40.15インチ
ロフト角24度:39.5インチ
ロフト角27度:38.85インチ
ロフト角30度:38.2インチ
重量/バランス●FT-15h
ロフト角18度:328g/C8
ロフト角21度:334g/C8
ロフト角24度:340g/C8
ロフト角27度:347g/C8
ロフト角30度:356g/C8

●FT-16i
ロフト角18度:342g/D0(S)、338g/D0(R)
ロフト角21度:348g/D0(S)、345g/D0(R)
ロフト角24度:354g/D0(S)、351g/D0(R)
ロフト角27度:360g/D0(S)、357g/D0(R)
ロフト角30度:371g/D0(S)、368g/D0(R)
ロフト角18度
21度
24度
27度
30度
ライ角ロフト角18度:59度
ロフト角21度:59.5度
ロフト角24度:60度
ロフト角27度:60.5度
ロフト角30度:61度
ヘッド素材フェース:AM355P スチール
ボディ:ST-22 スチール
シャフトFT-15h
FT-16i(S/R)

TS-718h(S/X)
※受注生産
価格●FT-15h
●FT-16i
35,200円

●TS-718h
37,400円
公式サイトフォーティーン(FOURTEEN)公式サイト

アイアン型ユーティリティおすすめ9位:タイトリスト U510 ユーティリティアイアン

タイトリスト U510 ユーティリティアイアン

タイトリスト U510 ユーティリティアイアン

より遠く、よりやさしくアイアンを飛ばしたいと願うプレーヤーのためにデザインされたU・510。アイアン形状を維持しながら高弾道、ミスへの寛容性を高めたモデルです。

フォージドSUP-10のL型極薄フェースインサートがボールスピードを最大化し、高密度タングステン内蔵のワイドソール設計による高い打ち出しで驚きの飛びとやさしさの両立を可能にしたパワーユーティリティアイアン。マッスルアイアンデザインがプレーヤーの集中力を高めています。

メーカータイトリスト(Titleist)/アクシネット ジャパン インク
クラブ名タイトリスト U510 ユーティリティアイアン
長さ#2:40インチ
#3:39.5インチ
#4:39インチ
重量/バランス#2:362g/D2
#3:370g/D2.5
#4:376g/D3
ロフト角#2:18度
#3:20度
#4:22度
ライ角#2:59.5度
#3:60度
#4:61度
ヘッド素材
シャフトTitleist MCI Matte Black 70(S)
価格44,000円
公式サイトタイトリスト(Titleist)/アクシネット ジャパン インク公式サイト

アイアン型ユーティリティおすすめ10位:テーラーメイド SIM DHY

テーラーメイド SIM DHY

テーラーメイド SIM DHY

クラブセッティングの問題である一番長いアイアンと一番短いウッドの狭間、これを埋めるのがSIM DHYです。ロングアイアンよりも使いやすくティショットにも対応したドライビングハイブリッド。

充填されたスピードフォーム™ とC300マレージング鋼フォージドL型ICTフェースが、かつてないボール初速と心地よいフィーリングを可能にしています。あらゆる条件に適応できるよう設計されたクリーンなワイドソール設計で、ティから、フェアウェイから、そして難しいライからでも打てる多様性を実現しています。

メーカーテーラーメイド ゴルフ(TaylorMade Golf)
クラブ名テーラーメイド SIM DHY
長さ#3:39.75インチ
#4:39.25インチ
#5:38.75インチ
重量/バランス#3:約388g/D2.5
#4:約392g/D2.5
#5:約397g/D2.5
ロフト角#3:19度
#4:22度
#5:25度
ライ角#3:60度
#4:60.5度
#5:60.5度
ヘッド素材ヘッド:ステンレススチール[450SS]
フェース:マレージング鋼[C300]
シャフトN.S.PRO® 910GH(S)
価格●N.S.PRO® 910GH
38,500円
公式サイトテーラーメイド ゴルフ(TaylorMade Golf)公式サイト

アイアン得意な人は要注目・テーラーメイドゴルフのアイアン型UT「SIM DHY」「UDI」がいい! JAWSウェッジとG425 MAX FWも打ったよ

話題のクラブや最新作など、気になるゴルフギアを読者の皆様に代わって、編集部員が試した使用感を編集部内の掲示板の会話で...

