1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. バンカーショットのミスを減らす打ち方のコツ・ポイントをプロが解説!

バンカーショットのミスを減らす打ち方のコツ・ポイントをプロが解説!

2018/12/13 ゴルフトゥデイ 編集部

多くのゴルファーが苦手意識をもっているバンカーショット。ダフリやトップなどのミスを連発し、バンカーから一発でボールを出せないという経験はゴルファーなら誰しもが経験する。ここではバンカーショットのミスを減らし、一発脱出するための打ち方のコツを2名のプロに解説してもらった。

バンカーショットでミスしないフェースの開き方と向きを教えて。

【解説】芹澤信雄(TSIグルーヴアンドスポーツ)

フェースの向きなんか気にせずに開けるだけ開いて構えて!

バウンスを有効に使うには、フェースを目いっぱい開いて構えて、バンスをより大きく使えるようにしておくのがコツです。フェースを真上に向ければ、そのまま振るだけで勝手にバンスから落ちてきます。ボールを出すことが優先ですから、フェースの向きなど細かいことは無視してOK。

クラブを握ってからフェースを小手先で開くと、打つときに戻ってしまうので、開いてからグリップしましょう。

《フェースは真上を向くくらいが◎!》

【GOOD】
フェースを開くと自ずとフェースの向きは右方向へ。これでOK!向きより開きを優先しよう。(左図)

【NG】
フェースの向きばかり気にすると、十分にフェースが開けない。これでは刃がささってしまう。(右図)

《グリップは右手1本から始めること》

アドレス時はまず片手でクラブを持ってフェースを開き、その状態を作ったうえでグリップし直すことが大事。こうすれば普通に振るだけでフェースの開きを保てる。

ザックリばかりで、バンカーショットがなかなか出せません。

【解説】上井邦裕(三好CC)

ハンドファーストは絶対NG!手は後ろにセット!

バンカーショットで、芝の上からのアプローチのように上から球を直接打とうとしてハンドファーストに構える人がいますが、これは絶対にNG!手前の砂に突き刺さって「大ザックリ」です(笑)。

手は球の後ろ、右足寄りにセットするのがバンカーショットの掟。手前の砂ごと払い打てるので、スムーズに振り抜けて一発脱出できるはずです。

《手が右足寄りにあれば手前から払い打てる》

手前の砂ごと払い打つのがバンカー成功の秘訣。手を右足寄りに置くのがポイント。

アゴが高いときの対処法は?

スタンスを広げ、腰を下げて低い体勢で構えて!

▲低い姿勢を保って頭を後ろに残して振り抜けば、緩やかな軌道で球を確実に上げられる。

球を高く上げたいときは足幅を広げて腰を落として構えるのがポイント。低い体勢にすることでクラブの入射角を緩やかにして球を上げやすくするためです。

低いぶんクラブを短く握ったら、ヒザの角度と頭の位置を保って振り抜けばOK。上体が突っ込むとクラブが上から入りやすくなるので注意しましょう。

▼鋭角に入ると球を上げにくい!

姿勢が高いとクラブが上から入りやすく球が上がりにくいため、高いアゴはクリアできない。

GOLF TODAY本誌 No.552 68〜69ページより

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

必要な道具はお揃いですか?

お手軽レンタル!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事