1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. 飛距離365ヤード!高島早百合のドライバースイングの秘密【Vol.2】

飛距離365ヤード!高島早百合のドライバースイングの秘密【Vol.2】

世界を目指すドラコン日本記録保持者!無名の女子プロが365ヤード飛ばせたヒミツ

2020/06/09 ゴルフサプリ 編集部

男性のドラコン選手には筋肉ムキムキの選手や180センチを超える大柄な選手も多い。しかし、女子のドラコン日本記録保持者である高島早百合は身長も173センチで細身の体格。それでも公式記録365ヤードを出したヒミツはどこにあるのか?

Lesson
高島早百合
たかしま・さゆり/1992年9月3日生まれ。高校ゴルフ部の名門・東北高校を経て、2011年のプロテストに合格。主にステップ・アップ・ツアーに出場しているが、18年にドラコン大会に出場すると365ヤードという女子の日本記録を出して優勝。元々、ドラコンで有名な和田正義プロからスイングを教わったこともあり、現役女子プロとしてはトップクラスの飛ばし屋。2020年は世界大会への出場を狙っている。

正しい捻転は「回さない」ことが条件!

腰は回しすぎない!右腰を引くだけでパワーが溜まる

下半身を回さずに、上半身を回す

飛ばそうとするために一生懸命に腰を回そうとする人が多いのですが、腰を回しすぎることが逆に飛距離ダウンになっているかもしれません。

私は腰を回す意識は全くありません。バックスイングでは右のお尻を少し後ろに引いているだけ。感覚としては右のお尻に上半身を乗せて右足体重にしているだけです。腰を回しすぎてしまうと、左腰が前に出て、左ヒザも前に出てしまいます。そうなると、左足に体重が残ってしまうために、体重移動が上手くできません。また、右腰を回す意識が強い人は、体全体が右に動いてしまうために、バックスイングでスエーしてしまう人も多いです。さらに右腰を回すことはダウンスイングでも体が突っ込んで、アウトサイド・イン軌道になってスライスの原因にもなりやすいです。

飛ばすためには最大限に捻転していることが大切なのですが、捻転するには、下半身が回りすぎずに、上半身が回っていることで体にネジレができます。そのためにも、腰を回しすぎないことが大切です。今まで腰を回していた人は、腰を止めるだけでバックスイングしたときに上半身のネジレを感じることができると思います。

右足に体重をかけるというよりも、右の股関節に体重をかける方が、腰の回転を抑えたスイングになって捻転したトップを作りやすい。
右股関節が回りすぎないことでトップでもシャフトがクロスしなくなり、ダウンスイングではインサイド・アウト軌道になってドローボールが打てる。

腰を回しすぎると左ヒザが前に出て左足に体重が残る

左ヒザが極端に前に出てしまう人は左腰を回しすぎている可能性が高い。左腰が回ると、体全体の軸も左サイドに動いてしまう。右足が突っ張ってしまうのもNG。

GOLF TODAY本誌 No.576 116〜117ページより

【関連】
小柄でも飛ばせる!ドライバー飛距離アップの工夫を女子プロゴルファー5人が解説
ゴルフレッスン|ドライバーは“今どき”ダウンスイングで真っすぐ飛ばそう!


飛距離365ヤード!高島早百合のドライバースイングの秘密

 前回(Vol.1)を読む 次回(Vol.3)を読む

【飛距離365ヤード!高島早百合のドライバースイングの秘密】
●Vol.1:シャットに上げて高いトップからタテに振る!
●Vol.2:正しい捻転は「回さない」ことが条件!
●Vol.3:腕や肩よりもまずは胸を90度回す!
●Vol.4:ワイドスタンスにしたときも、ヘッドは体のセンター
●Vol.5:小指で握ると、スナップでヘッドが加速し、ハンドファーストに!
●Vol.6:ダウンスイングでボールに向かって加速するには、手首を斜めじゃなくて、真下に動かす

関連記事