1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. 中井学のゴルフレッスン「走らせて飛ばす!クラブヘッド走らせドリル」|ドリル3

中井学のゴルフレッスン「走らせて飛ばす!クラブヘッド走らせドリル」|ドリル3

《全3回》ドリル3

2019/03/07 ゴルフサプリ 編集部

ヘッドが走らないアマチュアゴルファーは、「手の力を使いすぎる=ハンドスライダー」と「手首がフリップする=フリッパー」の2つに分類されると、中井学は言う。

ヘッドが走らない原因を解説するとともに、中井学流のタイプ別ドリルを紹介する。

ヘッドが走らない2大原因 『フリップ』と『ハンドスライド』を解決!!

●ドリル1ヘッド走らせ・ベース作りドリル
●ドリル2フリップ解決ドリル
●ドリル3ハンドスライド解決ドリル

ヘッドが走らない原因2「ハンドスライド」

手で打とうとするから「ハンドスライド」になる

ヘッドが手元を追い越さない = ヘッドが走らない。

手で打とうとする「ハンドスライド」は、上半身と下半身の捻転差のない「ドアスイング」にもなりやすい。ヘッドは走らず、ボールもつかまらない。

手で当てにいくからスライドさせてボールに届かせようとする

「ハンドスライド」は、手を使ってボールを打とうとすることで起こるスイングエラーです。

順を追って説明すると、手を使ってヘッドをボールに当てようとすると、手首の柔軟性が失われます。すると、肩・腰を回すことで、ボールに届かせようとします。いわゆる、上半身と下半身の捻転差のない「ドアスイング」になります。そして、ボールに対してフェースをスクエアに当てようとすると、手元をスライドさせる動きが発生します。これが「ハンドスライド」の仕組みです。

手と体が同調するというよりも、ほぼ同じタイミングで回転するため、ヘッドが手元を追い越していくことはありません。これでは、ヘッドは走りませんよね。

「ハンドスライド」の解決方法は、いたってシンプルです。いかに手と腕から力を抜いて、体を使って振れるかにかかっています。前述した「ヒザ伸ばしショット」だけでも、改善は可能ですが、ここで紹介するドリルも合わせて行うことで、大幅な改善が見込めるでしょう。

手で当てにいくことで起こる「ハンドスライド」は、いかに脱力して体を使って振れるかがポイントだ。

中井学流「脱力ドリル」

クラブを持たずに腕だけで振りかぶり、トップで止まったら、手と腕から力を抜いて落ちるにまかせます。体は動かしません。だらりと落ちた手が、正面から見て右手は甲側、左手は手のひら側が見える状態なら脱力成功です。

〇:トップから脱力すると、自然とアームローテーションが起きる。ここに体の動きが加わると、ヘッドが走る理想的なダウンスイングとなる。

×: 手に力が入っていると、右手のひら、左手の甲が見えた状態で下りてくる。

中井学流「ハンドスライド解決ドリル」

脱力してヘッドを地面に落としてからボールを打つ

通常のアドレスとバックスイグでトップまでいったら、一度ヘッドをボールの後方に落とします。文字通り、手と腕から力を抜いて脱力する感覚です。そして、そこから改めてバックスイングしてボールを打ちます。脱力感を覚えた状態でボールを打つことが目的です。

ダウンスイングは下に落とすだけ!脱力すれば「スライド」は防げる

【HOW TO 1

いつも通りのバックスイングでトップまでクラブを上げる。

【HOW TO 2

手と腕から脱力して、ヘッドを地面に落とす。

【HOW TO 3

その脱力感を忘れないうちに、改めて振りかぶり、ボールを打つ。

【HOW TO 4

手と腕からは力を抜いて、体を使って振ることを強く意識する。

実際のスイングも「クラブは真下に落とすだけ」というイメージをもってもいい。手と腕が脱力しているほど、ヘッドは走るからだ。ヘッドをボールに向かって動かそうとするほど、ヘッドは走らなくなる。

指導/中井 学(UUUM)

1972年4月14日生まれ。大阪府出身。高校卒業後に渡米し、ゴルフ理論を学ぶ。帰国後の2003年からプロコーチとしての活動を開始。
43歳時にプロテストに合格し、PGAトーナメントプロ資格を取得。
活躍の幅を広げ、ゴルフ業界発展のために活動中。著書多数。

撮影協力/こだまゴルフクラブ

GOLF TODAY本誌 No.561 30〜35ページより

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事