1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. ローグST MAX シリーズ・3モデルを野村タケオがコースで試打レビュー!

ローグST MAX シリーズ・3モデルを野村タケオがコースで試打レビュー!

2022/02/18 ゴルフサプリ編集部 野村タケオ

野村タケオのゴルフ実験室タイトル画像

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。話題の新製品、キャウェイゴルフのローグSTシリーズ。そのなかでもやっぱ気になるのはドライバーです。なんでも、とにかくボールスピードにこだわったドライバーってことで、さらに飛距離アップが可能なのだとか。これは気になりますが、ローグSTシリーズには4種類のドライバーヘッドが用意されています。いったいどんな違いがあるのでしょうか?自分に合うのはどのヘッドなの?って迷っちゃいますよね。そこで、その中から、一般アマチュアゴルファーが一番気になりそうな3種類のヘッドをコース打ち比べてきました!

撮影/野村タケオ

ローグSTドライバーってどんなドライバー?

キャロウェイローグSTドライバー

キャロウェイのドライバーと言えば、パッと思い浮かぶのがAI設計のFLASHフェースです。ローグSTシリーズではモデル別に新しく設計したFLASHフェースSS22を採用。このフェースは従来のようにターゲットゴルファー別に打点位置が考慮されているだけでなく、飛びの3要素「スピン」、「打ち出し角」、「ボール初速」の組み合わせまでも含めた新しいアルゴリズムでAIが設計しています。さらにターゲットゴルファー別に最適化が進んだフェースになってるってことですね。

また新しくなったJAILBREAK AI スピードフレームにより、ソール側の強度がアップ。その結果クラウン側とソール側の剛性の違いによって、よりフェースが効果的にたわむようになっています。

ローグSTシリーズのボディは一体成型のUNIボディとなり、インパクト時のエネルギーを溶接、接着箇所の歪みで逃してしまうことがなくなり、効率よくインパクトのパワーへと変換させることが出来ます。

とにかく、今までのテクノロジーをしっかりと継承しながら、あらゆる箇所を大幅にバージョンアップして、さらなるボールスピードアップを目指したドライバーってことなんですね。

キャロウェイ新しいローグSTシリーズ

僕はここ数年キャロウェイのドライバーを愛用しています。EPICサブゼロ→マーベリックサブゼロ→EPIC MAX LSって感じ。なので、今回もこの新しいローグSTシリーズにはかなり期待しています。特にずっとロースピンモデルを使い続けているので、今回も「LS」には期待しています。僕が使ってきたキャロウェイのドライバーと比べながらコースで試打しました。

まずはスタンダードモデルの「ローグST MAX」です

試打したのはローグST MAXドライバー(純正シャフトVENTUS 5 for CallawayのS ロフト9度)

ぶっちゃけ、このクラブをラウンドの1番ホールで打ったのですが、いきなり今日イチショット出ちゃったって感じ。中高弾道で真っ直ぐ前に行く球が出て、ランも含めてぶっ飛びでした。1発目でこれが出るってことは、自分に合ってるってことなんですよね。

構えてみると、フェースの向きはほぼ真っすぐで、ヘッドの形状は今までのキャロウェイのドライバーに似ていて個人的には落ち着きます。クラウンはカーボン素材が透けて見えるような仕上げで、なかなか高級感があります。

シャフトは適度なしなりでクセがなく、気持ちよく振っていける感じ。先がしっかりしてて強く振ってもしっかりとヘッドが来るし、ミスヒットでも当たり負けしない。

打感はちょっとだけ柔らかく、打音は低めの金属音。つかまり性能はそこそこいい感じで、僕が何も考えすに振って真っ直ぐの球が出るので、少しつかまえに行くと軽いドローも打てます。スピン量はけっこう少ないように感じました。ロフト9度ながらボールはまあまあ上がります。しかし元々球が低い人や、少しヘッドスピード遅めの人は10.5度を選んだほうがもっと楽に高弾道で飛ばせるんじゃないかな。

打ってみて感じた前作との違いは、とにかくボディ剛性の高さ。インパクトの瞬間に全くエネルギーが逃げてないような感じを受けます。自分が生み出したエネルギーが本当に効率よくボールに伝えられている感じ。ボディがしっかりしてる分、フェースだけがたわんでボールを弾き返してるような感覚。これは良いですね~。

この「ローグST MAX」は色んなタイプのゴルファーが優しく飛ばせるドライバーに仕上がっていると思いました。純正シャフトとのマッチングもよく、ロフトとシャフトのフレックスを選べば、多くのゴルファーが使えるんじゃないでしょうか。

次に打ったのがドローバイアスの「ローグST MAX D」

試打したのはローグST MAX D(純正シャフトVENTUS 5 for CallawayのS ロフト10.5度)

構えてみるとほんの少し後ろに長い感じがします。フェースは特に左を向いてたりしないので、方向に対しては構えやすいです。いかにもつかまるモデルって感じがしなくていいですね。

