1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. ドライバーのイメージが強い石川遼、実はパットの名手でもある!

ドライバーのイメージが強い石川遼、実はパットの名手でもある!

日・米ツアーの“最旬”プレーヤーは? 今月のポイントゲッターを探せ!

2020/02/17 ゴルフサプリ 編集部

2019年は最終戦『日本シリーズ』を制して年間3勝をマークした石川遼。昨シーズンはドライバーの飛距離アップも話題になったが、最終戦最終日はパッティングが冴えて18ホール中10ホールで1パット。そんな石川遼の平均パット数を調べると、強さの秘密がわかった。

石川遼、デビュー当時から平均パット数の10位圏外は1度だけ!

超高速グリーンと相性が良いのはパット名人の証

確かに石川遼は飛距離が伸びている。2019年の年間平均飛距離では初の300ヤード超えを記録して、部門別順位でも9位。ただし、石川遼の部門別成績を調べると、最も得意な分野はパッティングであることがわかった。

2009年から本格的に日本ツアーにフル参戦するようになると、2009年にはいきなり平均パット数で1位になり、2年目も2位で、3年目には再び1位になった。その後は米国ツアーから帰国した初年度(2018年)は優勝がなく、「本調子ではない」という声があったが、それでも平均パット数は2位だった。そして、2019年はシーズン序盤にはケガによる欠場などがある中で平均パット数は3位。

だからこそ、『日本シリーズ』の舞台である東京よみうりCCとも相性が良いのだろう。この大会の名物は、ツアー屈指の超高速グリーン。過去にはパットの名手である藤田寛之も大会3連覇を飾り、『日本シリーズ男』と言われるほど同大会に強かった。その試合で石川遼は19年に優勝しただけでなく、2018年の同大会でもプレーオフの末に2位タイ。2015年には2位に5打差をつけて圧勝。そもそも28歳でツアー通算17勝を挙げているのは、パッティングが良くないと残せない優勝回数だ。

プロ転向2年目の2009年に18歳の史上最年少で賞金王になったときも、平均パット数は1位。ちなみに11年前の石川遼も最終日は赤いウェアでサングラス姿だった。

最終日を終えてブラッド・ケネディとのプレーオフに突入すると、3ホール目のバーディで石川遼が勝利。最終日の平均パット数1.4615はダントツの1位!

石川遼は10年前からL字型パターがエース!

石川遼のエースパターと言えばL字型。デビュー当時から愛用していた『オデッセイPTiX♯9』や『オデッセイブラックシリーズiX♯9』もL字型で、18年の試合で使った『オデッセイトゥーロン』シリーズでもL字を選んでいた。

賞金王を争った今平周吾と石川遼の部門別データ比較

日本ツアーランキング

1年間で優勝は2回だけだったが、年間を通して一度も予選落ちがなかった今平が抜群の安定感で2年連続の賞金王になった。

11月には史上2人目の3試合連続優勝を飾った鈴木愛が年間7勝をマークして、2年振り2度目の賞金女王になった。

新人として宮里藍以来の年間4勝を飾った渋野。8月の「全英女子オープン」以降も2度の優勝で堂々の成績を残した。

米国ツアーランキング

2020年は「マスターズ」でのグランドスラム達成の期待がかかるマキロイ。シーズン序盤にすでに1勝し賞金1位と好調。

2019年5月に世界ランク1位に立ったケプカは19年は一度も1位をゆずらなかったが、2020年シーズンがはじまるとマキロイが猛追。

米国挑戦3年目の畑岡は、米国ツアーでは年間1勝で賞金ランキング18位でシーズン終了。来年の目標は「年間3勝」と語った。

※日・米ツアーランキングのデータは全て2019年12月21日時点のものです。

GOLF TODAY本誌 No.572 112〜113ページより


今月のポイントゲッターを探せ!

 一覧をみる

【関連】
石川遼のドライバースイングを分析【連続写真つき】
パターの打ち方のコツをプロゴルファー9名が解説!

関連記事