1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブセッティング
  4. 『ウェッジ4本セッティング』にオススメの中古ウェッジ、あえて選ぶとしたら?

『ウェッジ4本セッティング』にオススメの中古ウェッジ、あえて選ぶとしたら?

2023/01/25 ゴルフサプリ編集部 中山功一

ウェッジ

中古ゴルフクラブ業界に携わっって30年の“中古クラブ専門家・中山功一”が、旬な中古クラブ情報や購入時に参考となる豆知識などをお届けするコラムです。今回は、ウェッジについてお話します。

写真/ゴルフサプリ編集部(提供:中山功一)

ウェッジのセッティングに悩むゴルファーが多くなっている?

ロフト

アイアンロフトのストロング化が常識となった現在、ウェッジのセッティングが難しくなっている。そのため、私のところにもウェッジのセッティングに関する質問が多数届いている。

現代におけるウェッジのセッティングについて、また中古モデルのオススメ・ウェッジを紹介しよう。

ゴルフクラブのロフト角とは|飛距離や高さとの関係【初心者向け】

ゴルフクラブのロフト角とは、クラブフェースの傾きを示す数値のこと。ボールの飛距離や高さを決定する重要な要素です。クラ...

あわせて読みたい

【現行モデルのストロングロフト設定】
5I:21度/6I:24度/7I:27度/8I:31度/9I:36度/PW:41度

【一昔前のロフト設定】
3I:21度/4I:24度/5I:28度/6I:32度/7I:36度/8I:40度/9I:44度/PW:48°

上記のようにアイアンのロフト設定は4度くらいのピッチで設定されているが、現行モデルと一昔前のロフト角を比較すると2番手の違いがある。したがって、ウェッジの本数を増やす必要があるということが、容易に想像できると思う。

ではウェッジを何本入れるかだが、これは明確に『3本派』『4本派』に分けることができる。

オールマイティに状況に対応できるようにしたいなら、ウェッジは4本セッティングが良いだろう。一般的には46度、50度、54度、58度というセッティングになる。

テクニックに長けているなら、ウェッジは3本セッティングで十分。たとえば、48度、54度、58度という組み合わせだ。

話は変わるが、アプローチショットの成功率を高めるならば、得意なロフトのウェッジを1本作ることが大切。転がしてもよし!上げてもよし!と思える番手が、1本あると安心だ。

豆知識

  • 一昔前の話だが、ジャンボ尾崎プロのMTNⅢプロモデルが大ヒットした理由のひとつにP/S(AW)の存在があった。このP/Sのロフトは53度である。(※P/Sを最初に採用したのはジャンボ尾崎プロ)

    そして、ロフト設定は 3I:21度/I:24度/5I:28度/6I:32度/7I:36度/8I:40度/9I:44度/PW:48度/P/S:53度/SW:57度 という仕様だった。

直近急上昇記事

日本のゴルフ場にオススメのウェッジは、刃が丸い?

昔のスイングでは、バンカーはアウトサイドインのスイングプレーンでバンスを使って打ち、砂を弾いていた。しかし最近では、バンカーでも砂を薄く取り、スイングプレーンもストレートに取るプロが多い。このようなスイングの変化から、ソールやバンス形状にも変化が現れている。

近年流行りのボーケイウェッジとキャロウェイのウェッジを比較してみると、以前のボーケイのモデルは、刃の形状に丸みがあったが、最近のモデルであるSM-9になるとSM-8と比べて刃に丸みがない。この形状は、近年のPGAツアープロのスイングの変化にあると考えられる。

一方、キャロウェイのウェッジ形状を見てみると、以前のモデルは刃がストレートに近い形状であったが、最近のJAWSウェッジを見ると刃に丸みがついている。

やさしすぎず、むずかしすぎず、ちょうど良い相棒に相応しい『JAWS RAW ウェッジ』!

『JAWS RAW ウェッジ』は、どこが新しくなって、どんな使い方が合っているのかをレポートする。 撮影/篠原嗣典

あわせて読みたい

どちらかといえば、日本の芝(高麗芝)に対して性能を発揮してくれるウェッジは、少し刃に丸みがあり、ヘッドの重さが重めのウェッジである。

近年日本のゴルフ場は、メンテナンスの関係でフルベント(洋芝)から高麗芝に張り替えているゴルフ場が多いということもあるので、刃に丸みのあるウェッジを選ぶのが吉だと言えなくもない。

最後に、最近のモデルの中からオススメのウェッジを紹介して締めくくりたい。

それでは、あなたのゴルフライフにGood luck!

中山功一お勧めウェッジ

ボーケイウェッジ SM-8(2020)

■ボーケイウェッジ SM-8(2020)

ヘッド重量が重く高麗芝でも使いやすい。
中古販売相場:¥16,800~¥10,500(税抜)

キャロウェイ JAWS RAW(2022)

■キャロウェイ JAWS RAW(2022)

刃に丸みがありベント(洋芝)で技を使いやすい。
中古販売相場:¥23,800~¥15,800(税抜)




中山功一

中山功一(ナカヤマ コウイチ)
かつてはフェスティバルゴルフでゼネラルマネジャーを務めるなど、中古クラブ業界に携わって約30年。ゴルフ雑誌での連載、中古ゴルフクラブ関連の著書も多数。テレビ東京系列「なんでも鑑定団」にも鑑定士として出演。

【2023年】ゴルフ中古ウェッジおすすめ人気ランキング10選

この記事では、初心者ゴルファーにもおすすめの中古ウェッジをランキング形式で紹介します。 中古品を購入するメリットや...

あわせて読みたい

ゴルフ人気が再熱!中古ゴルフ市場も価格が高騰?!

中古クラブの世界で30年! 中古クラブに関する知識において、レジェンドと呼ばれる中山功一氏が中古クラブの得する扱い方を伝...

あわせて読みたい

え? ティーチングプロなのに中古クラブしか買ったことないって、なんで?

こんにちは。逆上がりできないティーチングプロ 名取確(なとり・たしか)です。 ティーチングプロにしては恥ずかしい話かも...

あわせて読みたい

ベントって何? 高麗って何? え、バミューダ?

こんにちは。逆上がりの出来ないティーチングプロ 名取確です。 みなさんゴルフスコアを入力するアプリを使っている方が多い...

あわせて読みたい

ザックリやチョロが激減!フック回転のコロがすアプローチ術を伝授

100切りを目指すビギナーから、つねに80台前半で回りたいと思うアベレージまで、ゴルフが上手くなりたい人は必見!エージシュ...

あわせて読みたい

関連記事