1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 金谷拓実がPINGとクラブ使用契約を締結

金谷拓実がPINGとクラブ使用契約を締結

「大のお気に入りはG710アイアンです」

2021/01/12 ゴルフサプリ 編集部

ピンゴルフジャパン株式会社(本社:埼玉県戸田市、代表取締役社長:ジョン・K・ソルハイム)が、1月12日(火)、金谷拓実選手とクラブ用品使用契約を締結したことを発表した。

金谷拓実とPINGとの出会いは、中学時代にまで遡る

スーパー・ルーキーの金谷拓実はどこのメーカーのクラブを使うのか? このことは、ゴルフメディアはもちろんゴルフファンの間でも気になっていた話題のひとつだっただろう。だが、今夜この話題については、ひとつの区切りがついた。

1月12日(火)、ピンゴルフジャパン株式会社(本社:埼玉県戸田市、代表取締役社長:ジョン・K・ソルハイム)が、金谷拓実とクラブ用品使用契約を締結したことを発表。

メディア向けに配信されたリリースにおいて、同社社長のジョン・K・ソルハイムは「ジュニア時代から長年PING のクラブを理解し、使用し続けてくれた金谷選手がプロとしてPINGファミリーの一員になったことを大変嬉しく思います。PINGは彼が世界のステージでベストを尽くせるようクラブサポートに努めます」とコメント。

お気に入りはG710アイアン

契約締結にあたって、金谷拓実はこのようにコメントしている。

「PINGとの出逢いは、中学生の時に地元・広島で開催されていたPINGの試打会でした。それから毎月試打会に参加するようになり、PINGのクラブの魅力に惹かれていきました。そして、PINGフィッターのアドバイスをいただきながら、ドライバー・アイアンを次々に購入し、気がついたらPING ユーザーになっていました。PINGのクラブは、とにかくやさしい。アマチュアゴルファーからツアープロまで一貫して同じモデルが使えるのがPINGの印象でした」

そして、金谷拓実は使用するクラブの中でもG710アイアンの5番が大のお気に入りだという。「ボールが上がり、スピンがきちんと入り、しかも飛ぶ。パー3で使用することが多く、大活躍しています」

そして、2021年は東京オリンピック出場に向けて意欲を燃やしている。
「2021年は東京オリンピックへの出場を目指したいです。そして、国内ツアーを中心にヨーロピアンツアー、PGA ツアーにも挑戦し、ツアー3 勝を目指して頑張ります」

金谷拓実の2021年初戦は、今週ハワイで開催されるPGA ツアー「ソニーオープンin ハワイ」の予定。慣れ親しんだPINGのクラブをひっさげて、活躍することを期待したい。

金谷拓実のクラブセッティング
1W/G410 PLUS(9度)
FW/G410 LST(#3)
ハイブリッド/G410(19度)
アイアン/G710(#5)、i210(#5〜#9、PW)
ウエッジ/GLIDE FORGED(52度/58度/59度)
パター/SIGMA 2 ARNA

最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!
最新アイアンおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

関連記事