1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. 春の初ラウンドに向けたゴルフ練習方法|第4回 アイアン練習法①

春の初ラウンドに向けたゴルフ練習方法|第4回 アイアン練習法①

《全7回》第4回

2019/04/16 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフのベストシーズン到来!冬の間になまった感覚をとりもどして、春の初ラウンドでも大叩きしないための、とっておきゴルフ練習方法を紹介。ドライバーからアプローチまで“これさえやっときゃなんとかなる!” 簡単&即効ドリルを全7回でお届け!!

●第1回ドライバー練習法1
●第2回ドライバー練習法2
●第3回フェアウェイウッド練習法
●第4回アイアン練習法1
●第5回アイアン練習法2
●第6回アプローチ練習法
●第7回:バンカー練習法

絶好な位置からもダフリがなくなる!アイアン練習法

タオルを置いて打って、クリーンヒットの感覚をつかもう!

どうしてもダフってばかりという人にオススメな、すごくタメになるドリルです。二つ折りにしたタオルを、ボールから離して、飛球線後方に置きます。この時、クラブの軌道をイメージして、少しインサイドに置きます。

どうすればタオルに当たらないようにスイングできるか。それはタオルを見ながら打つことです。ダフリの現象は、体が左へ突っ込んで、クラブが早く下りるのが原因です。それを防ぐために、タオルを見続けて、体の開きを抑えます。

うまく打てるようになると、ヘッドがマットに当たらずに、カツッという高い音でボールだけが打てるようになります。

ポイント1 タオルを見ながらテークバック!

テークバックはタオルを見ながら、ヘッドが置いたタオルの上を通過するように引いていく。

ポイント2 視線はタオルに置いたまま!

ダウンスイングに入っても、視線は右のタオルに置いたまま。左を向かないようにしてクラブを下ろしていく。

ポイント3 インパクトが終わっても視線は上げない!

インパクトが終わっても、視線はタオルに置いておこう。体の開きを抑えられれば、ボールをクリーンに打てる。

《ここに注意》左に体が流れるからダフる!

視線が左にそれてしまうと、体が左に突っ込み、クラブを早く下りてしまいダフリの症状が出る。

体が開くと、ヘッドがタオルに当たってボールが打てない。練習場の人工芝の場合、ダフってもソールが滑ってそこそこいい当たりが出ることもあるが、少しでもダフればタオルに当たるためミスがわかりやすい。

堀尾研仁
1971年4月16日生まれ。岐阜県出身。デビッド・レッドベターに師事してゴルフティーチングの世界に入る。2001年に独立。2002年からツアープロ帯同コーチとして活動を始め、田島創志、高橋竜彦の初優勝や、谷口徹の海外での活躍に貢献する。ツアープロコーチとして活動しながら、アマチュアゴルファーのためのKEN HORIO GOLF ACADEMYを運営している。

取材協力/トーキョージャンボゴルフセンター

GOLT TODAY本誌 No.538 42~55ページより

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

必要な道具はお揃いですか?

お手軽レンタル!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事