1. TOP メニュー
  2. ゴルフ知恵袋

ゴルフ知恵袋記事一覧

ふるさと納税でゴルフ関連返礼品をもらおう!|第2回 ゴルフ場編

「ふるさと納税」にゴルフ関連の返礼品があることをご存知ですか? ゴルフグッズのほか、ゴルフ場の利用券など、ゴルフ好きに嬉しい返礼品が揃っているので、早速チェックしてみてください!

2019/10/18

ゴルフルールを深読み|バンカーでも枯れ葉や小石を拾えるようになったが…

2019年より改正されたゴルフ新ルールでは、バンカーでも枯れ葉や小石を拾えるようになった。秋のコンペシーズンに入るとバンカー内でも枯れ葉が増えてくるだろう。これが取り除けるということで、新たなミスが増...

2019/10/12

ふるさと納税でゴルフ関連返礼品をもらおう!|第1回 ゴルフグッズ編

「ふるさと納税」にゴルフ関連の返礼品があることをご存知ですか? ゴルフグッズのほか、ゴルフ場の利用券など、ゴルフ好きに嬉しい返礼品が揃っているので、早速チェックしてみてください!

2019/10/11

ゴルフルールを深読み|地面にくい込んだ球は救済を受けられるが…

2019年より改正されたゴルフ新ルールでは、地面にくい込んだ球は救済を受けられるようになったが、救済を認められないケースもある。地面にくい込んだ球の救済ポイントをしっかり押さえておこう。

2019/10/11

ゴルフルールを深読み|損傷したクラブは修理して使えるようになったが…

2019年より改正されたゴルフ新ルールでは、損傷したクラブは修理して使えるようになった。ただし、ラウンド中の損傷でダフリや木の枝に当たってシャフトが折れた場合など、ホーゼル可変機構(いわゆるカチャカチ...

2019/10/10

ゴルフルールを深読み|傷ついた球を立ち会いなしで交換できるようになったが…

2019年より改正されたゴルフ新ルールでは、傷ついた球を立ち会いなしで交換できるようになった。だからと言って、自由に球を取り替えできる訳ではないので、交換時のポイントをしっかり押さえておこう。

2019/07/02

ゴルフルールを深読み|距離計測機器を競技でも使えるようになったが…

2019年より改正されたゴルフ新ルールでは、距離計測機器を競技でも使えるようになった。正確な距離を把握して安心感を持てショットに臨めることは、精神衛生上でも好ましいが、計測方法によっては違反行為に当た...

2019/06/30

ゴルフルールを深読み|スタンス確認、キャディもクラブも使えなくなったが…

2019年より改正されたゴルフ新ルールでは、スタンス確認でキャディもクラブも使えなくなった。新規則施行から2カ月もたたないうちに、プロトーナメントでもトラブルの報告が続いている。 トラブルのないプレ...

2019/06/28

ゴルフルールを深読み|バンカーでも小石や枯れ葉を取り除けるようになったが…

2019年より改正されたゴルフ新ルールでは、バンカーでも小石や枯れ葉を取り除けるようになった。ただ、むやみに取り除いたらペナルティーを科される事にもなりかねないので、注意が必要だ。 今回はその点を踏...

2019/06/27

ゴルフルールを深読み|旗竿(ピン)を立てたままパッティングできるようになったが…

2019年より改正されたゴルフ新ルールでは、旗竿(ピン)を立てたままパッティングができるようになった。これによりプレーの進行がスムーズになるが、一方でプレーの公平性や安全性、また旗竿(ピン)を立てたま...

2019/02/26

ゴルフルールを深読み|ドロップのボールを落とす位置が膝の高さになった理由・目的は?

2019年のゴルフ新ルールへの改正にともなって、ドロップのボールを落とす位置が肩の高さから膝の高さへと変わった。このドロップルールの変更にはどのような理由・目的があるのだろう?

2019/02/08

2019年 ゴルフ新ルールへ大改正!OB・ドロップ・パットなど変更点まとめ

2016年にゴルフがオリンピック競技に復帰後、以前から問題視されていたルールの複雑さと、プレー時間の長さに対する改善の気運が高まり、2020年の東京オリンピックに間に合うよう、2019年にルールの大改正に踏み...

2019/01/24

ゴルフ救済ルール|ティマークのラインをはみ出たティショットは打ち直し?

少しでもホールに近づきたい、他のプレーヤーよりも飛ばしたい、という気持ちのせいだろうか、ティマークを結んだラインより前方にはみ出してティアップしてしまう、いわゆる“出ベソ”のミスを犯してしまうゴルフ...

2019/01/13

ゴルフ救済ルール|アンプレヤブルのボールが元の位置に戻ったら?

ラウンド中、救済を受けられる状況ではないが、上手くプレーできそうにない場面に遭遇することがある。たとえば、木の根にボールがくっついて止まっているようなとき。打てるかもしれないが、間違って木の根を叩...

2019/01/12

ゴルフの救済ルール|素振り用の重いクラブをキャディバッグに入れたら?

コースで使える唯一の練習器具は、ゴムチューブなどストレッチ用のもの。それも“スイングの際に使用するようにデザインされていない”ものに限られている。その他の練習器具は、キャディバッグに入れるなどして持...

2018/12/05

ヘッドが大きいドライバー=ミスが減るドライバーとは限らない!|編集部員あいりのゴルフ用語

一般的に、ヘッドが大きいドライバーの方がミスに強いと言われます。これはヘッドが大きいドライバーほど慣性モーメントの数値が高まるため、芯を外してもヘッドがブレにくいためです。しかし、ヘッドが大きいド...

2018/11/21

ゴルフクラブの番手の数字はどうやって決めているの?|編集部員あいりのゴルフ用語

ゴルフクラブは番手と呼ばれる数字によって種類が分けられています。ゴルファーの方なら、一度は「番手の数字はどうやって決められているんだろう?」と疑問に思ったことはないでしょうか? ゴルフクラブの番手...

2018/11/09

ウェッジのソール形状の選び方のポイント|編集部員あいりのゴルフ用語

各ゴルフクラブメーカーから、ゴルファーの細かなニーズに合わせて様々なソール形状のウェッジがリリースされています。だからこそ、ウェッジのソール形状を選ぶ際に、どれが一番自分に合っているのか悩んでしま...

2018/11/06

パターのグリップを交換するとき、重さや太さ、形状はどんな基準で選べばいいの?|新人あいりのゴルフ用語

パターのグリップを交換する際、どんな基準で重さや太さ、形状を選んでいますか?パターのグリップは、形状や太さが操作性に影響し、重さがストロークテンポに影響します。そこにヘッドとの相性などが関わってく...

2018/11/03

ゴルフの救済ルール|アドレス後にゴルフボールが動いたら「そのまま打つ」「元に戻す」どっちが正解?

ゴルフのプレーは「あるがまま」が大原則。だが、プレー中には様々な問題が起こる。OBや池ポチャで球をなくしたままではプレーが続かない。 障害物にくっついたり、地面に食い込んだりしたボールもそのままでは打...

2018/11/02