1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. コブラ アイアンおすすめ4選|価格・スペック徹底比較

コブラ アイアンおすすめ4選|価格・スペック徹底比較

2020/05/21 ゴルフサプリ 編集部

コブラは古くはグレッグ・ノーマンが愛用したことで人気を博したメーカーです。現在は、リッキー・ファウラー、ブライソン・デシャンボー、レキシー・トンプソンなどの有力選手が看板プロとして活躍しています。先進的なクラブを世に送り出し、他メーカーとは異なる独創性がクラブマニアに評価されています。今回は、コブラから発売されているアイアンとその選び方を紹介します。

コブラ アイアンの特徴とおすすめポイント

コブラのアイアンは現在、新たに発売された『スピードゾーン』が2機種、『KINGフォージドテック』が2機種と、合わせて4機種がラインナップされています。特徴的なのは『ワンレングス』といって、シャフトの長さが同じアイアンセットがあることです。これは契約プロであるブライソン・デシャンボーが愛用するワンレングスアイアンのアイディアを採用したものです。

コブラのアイアンは、テクノロジーを駆使した複合構造に特徴があります。斬新なアイディアで機能性を高め、また『アーコスキャディ』という、自分のラウンドデータを集積し、AIでアドバイスを貰う事ができるデバイスも装備されています。

【関連】アイアンおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

コブラ アイアンの選び方|ワンレングスアイアンを使いたいならコブラで決まり

コブラのアイアンは、カーボンファイバートップラインを採用し、高い打ち出しと速いボール初速を実現する飛び系アイアン『スピードゾーン』と、クラシックな外観に中空構造を採用した中上級者向けアイアン『KING フォージドテック』の2種類があり、それらにそれぞれアイアンセット内の長さが全て同じ『ワンレングス』モデルがラインナップされています。合計で4モデルです。

『ワンレングス』アイアンは、他のメーカーにはほとんどラインナップされていないので、『ワンレングス』が使いたいということであれば、コブラのアイアンを選ぶことになるでしょう。

飛距離性能の高さでアイアンを選ぶ

マッスルバックを思わせる外観でありながら、中空構造を採用した『KING フォージドテック』は、7番アイアンのロフト角が29.5度と、中上級者向けアイアンとしてはかなりロフト角が立っており、飛距離性能が高いモデルです。

しかし、新たに発売された『スピードゾーン』アイアンは、7番アイアンのロフト角が27.5度とさらにストロングになっています。さらに「PWRSHELLフェース・インサート」と呼ばれるフェース材は、トゥとヒールに大きな溝とより深くなったアンダーカットがあり、ボール初速と打ち出しを向上させる効果があります。より飛ばしたいゴルファーは、『スピードゾーン』を選ぶと良いでしょう。

寛容性を重視するか、操作性とシャープな形状を重視するかでアイアンを選ぶ

『スピードゾーン』アイアンは、飛距離性能が高いだけでなく、トップラインへのカーボンファイバーの採用と、トゥとヒール部分に大きな重量を配分することで、低重心と大慣性モーメントを実現しています。ミスヒットへの寛容性が高いのが、『スピードゾーン』の特徴です。

『KING フォージドテック』は、中空構造によって中上級者向けとしては大きな寛容性を実現していますが、比較的コンパクトなヘッドで、アイアンとしての操作性にも優れた点があります。ボールがコントロールできる操作性を重視するなら『KING フォージドテック』を選びます。

通常の長さか、ワンレングスかどうかでアイアンを選ぶ

『ワンレングス』アイアンが、コブラのアイアンの大きな特徴のひとつです。『ワンレングス』とはアイアンの各番手の長さが全て同じであることで、ブライソン・デシャンボーはすべての番手を6番アイアンにそろえているといいますが、市販されているコブラの『ワンレングス』アイアンは、7番アイアンの長さに全て揃えられています。

アイアンの長さを同じにすると、どの番手も同じような感覚で打つことが出来るので、番手を変えても同じスイングで打てるのが最大のメリットです。コブラには『スピードゾーン ワンレングス』と『KING フォージドテック ワンレングス』がラインナップされているので、この2機種から飛距離や形状の好みで選ぶといいでしょう。

コブラ アイアンおすすめモデル【初心者から上級者向けまで】

2020年春時点で販売されているコブラのおすすめアイアンを紹介します。アイアンは現行モデルで4機種あります(※女性用モデル除く)。アベレージゴルファー向けの『スピードゾーン』とそのワンレングス仕様。アスリート向けの『KING フォージドテック』とそのワンレングス仕様の計4機種です。どれもが高機能で、クラブの性能で恩恵を受けたいゴルファーに向いています。

