1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 海外ニュース
  4. 【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!

【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!

2021/11/11 ゴルフサプリ 編集部

【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!

2019年には日本で開催されたZOZO選手権で82勝目を飾ったタイガー・ウッズ。再び日本でPGAツアーが開催されるが、今度はどのようなドラマが展開されるのか。

9月16日の「フォーティネット選手権」で開幕した2021-22年のPGAツアー。スタートから早1カ月が過ぎようとしているが、ここであらためて今季のスケジュールや見どころなどを確認しておこう。

GOLF TODAY本誌593号/65〜67ページ

4大メジャーは 世界に名だたる 名門コースが揃う!

今季はレギュラーシーズン45試合、プレーオフシリーズ3試合の計48試合で行われるPGAツアー。いま我々が一番気になるのは10月21日から千葉県の習志野CCで開催予定の「ZOZO選手権」についてだが、ツアー最終戦ツアーチャンピオンシップの会場で行なわれた記者会見でコミッショナーは開催決定を言明したものの、詳細はまだ伝わってきていない。

本稿を作成している9月上旬時点では、前週のザ・CJカップは本来韓国で開催予定であったが米国本土のラスベガスに会場を変更し、ZOZOの翌週にスケジューリングされているWGC│HSBCチャンピオンズ」は中国での開催であったが中止が決定された。

ツアーの節目となる4大メジャー大会は、昨シーズン同様4月の「マスターズ」を皮切りに5月「全米プロ」、6月「全米オープン」、7月「全英オープン」がほぼ中1カ月で開催され、8月にはプレーオフに突入する。東京五輪もあって、21年はプレーヤーも観る側も焦点を定めにくかったが、21─22からはメジャーを軸とするパターンが定着。落ち着いてツアーの動向をチェックできそうだ。

「全米プロ」はトランプ前大統領に絡むすったもんだで会場がサザンヒルズCCに変更。これで「全米オープン」のザ・カントリークラブ、「全英」のセントアンドリュース・オールドコースと、いずれも世界に名だたる名門コースが舞台になった。

ちなみにザ・カントリークラブは全米最古のゴルフ場の一つで、同大会は34年ぶり4回目の開催となる。

【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!
2015年以来となるセントアンドリュース・オールドコースでの全英オープン。世界最古のコースでの戦いはいつもエキサイティングだ。
  • 【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!

    交通事故後の様子が気になるタイガーだが、ベン・ホーガンのような奇跡的な復活劇をぜひ2022年には見たいものだ。

  • 【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!

    マスターズ優勝という快挙を成し遂げた松山英樹。さらなる飛躍が見られるか。2つ目のメジャータイトルを期待したい。

史上初。「全英」の前後3試合を欧米両ツアーで共催

22年シーズンのWGCは1試合のみ開催に

まずは年内の予定。昨シーズンはコロナ禍で大幅なスケジュール変更がなされたが、今季は冠スポンサーが変わったり、コロナの影響でアジアシリーズの会場変更を余儀なくされている点はあるものの、ほぼ2年前の開催実績に戻って10試合が行われる。

22年に入ってからの変更点を順に見ていくと、2月上旬の「ペブルビーチプロアマ」と「フェニックスオープン」が入れ替わり、「ジェネシス招待」の翌週にあったWGCがなくなった。ここまでがハワイ&ウエストサイドシリーズとなる。

舞台をフロリダに移すと、昨シーズンまでは3月の「プエルトリコオープン」と「アーノルド・パーマー招待」が前後して開催されていたが、今季は前者が追加大会となって同じ週に行われる。

さらに昨季は4月末の開催だった「バルスパー選手権」が「プレーヤーズ選手権」(3月)の直後に繰り上がり(ここまでがフロリダシリーズ)、22年唯一のWGC「デルマッチプレー」と挟まれる日程になった。4月末からの「メキシコ選手権」はWGCから外れ、PGAツアーとの共催としてレギュラーツアーに復帰する。

【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!
今年の全米オープンの舞台は、全米で最も歴史のあるコースであるザ・カントリークラブ。34年ぶり4回目。

欧州ツアーとの共催で拡大を目指すPGAツアー

昨季まで「全英オープン」の前週開催だった「ジョンディアクラシック」が2週前に前倒しされたが、これは「全英オープン」の前哨戦として知られる欧州ツアーの「スコティッシュオープン」がヒュンダイ・ジェネシスをスポンサーに迎えて史上初の米欧両ツアー共催となるから。のみならず、同週に米本土で行われる「バーバゾル選手権」、「全英オープン」と同週に開催される「バラクーダ選手権」もともに欧米共催大会となる。

今季の最も大きな変更点がここで、欧州ツアーのプレーヤー50名が「バーバソル」、「バラクーダ」2試合の出場権を得られることになり、その成績はフェデックスカップ、レース・トゥ・ドバイ(欧州ツアーの年間ポイントレース)にポイント加算される。

「両ツアー共催のジェネシス・スコティッシュオープンは世界のゴルフトーナメントにとって重要なステップとなります」とPGAツアーコミッショナーのジェイ・モナハン。ジェネシスとの契約は2025年まで。確かにワールドワイドな展開を目論むPGAツアーにとっては戦略的に大きな一歩と言える。

最後にフェデックスカップ・プレーオフ。3試合のシリーズ構成に変更はないが、これまで8月初頭に開催されていた「WGCフェデックスセントジュードクラシック」がWGCから外れ「フェデックスセントジュード選手権」となってシリーズの初戦に移動した。会場があるテネシー州はフェデックスのお膝元。ツアーのクライマックスであるフェデックスカップの初戦を行うことで、PGAツアーが長年のスポンサードに対する感謝の意を表した形だ。

【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!
メジャーで唯一同じコースで開催されるマスターズ。速いグリーンと高い戦略性のあるオーガスタ・ナショナルGCでゴルフの祭典がくりひろげられる。
【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!
2022年のマスターズは松山英樹の2連覇がかかるだけに注目される。グリーンジャケットに袖を通すのは誰だ。
【2021-22シーズン PGAツアー日程】欧州ツアーとの共催を含む全48試合を開催!

構成・文/岸 和也 写真/相田克己、マスターズオフィシャルphoto

約16億円をゲットした年間王者パトリック・キャントレーの凄さ

2020-2021シーズンが終わったPGA ツアー。年間王者になったパトリック・キャントレーと、最終戦でそのキャントレーと名勝負を...

あわせて読みたい

関連記事