1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.4

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.4

2019/12/22 ゴルフサプリ 編集部

最終戦まで三つ巴の混戦で見応えのあった女子ツアー賞金女王争いは鈴木愛が制した。故障休養を乗り越えてつかんだ2年ぶり2度目の戴冠はデータ的にも見どころ満載の快挙だった。

鈴木愛が2年ぶり賞金女王に。実は史上最大の逆転劇だった!

最後の最後まで息を抜けない状況の中、渋野日向子と申ジエを抑え、鈴木愛が2年ぶり2度目の頂点に立った。シーズン中に左手首を痛めて秋には4試合欠場。一時は女王争いから脱落しかけていながら終盤の3週連続優勝などでの鮮やかすぎる逆転劇だった。

鈴木の今季出場試合数は故障の影響もあって賞金ランキング上位10人中最少の「25」にとどまった。これは全試合数(39)の64.1%でしかない。この数字が今回のキーワードだ。今年の鈴木で賞金女王は第52代になるが、その中で全試合数に対する出場数の割合が最も低い女王なのである。

これまでの記録は1976年の樋口久子で65.0%(20試合中13試合)だった。当時の樋口は米女子ツアーにも参戦しており、日本を留守にすることが多かったための低い数字である。

出場割合が高い例も出しておこう。試合数が少なかった初期はすべての試合に出ることが珍しくなかったので、100%は多数いる。最近では2006年の大山志保や09年の横峯さくら、13年の森田理香子は1試合しか欠場していない。

鈴木に関する別のデータも紹介したい。残り5試合となった時点で鈴木は賞金ランキング4位。当時1位の申との差は 3817万3567円もあった。08年賞金女王の古閑美保も終盤の大逆転で記憶に残るが、残り5試合時点での1位(李知姫)との差は2995万8951円。今回の鈴木はこれを大幅に上回っている。つまり、残り5試合時点からの史上最大の逆転劇だったわけだ。

テレビや新聞が報じていない“隠れた記録”を連発していた鈴木。少ない試合数で非常に中身の濃いプレーをしたといえるだろう。

女子ツアー賞金ランキング上位10人の出場試合数

順位名前出場試合数
1位鈴木愛25
2位渋野日向子31
3位申ジエ27
4位ペソンウ30
5位イミニョン31
6位河本結32
7位穴井詩39
8位小祝さくら39
9位上田桃子29
10位勝みなみ32



文・宮井善一
1965年生まれ。和歌山県出身。スポーツニッポン新聞社でゴルフ記者を8年間務め、2004年にフリーのゴルフライターとして独立。ゴルフ誌などに執筆のほか日本プロゴルフ殿堂オフィシャルライターとして活動している。元世界ゴルフ殿堂選考委員。


●Vol.1女子ツアーの世代別優勝者数に異変!?
●Vol.2黄金世代のシード入りが“ケタ違い”!
●Vol.3最終戦、石川遼のプレーオフ勝利は、データどおりの展開!?
●Vol.4鈴木愛が2年ぶり賞金女王に。実は史上最大の逆転劇だった!

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事