1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 海外ニュース
  4. ジャック・ニクラウスが語った青木功と松山英樹の違い

ジャック・ニクラウスが語った青木功と松山英樹の違い

レックス倉本のGOLFアメリカンな話”ちょっと聞いて〜や‼︎”/第1回

2021/06/15 ゴルフサプリ編集部

NHKの米国PGAツアー中継の現地レポーターとして、テレビやネットのトーナメント番組でお馴染みのレックス倉本氏の連載がスタート!トーナメント会場や米国在住ならではの、ここでしか聞けない話をお届けする。初回は米国PGAツアー「ザ・メモリアルトーナメント」での出来事。なんと、ジャック・ニクラウス氏に直接インタビューをした時の話だ。

Hidekiは日本のゴルフ界の歴史を作っていく存在になると思っていた

オハイオ州のミュアフィールドビレッジで行われたUS PGA TOUR ザ・メモリアルトーナメント。現地ラウンド解説の仕事で行ってきました。最終日のパトリック・カントレーとコリン・モリカワの激闘は一進一退の展開で見応え十分。転機になったは17番グリーンでの突然の大雨。その雨で湿ったグリーンがカントレーに味方し、下りの長いバーディーパットを決めて一気に流れがカントレーに。そのままプレーオフでもカントレーは決して易しくないパーパットをねじ込み優勝。見ていても痺れましたね。お見事です。惜敗したモリカワも負けずの大健闘。プレーオフまで見届けた多くの観衆からGreat Job!の掛け声と拍手をたくさん浴びていました。

そして、先週はこの地をホームタウンとし、この試合のファウンダーでもあるジャック・ニクラウスさんがずっと勝利の行方を見守っていました。そのニクラウスさんにナント単独インタビューをすることができ、ツアー初勝利をこの試合で決めた松山選手について聞くことができました。『7年前にHidekiがこの試合で勝った時から日本のゴルフ界の歴史を作っていく存在になると思っていたよ。今からもメジャーも含めたくさんの試合で勝っていく選手になるだろう。Hidekiがマスターズというメジャーを勝ったことによって日本の他の選手たちも僕たちにもできる、という気持ちが湧いてきて日本のゴルフ界に新しい道を開いてくれるだろう。僕はAokiとの思い出があるんだけど(ニクラウスさんは1980年全米オープンで青木功選手と激闘を繰り広げ復活優勝を遂げた)、AokiとHidekiでいちばん違うことは、Hidekiがアメリカを主戦場に置いたことだ。それが彼がメジャーに勝ったいちばんの要因じゃないかな。(ニクラウス)』

僕には、”メジャーを制するには、先ずはアメリカツアーで揉まれて、その中を這い上がり、準備をこなさなければ勝てないよ!松山が切り開いた道を次世代の選手も目指しなさい”と言ってる様に聞こえました。

僕はこのニクラウスさんの言葉に松山選手への期待とエール、そして、日本の選手たちへのメッセージも感じました。松山選手のようになりたいならこのレベルの高いアメリカツアーに来い、このレベルの高い中でもまれたらメジャーに勝つチャンスが出てくるよ、という強いメッセージ。もちろん苦労は半端ではないが、日本のプレーヤーがどんどんアメリカツアーに挑戦し、松山選手に続くことを私も願いたい。

今年のメモリアルは初日と最終日の大雨、3日目終わってトーナメントリーダーだったジョン・ラームのコロナ陽性によるまさかの棄権、17年周期ゼミの大量発生などにも見舞われた記憶に残る試合になりました。これらのハプニング、巷ではインディアンの祟りかもしれないと噂されているとかいないとか。

さらに詳しい話は下記「レックス倉本のBYTC GOLF」のYouTube音声動画で引き続きお楽しみください。

▼レックス倉本 プロフィール
本名は倉本泰信(くらもとやすのぶ)。1991年プロゴルファーに転向/コメンテーター歴14年広島出身。広島カープの大ファン。毎朝、目覚めとともにカープの試合状況をチェックするのが日課。大学時代をアメリカで過ごしたとき、唯一日本のブリヂストンのボール”Rexter”を使っていたのでゴルフ部のチームメイトから”REX”(レックス)と呼ばれるようになる。アマチュアゴルファー時代は、広島県の瀬戸内高校ゴルフ部からアメリカのオクラホマ州立大学を経てイーストテネシー州立大学ゴルフ部で腕を磨く。在学中には2度オールアメリカンに選出され、1990年に日本アマチュア選手権優勝、全英オープン出場を果たす。大学卒業後、1991年に日本のプロテストを合格しプロデビュー。その後、ヨーロピアンツアー、カナダツアー、アジアツアー、日本国内ツアー(1995年2部ツアーの賞金王に輝く)に参戦。2007年より米国ゴルフチャンネルでUS PGA Tour 、European Tour、US LPGA Tourなどのコメンテーターとして活躍。現在はフリーランスとしてGOLF TVでの解説のほか、 NHK、WOWOWでUS PGA Tour、US LPGA TOURの現地レポーターとしても活躍中。


レックス倉本のGOLFアメリカンな話”ちょっと聞いて〜や‼︎”

第2回(次回)へ

シリーズ一覧

直近急上昇記事

関連記事