コブラ スピードゾーン アイアン

コブラ スピードゾーン アイアン

コブラの新しいラインナップ『スピードゾーン』は、クラブのスピード性能を最大限に引き出すため、レーシングカーからインスピレーションを受けたアイディアで、パフォーマンスを向上しているのが特徴です。

「カーボンファイバートップライン」によって、超低重心を実現し、ストロングロフトでも高い打ち出し角を実現しています。また、トゥとヒール部に大きな重量を配分し、高慣性モーメントを実現しています。

7番アイアンのロフト角が27.5度とストロング仕様で、ボール初速が速く、大きな飛距離アップが期待できるアイアンです。

クラブ名コブラ スピードゾーン アイアン
長さ(5I)Speeder EVOLUTION for SZ カーボンシャフト:38.75インチ(センサーあり)、38.50インチ(センサーなし)
N.S.PRO ZELOS 8:38.25インチ(センサーあり)、38.00インチ(センサーなし)
番手/ロフト角4I/19度
5I/21度
6I/24度
7I/27.5度
8I/32度
9I/37度
PW/42.5度
GW/48度
SW/54度
ヘッド素材[#4〜7]ボディ:17-4SS鋳造、フェース:17-4SS鍛造、トップライン:カーボンファイバーインサート
[#8〜SW]431SS鋳造
シャフトカーボン:Speeder EVOLUTION for SZ(S、R)
スチール:N.S.PRO ZELOS 8(S、R)
価格●Speeder EVOLUTION for SZ カーボンシャフト
6本セット(#5~9、PW):120,000円+税
単品(#4、GW、SW):20,000円+税

●N.S.PRO ZELOS 8 スチールシャフト
6本セット(#5~9、PW):120,000円+税
単品(#4、GW、SW):20,000円+税

価格詳細 > コブラ スピードゾーン アイアン 公式サイト

コブラ スピードゾーン ワンレングス アイアン

コブラ スピードゾーン ワンレングス アイアン

『スピードゾーン ワンレングス』は、その名の通り、コブラの新しいラインナップ『スピードゾーン』のワンレングス仕様です。アイアン番手の長さを全て7番アイアンに統一することによって、アドレスやスイングでの再現性が高くなり、番手間での一貫性や正確性が高まります。長さは「アーコスキャディ」センサーがない場合、カーボンで37.25インチ、スチールで36.75インチです。

本来は、ライ角を統一し、シャフトも統一することで、同一性が生まれそうですが、『スピードゾーン ワンレングス』は、長い番手ほどライ角がアップライトになり、シャフトは軽量になる独自のフロー設計を採用しています。それによって、ロングアイアンは打ち出し角が高く、ショートアイアンはコントロール性が高まるなど、番手の弾道がより最適化しています。

クラブ名コブラ スピードゾーン ワンレングス アイアン
長さ(5I)Speeder EVOLUTION for SZ カーボンシャフト:37.50インチ(センサーあり)、37.25インチ(センサーなし)
N.S.PRO 850GH:37.00インチ(センサーあり)、36.75インチ(センサーなし)
番手/ロフト角4I/19.5度
5I/22度
6I/24.5度
7I/27.5度
8I/32度
9I/37度
PW/42.5度
GW/48度
SW/54度
ヘッド素材[#4〜7]ボディ:17-4SS鋳造、フェース:17-4SS鍛造、トップライン:カーボンファイバーインサート
[#8〜SW]431SS鋳造
シャフトカーボン:Speeder EVOLUTION for SZ(S、R)
スチール:[#4〜6]N.S.PRO 850GH、[#7〜9]N.S.PRO 950GH 、[#PW〜SW]N.S.PRO 1050GH(S、R)
価格●Speeder EVOLUTION for SZ カーボンシャフト
6本セット(#5~9、PW):120,000円+税
単品(#4、GW、SW):20,000円+税

●N.S.PRO 850GH・950GH・1050GH スチールシャフト
6本セット(#5~9、PW):120,000円+税
単品(#4、GW、SW):20,000円+税

価格詳細 > コブラ スピードゾーン ワンレングス アイアン 公式サイト

コブラ KING フォージドテック アイアン

コブラ KING フォージドテック アイアン

クラシックな外観に中空構造を採用したアイアンが『KING フォージドテック』です。中空構造の中にフォーム材を注入することで、振動を軽減し、中上級者が好む軟らかい打感を生み出しています。形状はシャープでありながら、トゥ側のスクリューによって、重心位置をフェースセンターに配置し、オフセンターヒットでも飛距離ロスを抑えるやさしさを備えています。

7番アイアンのロフト角は29.5度とストロング仕様で、ソールに配置されたタングステンウェイトによる低重心効果によって、高打ち出し角で飛距離を稼ぐことが出来ます。操作性を持ちながら、飛距離や寛容性などの性能を高めた高機能アイアンです。

