1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. ゴルフスイング新常識|下半身リードが正しいと言われる理由とは?

ゴルフスイング新常識|下半身リードが正しいと言われる理由とは?

カリスマコーチ、大本研太郎プロによる新常識レッスン

2019/12/03 ゴルフサプリ 編集部

トップまで上げたら、切り返しで下半身リード。それがこれまで多く言われてきたゴルフスイングのセオリーだ。しかし、「下半身リードのイメージは危険」と、大本研太郎プロは指摘する。大本プロが推奨するのは、カラダがバランスよく連動する「上半身リード」。
それでは、下半身リードが正しいと言われる理由とは?

[目次]
■下半身リードは誤解だった!?『上半身リード』のススメ【ブレイクスルー①|大本研太郎】
リッキー・ファウラーのスイング解析
下半身リードが正しいと言われる理由とは?
アマチュアが陥りがちな〝下半身リード〟の2大ミス
上半身を動かせば、下半身は自然と“連動”する!
上半身を縦に動かすと下半身は横回転する!

下半身リードが正しいと言われる理由とは?

動きの特性上、ゴルフスイングは下半身リードに見えてしまう!から

アドレスでは、上半身と下半身はほぼ平行

トップから切り返しで、上半身と下半身の捻転差は最大に

捻転差のある状態から回転すると、下半身から動いているように見える

プロのスイングを連続写真などでは、切り返しから腰を先行させて、それに上半身が追随しているように見える。しかし、これはトップで上半身と下半身に捻転差が生まれているため、そう見えてしまう現象。実際には、切り返しのスタートは上半身から行われている。

『上半身リード』にすれば、スイングがスムーズになります

前回のファウラーの注目写真をもう一度よく見てください!上半身から動いているのがわかります。

リッキー・ファウラーもトニー・フィナウも『上半身リード』だった!

リッキー・ファウラー
トニー・フィナウ


ゴルフスイング新常識Part3|アマチュアが陥りがちな下半身リードの2大ミス


Part3へ続く(3/5)

大本研太郎
(おおもと・けんたろう)

レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格を所持し、データと理論に基づくレッスンに定評がある。新理論「グラビティメソッド」で、2018年P G Aティーチングアワード最優秀賞。「GPC恵比寿」主宰。1974年生まれ。

協力/木更津ゴルフクラブ

GOLF TODAY本誌 No.570 30~39ページより

【関連】
アイアンを上達!打ち方のコツやスイング練習方法をプロが解説
ゴルフレッスン|ドライバーは“今どき”ダウンスイングで真っすぐ飛ばそう!

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事