1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 2019LPGA 最終プロテスト結果報告

2019LPGA 最終プロテスト結果報告

苛酷な舞台を突破して新たなスタートを切った21名

2020/01/11 ゴルフサプリ 編集部

合格を喜ぶミレニアム世代の面々。すでにツアーでの実績もあり、黄金世代に迫る次世代の有望株たちだ。

2019年度LPGA最終プロテスト(J F E瀬戸内海ゴルフ倶楽部)が昨年11月5〜8日に終了したわけだが、18位タイまでの21人がL P G A会員として新たなスタート台に立った!

2020年のステップアップツアーやLPGA新人戦に大いなる賑わいをもたらしてくれる彼女たちをあらためて紹介しておこう。

ミレニアム世代の代表選手といえる安田祐香。実力十分なだけに、すぐにでも優勝できそうなプレーヤーといえる。

すでに多くのファンがいるアン・シネだが、寒風が吹いたプロテストではさすがにミニスカートではなく寒さ対策を万全にしてプレー。

上海体育学院在学中のセキ・ユウティン。キュートなルックスもあいまって人気が出そうな選手だ。

トップ合格のイ・ソルラは2019シーズンはTP単年度登録の選手として1000万円以上を稼いでいる実力者。

狭き門を反映⁉合格者の顔ぶれはバラエティ豊か

合格ラインは4日間通算1オーバーで、トップ合格は9アンダーのイ・ソルラ。風が強く厳しいコンディションの中、安定したプレーでQTファイナルステージの出場権を獲得した。

史上最も狭き門といわれたプロテストだったが、それを反映するかのように合格者の顔ぶれはバラエティに富んだ。

まずはイをはじめとする外国籍選手。すでにツアーではお馴染みのセキ・ユウティン、アン・シネからフィリピン国籍の新鋭・笹生優花まで幅広い層の7人が突破。最年長はイとアンでともに今月29歳になる。

ゴルフトゥデイ本誌で紹介したミレニアム世代からは西村優菜、安田祐香、澁澤莉絵留ら6人が合格。2001年生まれの今年高校卒業組からも山下美夢有、西郷真央、笹生優花(在学中)の最年少3選手が食い込んだ。

1998年生まれの黄金世代も相変わらず強力で、山路晶、中西絵里奈、田中瑞希、中国のセキ・ユウティンを含むと4名が晴れてプロに。同年の前後1年に生まれた選手を含めるともっとも多くを数えた。

合格者には2020年度のステップ・アップ・ツアーとLPGA新人戦の出場権が与えられる。

18歳から29歳まで合格者の顔ぶれ

伸びしろだらけのフレッシャー! |今年高校卒業組

 18位T(+1) 西郷真央
2001年10月8日生まれ。千葉県出身。158㎝。
「2 番で3メートルのパーパットが入りました。昨日まで入らなかった距離だったので、それ以降のホールで自信を持ってプレーできました。上手い選手よりも強い選手になりたい。不動裕理さんのような選手です。目標は永久シード」

 6位T(-4) 山下美夢有
2001年8月2日生まれ。大阪府出身。150㎝。
「最終日、緊張していましたが、しっかり集中して、自分のプレーができたので良かったです。今日はショットがつかないところでもパットでカバーできました。今後の目標は賞金女王になることなので、日々そこを目指して頑張っていきたい。学校のみんながプロテストへ行く前に応援してくれていたので、いい報告できるのはすごくうれしい」

次代を牽引する期待の星!|ミレニアム世代

  2位T(-8) 西村優菜
2000年8月4日生まれ。大阪府出身。150㎝。
「3日間変わらず、緊張感を保ったままプレーできました。安心して疲れがドッときました。3~4メートルのパットが決められ、思ったラインに打てたのが良かった。まずは日本で勝ちたい。海外志向が強いので、将来はアメリカ挑戦も」