クラブ名コブラ KING フォージドテック アイアン
長さ(5I)38.25インチ(センサーあり)、38.00インチ(センサーなし)
番手/ロフト角4I/21度
5I/23度
6I/26度
7I/29.5度
8I/34度
9I/39度
PW/44度
GW/49度
ヘッド素材ボディ:431SS鋳造
フェース:ST-118SS鍛造
ソール:タングステンウェイト[#4〜7]
シャフトN.S.PRO MODUS3 TOUR 105(S、R)
価格●N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 スチールシャフト
6本セット(#5〜9、P):132,000円+税
1本(#4、GW):22,000円+税

価格詳細 > コブラ KING フォージドテック アイアン 公式サイト

コブラ KING フォージドテック ワンレングス アイアン

コブラ KING フォージドテック ワンレングス アイアン

『KING フォージドテック ワンレングス』は、その名の通り、コブラの中上級者向けモデル『KING フォージドテック』のワンレングス仕様です。アイアン番手の長さを全て7番アイアンに統一することによって、アドレスやスイングでの再現性が高くなり、番手間での一貫性や正確性が高まります。長さは「アーコスキャディ」センサーがない場合、37インチ(スチールシャフト)です。

『KING フォージドテック ワンレングス』は、一般的なアイアンとは逆に、長い番手ほどライ角がアップライトになる独自のフロー設計を採用しています。さらに、短い番手になるほど重いシャフトを採用し、同じ長さでありながら、各番手の弾道がさらに最適化するように、工夫された仕様になっているのが特徴です。

クラブ名コブラ KING フォージドテック ワンレングス アイアン
長さ(5I)37.25インチ(センサーあり)、37.00インチ(センサーなし)
番手/ロフト角4I/21度
5I/23度
6I/26度
7I/29.5度
8I/34度
9I/39度
PW/44度
GW/49度
ヘッド素材ボディ:431SS鋳造
フェース:ST-118SS鍛造
ソール:タングステンウェイト[#4〜7]
シャフトスチール:[#4〜5]N.S.PRO 850GH、[#6〜8]N.S.PRO 950GH 、[#9〜GW]N.S.PRO 1050GH(S、R)
価格●N.S.PRO 850GH・950GH・1050GH スチールシャフト
6本セット(#5~9、PW):132,000円+税
単品(#4、GW):22,000円+税

価格詳細 > コブラ KING フォージドテック ワンレングス アイアン 公式サイト

コブラ アイアンおすすめモデル価格比較表

アイアン価格
コブラ スピードゾーン アイアン●Speeder EVOLUTION for SZ カーボンシャフト
6本セット(#5~9、PW):120,000円+税
単品(#4、GW、SW):20,000円+税

●N.S.PRO ZELOS 8 スチールシャフト
6本セット(#5~9、PW):120,000円+税
単品(#4、GW、SW):20,000円+税
コブラ スピードゾーン ワンレングス アイアン●Speeder EVOLUTION for SZ カーボンシャフト
6本セット(#5~9、PW):120,000円+税
単品(#4、GW、SW):20,000円+税

●N.S.PRO 850GH・950GH・1050GH スチールシャフト
6本セット(#5~9、PW):120,000円+税
単品(#4、GW、SW):20,000円+税
コブラ KING フォージドテック アイアン●N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 スチールシャフト
6本セット(#5〜9、P):132,000円+税
1本(#4、GW):22,000円+税
コブラ KING フォージドテック ワンレングス アイアン●N.S.PRO 850GH・950GH・1050GH スチールシャフト
6本セット(#5~9、PW):132,000円+税
単品(#4、GW):22,000円+税

独自のアイディアを満載し、ゴルファーを助ける高機能を実現しているのがコブラのアイアン

ここまで2020年最新のコブラアイアンを紹介してきました。

トップラインにカーボンを入れたり、長さが同じアイアン『ワンレングス』をラインナップしたりと、他社にはない独自のアイディアで高機能を実現しているのがコブラのアイアンの特徴です。

かつてグレッグ・ノーマンをはじめとしたプロが愛用していたころも、防弾チョッキに採用されるような当時の最新素材(樹脂系)を採用した『ウルトラミッド』やゲタ履きのFW『バフラー』など多くのアイディアモデルがありましたが、その伝統が今も生きていて、様々なアイディアを積極的に採用しています。

どの番手も同じように打てる『ワンレングス』アイアンも魅力的ですが、ヘッド自体も高機能で、飛距離やミスへの寛容性で大きな恩恵があるモデルです。高機能にこだわった独創的なモデルが、コブラのアイアンの特徴と言えるでしょう。

関連記事