1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. 【2021】リコーカップ
  4. 【速報】古江は1番でバーディ、稲見は3番でダブルボギー「2021リコーカップ」最終日

【速報】古江は1番でバーディ、稲見は3番でダブルボギー「2021リコーカップ」最終日

2021/11/28 ゴルフサプリ編集部

【速報】古江は1番でバーディ、稲見は3番でダブルボギー「2021リコーカップ」最終日

女子ツアーの最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ」の最終日。古江と稲見の賞金女王争いのゆくえは?

写真/相田克己

稲見はパットに苦しみ、2ホール連続の3パット

最終日をトップと3打差の単独2位で最終日を迎えた古江は、スタートホールのティショットできっちりフェアウェイをキープ。2打目でもグリーンをとらえると約4メートルのバーディパットを沈めて最高のスタートをきった。

一方、15位タイから最終日をスタートした稲見は1番ホールでバーディを奪うが、3番ホールでは3パットのダブルボギー、さらに4番でもバーディパットからの3パットでボギーとスコアを落としている。5番ホールを終えて稲見は通算1オーバーの18位タイ。稲見は序盤からパッティングに苦しむ展開になっている。

また単独トップで最終日を迎えた三ヶ島かなはスタートホールでグリーン脇にからチップインバーディ。初優勝を狙うには最高のスタートをきり、2位の古江に3打差をキープしている。

関連記事