1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. アルディラの2022ニューモデル「ローグ インフィニティ」を池田勇太がツアー開幕戦で使用

アルディラの2022ニューモデル「ローグ インフィニティ」を池田勇太がツアー開幕戦で使用

片山晋呉は三菱ケミカルの「バンキッシュ」をチョイス

2022/04/04 ゴルフサプリ編集部

日本男子ゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」で、池田勇太と片山晋呉がニューモデルのドライバーシャフトを使用していることが判明した。池田勇太はアルディラ「ローグ インフィニティ」、片山晋呉は三菱ケミカル「バンキッシュ」を使用。

撮影/圓岡紀夫

飛ぶだけでなく、縦距離のバラつきが出ない「ローグ インフィニティ」

先週、日本男子ゴルフツアーが開幕。試合は香妻陣一朗が桂川有人とのプレーオフを制し、開幕戦をツアー2勝目で飾った。さて、いよいよ始まった日本男子ゴルフツアー、多くの選手たちが最新モデルでセッティングを強化して臨んでいた。その中から、最新シャフトのニュースをお届けしたい。

まず、一人目は池田勇太。使用するクラブに関しては、厳しい目を持つ選手の一人だが、その池田が新たに採用していたのがドライバーシャフト。アルディラの「ローグ インフィニティ(ROGUE∞)」だ。この「ローグ」シリーズは“妥協のない材料選択と究極のエンジニアリング”によって開発されているアルディラのフラッグシップモデル。その最新モデルは、「高初速・高慣性モーメント・高直進性」などといった最新のヘッドトレンドに対応した性能が追求されているという。池田勇太がこのシャフトを選んだ理由について、アルディラ・プロモーション担当の秋田恭資さんは、以下のようにコメントを寄せてくれた。

「飛距離はもちろんのこと、着弾精度が良く縦距離のバラつきが出ないというところを気に入っていただいたと思います。フィーリング的にも『手元がしっかりしていて振り抜きやすい』とコメント(池田プロが)されていました」

安定した飛距離性能、しかも優れた飛距離性能を備えているという点から、池田以外の男子ツアープロも興味をそそられているのではないだろうか。国内での発売は2022年9月頃を予定しているとのことなので、続報をお待ちいただきたい。

片山晋呉が三菱ケミカルのニューモデル「バンキッシュ」を使用

次にピックアップしたのは片山晋呉。独自のゴルフ観を持ち、その考え方やゴルフギアのチョイスは、多くのアマチュアゴルファーに影響を与えている。そんな片山晋呉が、開幕戦で採用したドライバーシャフトは三菱ケミカルのニューモデル「VANQUISH(バンキッシュ)」だ。

残念ながら、このシャフトの詳細はまだ入手することができずにいる。ただ、発売は2022年7月〜8月になるであろうということだけはわかっている。ただ、クラブ契約フリーであり、新しくて“良いもの”は柔軟かつ迅速に取り入れる片山晋呉がチョイスしたドライバーシャフトだけに、その性能は折り紙つきと言っていいだろう。

こちらも続報が入り次第、詳報をお届けするのでもう少しお待ちいただきたい。

最新&人気ドライバー用シャフトおすすめランキング10選|選び方も解説!

自分のスイングや弾道に合わせて選ぶことによって、安定性や飛距離アップが期待できるパーツがシャフト。シャフトの今さら聞...

あわせて読みたい

最新&人気アイアンシャフトおすすめランキング10選|選び方も解説!

ドライバーのリシャフトがもはや当たり前になった昨今。正確な方向性と飛距離が要求されるアイアンのシャフトだって、とって...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事