  12位T(-2) 吉田優利
2000年4月17日生まれ。千葉県出身。157㎝。
「17番で4メートルのバーディパットを外して、18番でバーディパットを打つときに、やるしかないという気持ちになった。残り4~5ホールから緊張しはじめました。こういう緊張感は、日本女子アマとは違う。将来はアメリカでプレーできたらいいな。勝てる、強い選手になりたいです」

  6位T(-4) 澁澤莉絵留
2000年12月24日生まれ。群馬県出身。160㎝。
「前半、1オーバーでターンしました。カップが難しいところに切ってあったので12番のボギーで2オーバーになって。焦りました。いつもトップ10入りできるような安定したプレーをしたい。追う立場から追われる立場になれるような選手になりたいです」

  18位T(+1) 石井理緒
2000年7月12日生まれ。新潟県出身。165㎝。

  4位T(-5) 安田祐香
2000年12月24日生まれ。兵庫県出身。163㎝。

黄金世代前後のプレーヤー|ツアーの核を形成する実力派!

  8位T(-3) 石川怜奈
1999年11月23日生まれ。広島県出身。168㎝。
「本当に泣きそうです。ホッとしました。もう二度と受けたくない。全然パッティングが入らなかった。前半、バーディが1個しか取れなくて、後半は耐えてのゴルフ。本当に苦しかったです。プロゴルファーになるのは夢でした」

  2位T(-8) 山路 晶
1998年9月10日生まれ。宮城県出身。165㎝。
「3回目の受験なので絶対に合格したかった。とても楽しくて、みなさんがいうような緊張感はなかったです。QTへは行きたくないので、残りの試合で全力を尽くします」

  8位T(-3) 中西絵里奈
1998年5月11日生まれ。鹿児島県出身。162㎝。

  12位T(-2) 常文 恵
1999年5月7日生まれ。富山県出身。170㎝。

  15位T(-1) 河野杏奈
1999年11月7日生まれ。東京都出身。162㎝。

  17位(0) 田中瑞希
1998年10月24日生まれ。熊本県出身。151㎝。

  18位T(+1) 宮田成華
1997年11月7日生まれ。東京都出身。165㎝。

インターナショナルプレーヤー(※外国人選手)|18歳から29歳まで合格者の顔ぶれ

  8位T(-3) セキ ユウティン(中国)
1998年3月5日生まれ。171㎝。
「今回で3回目のプロテストでしたし、合格できてとてもうれしいです。グリーンが硬かったので、フェアウェイキープが大事でした。きょうは風が強くて、ピンポジションも難しかったので緊張しましたが、ずっと集中してプレーできました。将来はフォン・シャンシャン選手のように世界で活躍できる選手になりたい」

  18位T(+1) 笹生優花(フィリピン)
2001年5月20日生まれ。166㎝。

  8位T(-3) プリンセス スペラル(フィリピン)
1997年1月16日生まれ。153㎝。

  1位(-9) イ ソルラ(韓国)
1990年12月25日生まれ。159㎝。
「緊張感を維持しながらプレーしました。1位合格者はQTファイナルステージに行けると聞いたので頑張りました。前週から準備していたので1位で合格できて感激です。日本のツアーは練習環境、雰囲気、競技の運営が素晴らしい」

  15位T(-1) アン シネ(韓国)
1990年12月28日生まれ。165㎝。
「前半終了して、私だけアンダーパーだったが、後半もっと伸ばさないといけないと思ってました。昨日は悲しくて車の中で泣いてしまった。怒りもあり、いろんな気持ちがこみ上げました。2度とプロテストを受けなくて済むので、試合を楽しみたいです」

  12位T(-2) ハン スンジ(韓国)
1993年12月25日生まれ。160㎝。

  4位T (-5) 劉 依一(中国)
2000年12月25日生まれ。162㎝。

取材/富士通レディース2019 協力/東急セブンハンドレッドクラブ

GOLF TODAY本誌 No.571 73〜75ページより

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事