1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. アイアンショットが安定しない原因は“すくい打ち”と“極端なハンドファースト”が原因!

アイアンショットが安定しない原因は“すくい打ち”と“極端なハンドファースト”が原因!

セリザワメソッドを継承|広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます! ミスの原因&練習法がすぐにわかる! VOL.8

2020/12/31 ゴルフサプリ 編集部

芹澤信雄率いる『チームセリザワゴルフアカデミー』の紅一点のティーチングプロ、広瀬祥代。親切でわかりやすいレッスンで、年齢性別を問わず多くのゴルファーに人気。その広瀬がドライバーからパターまでのミスの解決法をレッスン。ミスの原因に応じた対策法が明確になれば悩みを一発解消、ゴルフがどんどんうまくなる。どんな練習をしたらいいかわからないゴルファーも必見だ!

ビュンビュン素振りをやる! これだけで不思議なくらい真っすぐ打てるようになる!!

すくい打ちと極端なハンドファーストがショットの方向を狂わせる2大要因

アイアンショットの方向がなかなか安定しない。そんな悩みを訴えるゴルファーが多くいます。「どんなミスが出るのですか?」とたずねると、「右にも左にも飛ぶんですよ。打ってみないと球がどこに行くかわからなくて……」と大抵の人は言います。方向が安定しない原因は人それぞれで、たまにダフリやトップも出ているのではないかと思いますが、要はインパクトゾーンのクラブヘッドの軌道とフェースの向きの誤差が大きいことに尽きます。

私のレッスン経験からいえば、方向が安定しないという人はボールを上げたい心理からすくい打ちになるタイプと、上から打ち込もうとしてハンドファーストに打ちすぎるタイプの2つがよく見られます。ダウンスイングでコックが早くほどけては、ボールを正確にとらえられません。また手先だけでハンドファーストインパクトを作ろうとしても、手が先に出すぎてフェースが開きやすい。手先の動きでボールをヒットするため、フォロースルーで左ヒジが引けてしまうことにもなります。

ボールを上げようとしてダウンスイングで手首が早くほどけるのはNG。
ハンドファーストに打ちすぎると手元が先に出すぎてフェースが開きやすい。
手先だけのハンドファーストではフォロースルーで左ヒジが引けてしまう。

トップとフィニッシュの間を連続して速く振れば、方向安定のコツがすぐにつかめる

アイアンの方向を安定させる練習法としては「ビュンビュン素振り」がオススメです。トップでは左腕が、フィニッシュでは右腕が地面と平行となる振り幅を目安として、トップとフィニッシュの間を連続でスイングしましょう。練習場のマットで素振りするのであれば、ゴムティを叩きながら振るのも結構です。

ビュンビュン素振りのポイントは体重移動をそんなに使わなくてもいいけれども、スピードをつけて素早く振り続けること。トップの左腕とフィニッシュの右腕は地面と平行のイメージでも、クラブを速く振ればスイングがもう少し大きくなりますが、それが自然ですからOK。フィニッシュから切り返すときもスピードを緩めないでトップへと素早く上げていきます。回数は10往復3セットくらいを目標にするといいでしょう。

トップとフィニッシュの間を連続でスイングしていると、クラブヘッドの軌道が安定してくることを実感できるはず。通常のフルショットと同じスピードで、安定した軌道でビュンビュンと振れば、ダウンスイングでタメをほどいてリリースするタイミングや、インパクトエリアでフェースをナチュラルに返す感覚などがカラダになじんできます。軌道が安定すればフェースの向きもコントロールしやすい。スイングの反復性が高まり、インパクトの打点の正確性もアップする。それが方向の安定につながるんですよ。

スイング中のカラダの動きってゴルファー個々のクセというものがあるけれども、ビュンビュン素振りはよくないクセを改善し、よいクセをさらに伸ばしていく効果があります。この練習で把握した感覚を実際のアイアンショットに生かせば、狙ったターゲットに正確に飛ばせるようになります。ビュンビュン素振りで方向がすごく安定したと喜んでくださったゴルファーも大勢いらっしゃいますから、ぜひ試してみてくださいね。

ビュンビュン素振りではクラブを振りながらゴムティを叩くようにすると効果がアップ。
スイングの大きさはトップで左腕が、フィニッシュでは右腕が水平となるのが目安。
トップとフィニッシュを往復で「ビュンビュン」と音が出るくらいに速いスピードで繰り返しスイング。
手首の自然なリリースのタイミングや、クラブヘッドの加速感がつかめる。
インパクトエリアでフェースターンが自然に行われる。これがフェース面の上手なコントロールにつながる。
フィニッシュ側から切り返すときもトップに向かってスピーディに上げていく。

最後に動画でチェック

ビュンビュン素振りを繰り返すと、スイングのいいイメージがつかめる。この感覚が方向を安定させるコツ。

※動画は音声が流れますので音量にご注意ください。


広瀬祥代
ひろせ・さちよ/茨城県出身。社会人になってゴルフと出会い、魅力と楽しさを知ってインストラクターへの道を目指す。2011年にライセンスを取得し、現在はチームセリザワゴルフアカデミーで幅広くレッスン活動を展開している。セリザワメソッドでレッスンスキルをさらに向上中。

取材・文/三代 崇
写真/相田克己
協力/太平洋クラブ御殿場コース


広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます!ミスの原因&練習法がすぐにわかる!

 第7回(前回)へ 第9回(次回)へ

シリーズ一覧へ

関連記事