打ってみると、打感や打音はほぼスタンダードモデルと同じ。ただ弾道は高い。ロフトが10.5度ということもあるでしょうが、けっこう上がりやすく作られているような気がします。僕は10.5度だと上がりすぎる感じ。

つかまり性能はスタンダードよりは良いですが、誰でもドローとかではない。ただ右にペローンみたいな球は出ないし、スライサーでも真っすぐに近い球は打ちやすそう。少しフェースをターンさせてつかまえ気味に打っていくと、ドローが打てました。ただ僕の場合はそれが左に出て左に曲がる球になってしまうので、その点はちょっと個人的に使いにくさを感じましたね。インパクトでフェースが開いてしまうタイプの人にはいいかもしれません。

ロフト9度のヘッドだと、右に曲がる球を抑えながら強いドロー気味の球が打てるような気がするので、個人的には一度試してみたいな~という気がしました。

僕が一番気になっていたのはロースピンモデルの「ローグST MAX LS」です

試打したのはローグST MAX LS(純正シャフトTENSEI 55 for CallawayのS ロフト9度)

構えてみるとやはり少し小ぶりに見えてシャープな感じがします。フェースは少し右を向いているのかな?って感じで、いかにも左には行かなそう。

打ってみると、これが打感がすごく良い!ま、僕の好みってことですが、他の2モデルよりも厚い当たりで、ガッツリと手応えがあります。打音も少し低め。

弾道は低め。やはりスタンダードモデルと比べると同じロフトでも「MAX LS」は球が上がりませんね。シャフトもクセはないものの、けっこうしっかりしてるのでボールを上げてくれたりはしません。このスペックは僕にはハードすぎ。ランも含めると、まあまあ飛距離は出ましたが、かなりしんどい。

つかまり性能も低いので、僕だとけっこうつかまえる意識でやっとストレートって感じかな。このスペックだと、ヘッドスピードが速めのフッカーとかでないとなかなか難しそう。

ただ「MAX LS」は一番強弾道が出そうなヘッドなので、ロフト10.5度でシャフトも少しつかまえてくれるもので使ってみたいな~と思いました。僕が今使っているのが「EPIC MAX LS」なのですが、この「ローグST MAX LS」のほうが球は強そうで、少しだけ弾道が低くなるのかな~という感じです。トータル飛距離はたぶん伸びそう。

一発もあるし、ミスヒットにも強い。ボディ剛性の高さを感じる打ち応え

3種類のヘッドを打ち比べましたが、共通しているのはやはりボディ剛性の高さ。本当にインパクトでがっしりとヘッドがロスなくパワーを受け止めてる感があります。オフセンターヒットでもヘッドのブレが少なく、曲がりが少なく感じました。

一発もあるし、ミスヒットにも強いっていう、なかなか欲張りなよく出来たドライバーだなと。ただ、「MAX LS」はさすがにハードなので、使い手を選ぶかなと。3種類のヘッドがきっちりと色分けされていて、ゴルファーのタイプや持ち球によって選びやすいラインナップになっていると思います。

んで、僕がこの中から選ぶとすれば・・・今回はスタンダードモデルの「ローグST MAX」の9度でもいいかな~って思っています。やはり楽に飛ばせるとこがいいですね。でもずっとロースピンモデルユーザーだったので、今回も「ローグST MAX LS」の10.5度も試してみたいなってとこです。

この「ローグST」シリーズは、これまでのキャロウェイドライバーの正当進化モデルと言って良いんじゃないかと思います。おもいっきり何かが変わっているということはないのだけど、全てがしっかりバージョンアップされているという感じ。
なにより、ここ数年のキャロウェイのドライバーの中で、一番デザインが格好良いってとこも、僕はかなり評価しています。

ぜひみなさんも一度「ローグST」シリーズを試打してみて、キャロウェイの進化を味わってください。

<取材・文>ゴルフバカイラストレーター 野村タケオ

 <取材・文>ゴルフバカイラストレーター 野村タケオ


野村タケオの記事をもっと読む

 一覧へ

米PGAツアーで使用者急増中!キャロウェイ ローグ ST ドライバーをコースで打ってみた!【前編】

2代目となるキャロウェイ『ローグ(ROGUE)』の四種類のドライバーを早速コースで打ってみた。まずはアマチュア用に調整され...

あわせて読みたい

米PGAツアーで使用者急増中!キャロウェイ ローグ ST ドライバーをコースで打ってみた!【後編】

2代目となるキャロウェイ『ローグ(ROGUE)』の4種類のドライバーを早速コースで打ってみた企画の後編は、フラッグシップモデ...

あわせて読みたい

みんなはどっち買う? 話題沸騰の「ステルス」と「ローグST」

テーラーメイドの「ステルス」、キャロウェイの「ローグST」、どちらも直進性に優れているようだし、飛距離性能も申し分なさ...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事