1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.2

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.2

2019/12/08 ゴルフサプリ 編集部

今季の女子ツアーは全スケジュールを終え、賞金シード50人が確定した。うち1998年度生まれの黄金世代が何と11人。これは女子ツアーの歴史の中でも空前の“ケタ違い”の数である。

黄金世代のシード入りが“ケタ違い”!

2019シーズン、大飛躍の渋野日向子

女子ツアーで賞金シードが与えられるのは賞金ランキング上位50人。今年もその50人が決まった。ここでも目を引くのがやはり「黄金世代」の躍進だ。

昨年は実質的にプロ1年目といえる小祝さくら、勝みなみ、新垣比菜、原英莉花、大里桃子の5人だったが、そこに渋野日向子、河本結、高橋彩華、吉本ひかる、淺井咲希が新たに加わった。

さらに、米ツアーを主戦場にしている畑岡奈紗が2年ぶりに賞金ランキング50位以内に入り、総勢11人が賞金シード選手として名を連ねたのである。

3月のアクサレディスで初優勝を飾った河本結

同世代で11人といわれると、誰もが多いのだろうなとは感じると思う。では、どれくらい多いのか。調べてみると、驚くべき数であることが分かった。

これまで、同世代の選手(日本人選手のみ)が最も多く同一年の賞金シードに入ったのは過去4例(2003年の1975年度生まれ、2005年の1976年度生まれ、2012年の1980年度生まれ、2018年の1992年度生まれ)ある6人だった。
今年の黄金世代は従来の最多記録のほぼ2倍にあたる驚異的な人数。文字通り、ケタ違いの大記録なのである。

ともにツアー未勝利ながら、賞金ランク19位と大健闘した高橋彩華(左)と、28位につけた吉本ひかる(右)。


シードに入れなかった選手も含め、今季、黄金世代が国内で稼いだ賞金額は約8億1558万円。これは女子ツアー総賞金額の20%強にあたるすごい額だ。勝利数は12(渋野4勝、勝、畑岡2勝、河本、小祝、淺井1勝)。全39試合の約30%を黄金世代がモノにしたことになる。

賞金女王こそ先輩の鈴木愛に譲ったが、公式戦はワールドレディスチャンピオンシップを渋野が、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯と日本女子オープンを畑岡が制して4戦3勝。渋野と畑岡の海外での活躍も含め、黄金世代が圧倒的な存在感を示した1年だったことは間違いない。

8月のCAT Ladiesでツアー初優勝を飾った淺井咲希

黄金世代の賞金シード選手

名前 賞金額 順位
渋野日向子 1億5261万4314円 2位
河本結 8802万5906円 6位
小祝さくら 8298万2071円 8位
勝みなみ 7644万9928円 10位
原英莉花 7076万9927円 14位
畑岡奈紗 6951万1943円 15位
高橋彩華 5528万9178円 19位
新垣比菜 4389万0010円 27位
吉本ひかる 4359万0211円 28位
淺井咲希 3704万0309円 33位
大里桃子 3074万4342円 38位



文・宮井善一
1965年生まれ。和歌山県出身。スポーツニッポン新聞社でゴルフ記者を8年間務め、2004年にフリーのゴルフライターとして独立。ゴルフ誌などに執筆のほか日本プロゴルフ殿堂オフィシャルライターとして活動している。元世界ゴルフ殿堂選考委員。



「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断

 Part1(前回)へ Part3(次回)へ

【シリーズ一覧】
●Vol.1女子ツアーの世代別優勝者数に異変!?
●Vol.2黄金世代のシード入りが“ケタ違い”!
●Vol.3最終戦、石川遼のプレーオフ勝利は、データどおりの展開!?
●Vol.4鈴木愛が2年ぶり賞金女王に。実は史上最大の逆転劇だった!
●Vol.5プレジデンツカップの米国選抜は、史上最強の布陣だった!
●Vol.6若手有望株! 稲見が女子ツアー史上最高のパーオン率をマーク!
●Vol.7新飛ばし屋・幡地が、ドライビングディスタンス日本人選手最高記録を更新!
●Vol.8オリンピック女子、日本勢3人出場なるか!?
●Vol.9同級生スピースを一歩リード! 2020年の主役はトーマスか!!
●Vol.10直近10年間で一番活躍した選手は?活躍度をデータでランキング!(男子ツアー編)
●Vol.11直近10年間で一番活躍した選手は?活躍度をデータでランキング!(女子ツアー編)
●Vol.12「米デビュー戦トップ10入り」は、初Vの吉兆!?
●Vol.13米国勢が世界ランクトップ10に7人! 同一国最多記録に並ぶ!!
●Vol.14黄金世代VSプラチナ世代、データ対決の軍配は!?
●Vol.1513度目も勝利ならず。またもリビエラに跳ね返されたウッズ
●Vol.16シブコの強さ「高いバウンスバック率」に隠された驚愕のデータ!
●Vol.17新選手会長・時松が挑む、大記録に注目!!
●Vol.1862歳のランガーが挑む、ふたつの大記録とは!?

関連記事