あわせて読みたい

アイアン型ユーティリティおすすめ製品の価格比較表

アイアン型ユーティリティを購入する際には、スペックとともに価格も気になるもの。以下では、ここまでご紹介した各アイアン型ユーティリティの価格を一覧でまとめています。アイアン型ユーティリティの価格を比較しながら、購入をご検討ください。

アイアン型ユーティリティ価格
プロギア NEW egg i+ ユーティリティ33,000円
スリクソン Z U85 ユーティリティ●Miyazaki Mahana カーボンシャフト
30,800円

●Miyazaki for UTILITY カーボンシャフト
30,800円

●N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
27,500円
ピン G425 クロスオーバー●ALTA J CB SLATE
●ALTA DISTANZA BLACK 40
●PING TOUR 173-85
39,600円

●AWT 2.0 LITE
●N.S.PRO 950GH neo
●N.S.PRO MODUS³ TOUR 105
35,200円

●TENSEI CK Pro Orange
●N.S.PRO MODUS³ HYBRID
48,400円
スリクソン ZX ユーティリティ●Diamana ZX for UTILITY カーボンシャフト
34,100円

●N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
29,700円

●N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト
30,800円
スリクソン Z U65 ユーティリティ●Miyazaki Kaula 7 for UTILITY カーボンシャフト
30,800円

●N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト
27,500円

●ダイナミックゴールド DST シャフト
27,500円
ミズノ Mizuno Pro FLI-HI●N.S.PRO 950GH neo 軽量スチールシャフト
26,400円
本間ゴルフ TW-U(2019年モデル)30,800~38,500円
フォーティーン HI-877 ユーティリティ●FT-15h
●FT-16i
35,200円

●TS-718h
37,400円
タイトリスト U510 ユーティリティアイアン44,000円
テーラーメイド SIM DHY●N.S.PRO® 910GH
38,500円

【Q&A】アイアン型ユーティリティについて多い質問

以下では、ゴルファーがアイアン型ユーティリティ購入時に多い質問・疑問に回答します。

アイアン型ユーティリティQ&A

  • アイアン型ユーティリティが構えやすいのは本当?
  • ロングアイアンとどちらが簡単?
  • アイアン型ユーティリティが欲しくなる場面とは?

Q.アイアン型ユーティリティが構えやすいのは本当?

ウッド型よりもアイアン型ユーティリティの方が構えやすいといった声を聞くことがあるかもしれません。ですが、これは実際には「アイアン好きによる感想」というふうに捉えてください。

ユーティリティを使い慣れていない人は、モデルによって様々あるウッド型ユーティリティの構えたときの見た目に違和感を持ちやすいのはたしかです。ですが、見慣れてくれば、アイアン型に比べて「ボールを拾ってくれそう」「飛びそう」という印象を持つ人がほとんどです。

また、アイアン型ユーティリティを構えやすいと感じる人は、その見た目に「ターゲットへのイメージが湧きやすい」「球筋を操作しやすそう」といった印象を持つからです。

Q.ロングアイアンとどちらが簡単?

近年、「ロングアイアンよりも球を上げやすいから」という理由でアイアン型ユーティリティを入れているプロが増えています。

アイアン型ユーティリティはロングアイアンよりも重心を低く設計しているため、同じロフトであってもロングアイアンよりも球が上がり、キャリーが出てグリーン上で止める球を打ちやすいという特徴があるからです。

こうしたことから、ロングアイアンを打ちこなせる人にとっては、アイアン型ユーティリティは“簡単”と言ってもいいでしょう。

Q.アイアン型ユーティリティが欲しくなる場面とは?

アイアン型ユーティリティが欲しい!と思う場面。たとえば、こんなシュチュエーションを想像してみてください。

「420ヤード。距離が長めのミドルホール(パー4)の2打目、ティショットはしっかりとフェアウェイをキープできた。グリーンまでの残り距離は180ヤード。5番アイアンでグリーンを狙いたい……だけど、つかまえきれずに打球はグリーン右サイドに逸れて、飛距離も10ヤードほど足りていない」

こんな場面ではないでしょうか。しかし、こんな場面で5番アイアンよりも、少しつかまりやすく、飛距離が出やすいアイアン型ユーティリティがあったなら? きっと、より自信を持ってグリーンを狙っていけるのではないでしょうか。

アイアン型ユーティリティは評価・評判も参考にして購入しよう

アイアン型ユーティリティを購入する場合、使ったことがない方には、どんなクラブなのかイメージがつきにくいのではないでしょうか。そこで購入する前に、使っている人の評価や評判を参考にすることも必要です。

実際に使ってみた人のコメントを見て、「自分でも使いやすいかもしれない」と思ったらショップに行ってクラブを握ってみることをおすすめします。

またショップ内で試打ができる場合や、アイアン型ユーティリティを持っている知人がいるなど、試打のチャンスがあるなら、実際に打って判断することをおすすめします。

高橋良明プロ解説!ユーティリティの選び方&苦手克服の練習方法

ドライバーが好調ならば、フェアウェイウッドやユーティリティの出番は少ないが、ティショットのミスの後や、パー5のセカンド...

あわせて読みたい

今、また増加中!? アイアン型ユーティリティ

今では、3・4番アイアンの代わりにユーティリティというセッティングが当たり前。そしてユーティリティはいわゆる中間...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事