1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. パッティング

パッティング記事一覧

ロングパット対策|距離が長いパッティングはカップインのイメージを持ちながら寄せる

カップから距離の離れた位置からのミドル〜ロングパット。「最初から“寄せる”ことだけしか考えていないと、ライン読みも距離感も中途半端になってしまう」と真板はいう。ロングパットで大事なことは、ラインをし...

2019/03/02

パターの肩の動かし方(縦・横)による2つのストロークと各打ち方の特徴・メリット

パターの上達には、ストロークのメカニズムを正しく理解することが必要です。パターのストロークは、肩の動かし方によって大きく2つあり、それぞれ特徴・メリットが異なります。どちらが良い・悪いということでは...

2019/02/14

3パットを撲滅するパターの距離感の作り方

アマチュアゴルファーの大半は、ロングパットになると途端に距離感が合わなくなりショートしたりオーバーしてしまう。この原因はどこにあるのか。真板流のパターの距離感の作り方を参考にしながら3パットの撲滅を...

2019/01/21

パター巧者の打ち方・構え方を参考に自分のスタイルを見つけよう!

「パットに型なし」といわれるように、パターはどのような構え方でも打ち方でも、カップインするのなら問題ない。大事なのはパターの打ち方・構え方におちて自分のスタイルを見つけることだ。

2019/01/04

パターの打ち方は『フェース面の向きは意識しない』でシンプルに。

奥が深くて悩み出すとキリがないパッティング。フェース面の向きは意識しないでシンプルに打つ、というのが真板流のパターの打ち方。今回はそのための秘策を伝授する。

2019/01/03

パターの打ち方は“フェースの芯でボールの芯を打つ”が一番大事

「得意クラブはパター。全盛期は3パットのミスをした記憶がほとんどない」という真板潔。知る人ぞ知るパターの名手が、今まで語ってこなかった奥技をすべて明かしてくれた。悩めるゴルファー必読のパッティング上...

2019/01/02

パターの打ち方のコツをプロゴルファー9名が解説!総パット数を激減しスコアアップを目指す!

200ヤードも2メートルも同じ一打、惜しいミスパットで後悔しないために、ストロークを安定させるためのヒントから右への押し出しや左へのヒッカケを解消するコツまで。パターの打ち方のコツを9名のプロゴルファー...

2018/12/14

3パットしないパッティングのコツとプレイ・タイプ別パター45機種のご紹介

パーオンはもちろん、ボギーオンならなおのこと3パットは避けたいもの。そこで3パットしないパッティングのコツとパターの選び方を紹介する。

2018/10/30